福井県

新型コロナウィルス 緊急事態宣言は4/8日0時から

投稿日:

Pocket

新型コロナウィルスの拡大が止まらない

新型コロナウィルスが世界中で混乱を巻き起こしている。アメリカやイギリスなどヨーロッパでの感染拡大がニュースで流れ、ついに日本でも感染者数が爆発的に増えている。

僕が住む福井県でも感染者数が増えていて、4/6の時点で53人(福井県ホームページはこちら)。人数だけ見るとたいしたことなさそうに見えるけど、もともと人口が全国的に見ても非常に少ない県であり、分母が小さいのでそう見えるだけであって、10万人あたりに換算すると日本一の感染率なのだ。

コロナウィルスが騒がれ始めた当初は感染者がゼロと喜んでいたのはすでに過去の話。いまでは全国ワーストの県になっている。福井で感染者1号となった人の噂をよく聞くし、福井の繁華街である通称片町でのクラスターが致命的だった。

プレジデントONLINE記事はこちら

東京では毎日100人くらいの感染者数が増えていることが日々のニュースで報道されている。季節は4月で桜が咲き乱れ、例年であれば桜を見ながらのお花見のシーズンなのであろうが、今年はそんなことを言っていられない。人命をも脅かす危機敵状態に陥っているのだ。

非常事態宣言発令

この日々増え冷え続ける感染者数から日本政府が非常事態宣言を出すことを決定した。

4/7の19時に発表して、4/8の0時から適用するとのこと。

非常事態宣言を出したからと言ってどうなるのか。が非常に気になるところではあるが、ニュースなどを見る限りだと強制出勤停止や社会インフラの封鎖など、いわゆるロックダウンまでの効力はなさそうた。もし、政府がそういったロックダウンをするとなれば、たちまち日本は沈没するだろう。ロックダウンは流石に無理だろうとは素人でもわかる。

物流や食品スーパーやコンビニなど、生活の基盤となっている部分が動き続けてくれるからこそ生活が保たれている。多少収入が減ったりしても、最低限の社会インフラがあれば命はなんとかなる。非常事態宣言が出たとしても社会的インフラは通常通り利用できるとのことで非常に安心した。

中小企業は出勤停止なんて命令されたらひとたまりもない。国から経済的支援が満足に出ない限りは停められない。そこも強制的に制限されることはなさそうだから一安心。テレワークなどを活用して安全に仕事を進めたい。

非常事態宣言の対象となる地域は1都1府5県

  1. 東京都
  2. 神奈川県
  3. 埼玉県
  4. 千葉県
  5. 大阪府
  6. 兵庫県
  7. 福岡県

日本ワーストの福井県は対象に入らなかった。感染者率は高いものの、人口が少なく日本へのダメージは少ない。という判断なのだろうか。判断基準があきらかにされていないので推測ではあるが、きっとそういうことなのではないかな?

また、愛知県や京都府が対象外なのも気になるが、きっと政府にしか見えない数値上の判断があったのだろう。由々しき事態に陥っている日本ではあるが、ここはなんとしても乗り切りたい。

最終的には自己防衛しかない

結局の所、最終的には自己防衛しかないのだろうと思う。生活習慣も違えば通勤手段も違う。日常的に電車を使うところもあれば車しか使わないところもある。よその地域での対策を単純に真似できないことも多い。

それらを含めて考えたら自己防衛という言葉に行き着くと思う。

  • 人との接触を最低限に抑える
  • 常時マスク着用 ※効果は知らんけど
  • こまめな手洗いとうがい
  • アルコール除菌での徹底
  • 暴飲暴食せず体調を管理する
  • 睡眠不足にならないよう身体をしっかり休める
  • 制限の多さの中にも楽しみを見つける
  • 会話は直接ではなくWEBを使う
  • 有酸素運動でストレス発散

など、細かく上げればきりがないけど、生活の1つ1つをシンプルに質素にするしかないのかなと思う。コロナウィルスが沈静化して制限が解除されたら、思い切り遊べば良い。それまでの貯金をするための我慢だと言い聞かせて、自己防衛をしっかりして乗り切っていこうと思う

-福井県
-

Copyright© 鯖江人の飲兵衛ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.