ダイエット

幻の京都ツーデーウォーク

投稿日:

Pocket

コロナウィルスが猛威を奮っていて、余談を許さない状態になっている。

自分の健康を過信せず、万全の自己防衛で乗り切ろう!!

全国のウォーキングイベント

ウォーキングを初めて約半年。長距離歩くことに慣れてきて、もう少し強い刺激を求めるようになってきた。

ジョギングや山登りも良いのだけど、違った景色を歩いてみたい。そんな欲が湧いてきた。

で、いろいろネットを調べてみると、全国のウォーキングイベントが掲載されているサイトを発見。

一般社団法人日本ウォーキング協会が運営するサイトだ。

https://www.walking.or.jp/tournament/

僕が参加するための必要条件は3つ

  • 福井県から片道2時間以内
  • 見ごたえが十分にありそう
  • 20キロコースがあること

僕の脚力では30キロはまだ無理そうなので、楽しんで余裕をもって歩けそうな20キロコースが最適なのだ。

サイトを見ていて発見したのが京都ツーデーウォーク

福井から片道2時間位で、当日の始発で行けばスタートに間に合う時間帯。

なにより、京都の名所を歩いて回れるとか最高すぎて、瞬間的に参加を決めた!

コースはもちろん20kmコースをワンディで出ようと決めた。

長距離トレーニング開始

京都の20kmを決めてから、10km超えの長距離トレーニングを開始。

1日のトレーニング時間には限りがあって20km行くことは難しいけど、できる限り距離を稼いで10キロ以上は歩くように距離を伸ばしたのだ。せっかくの京都。へバッて景色見れないとか最悪なので、最低限の脚力は蓄えるべく、西山公園や三床山を含めた長距離トレーニングと開始した。

最初はキツかったけど徐々になれてきて、13kmくらいなら普通に行けるようになった。13km行ければ20kmなんて勢いで行ける気はしていたから、とりあえず僕の脚力的にはいい感じになっていた。

が、しかし

コロナウィルスで中止決定

無情にも公式から中止の案内が来てしまった。

もちろん公式は一切悪くなく、新型コロナウィルスという目に見えない敵が原因での中止である。

致し方ない気持ちもありつつ、やはり残念な気持ちは拭いきれない。

僕の計画ではこんな感じだった

  1. 始発の普通電車で京都入り
  2. ワンディ20kmを楽しむ
  3. 終了後京都の街中で立ち飲み&千ベロ
  4. 鯖江に戻る

ウォーキングだけでなく、京都での千ベロも楽しみの1つとして捉えていた。

その楽しみとロマンが新型コロナウィルスによって打ち砕かれたのだ…泣

参加記念品が送られてきた

本来は会場でもらえるはずだった参加記念品を郵送で送っていただいた。

運営の方々による配慮だと思うが、ありがたい。

ここで初めてコースを見たが、どうみても見応えがあるコースにしか見えない。

30kmだと嵐山まで行くみたいだが、それも楽しそう。

楽しさがあればワンデイなら30kmも行けちゃうかもしれないな。。とも思えた。

京都リベンジ

今年は新型コロナウィルスの影響で各地のウォーキングイベントの開催も危ういが、いずれは京都ウォーキングをリベンジしたいと思っている。公式のイベントなのか、送って頂いた地図を見ながらの個人プレイなのかはわからないけど。

人類の生命をも脅かしている新型コロナウィルス(COVID-19)に必ず打ち勝って、日常的に開催できていたイベントたちが再開されることを心の底から願うのである。日常が戻ってこそ平和だと思うし、それがあるから仕事も頑張れるし。

かならず京都ウォーキングはリベンジしたい!!

-ダイエット

Copyright© 鯖江人の飲兵衛ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.