「山登り」カテゴリーアーカイブ

三十三間山と膝のケガ

2020/11/14 (土) 快晴

三十三間山 ソロ登山

紅葉のハイシーズン。天気は超快晴。山しかないっしょ!ってことで。

11/14に福井県若狭町にある三十三間山にソロ登山した。

たまに一緒に登るメンバーに声をかけたけど都合が合わずソロ登山になった。

山名の由来

三十三間山は京都にある三十三間堂というお寺を建築する際の木材として利用されたことが由来とされている

標高は850mほどで、標準コースタイムは往復4時間ほどと初心者向けの山

福井県若狭町と滋賀県高島市との県境に位置していて、比良山地の一部に位置している

実はリベンジ案件

実は2020年6月に一度チャレンジしたけど、悪天候によりピークを踏まずにいた山であり、今回はリベンジ案件

年内にリベンジを果たしたいと思っていたから、念願かなっての登山だったのだ!

体調は良好。天気は最高。紅葉もバッチリ!

紅葉を愛でながらの登山

紅葉ハイシーズンで木々が赤や黄色に色づいて最高にきれいだった

登り

登りはのんびり登るのが僕の歩き方なので、紅葉を愛でながら写真を撮りながらのんびりと高度を稼ぐ

2か所ほど渡渉するところもあるけど、モンベルのツオロミブーツワイド(ゴアテックス付き)なので全然平気!

強気で水を踏んで歩いてもよゆーのよっちゃん(死語)

photo by d.yoshino canon eos kissm

あたり一面が紅葉していて写真撮影で前に進まない(笑)

こういう登山楽しいなーと改めて登山の魅力を感じてしまった テヘっ!

登り中にお会いしたお姉さんもスマホで写真を撮りまくっててなかなか進まない(笑)

抜いたーと思ったら写真撮ってる間に抜かれてーみたいな。デッドヒートが繰り広げられたのだw

醍醐味は尾根の平原

三十三間山の醍醐味は尾根からの平原

ここの景色が本当に圧巻!

photo by d.yoshino canon eos kiss m

ただでさえ紅葉に魅せられて進まないのに、さらに絶景が視界に入ってきて足が止まる 笑

標高850mほどでこの絶景はたまりませぬ。

とりあえずピークだけ踏んじゃって、下りで写真を撮ったりお昼を撮ることに。

とは思ったものの、全然すすまないんだけど (笑

結局尾根に出てからピークまでに30分以上かかったんじゃないかなww

photo by d.yoshino canon eos kiss m

ようやくピークを踏んで(笑)平原でご飯。ご飯はカレーメシとおにぎり。超絶うまい!!

コーヒー飲みながらタイムラプスも撮ったけど、視点が低すぎてボツ動画いき。

これだけ広大なのだから、視点を高く撮るべきだったーと反省

photo by d.yoshino canon eos kiss m

すすきが黄金色に輝いていて本当にきれいだった。

見とれて時間を忘れちゃうくらい。

1時間半ほど平原で遊んでから下山開始

下り

下りも紅葉を愛でながらのんびり下ったのだけど、この日はなぜか調子が良くてノンストップで下山完了!

このノンストップが良くなかったのだが。。。

結局往復4時間30分(休憩含まず)で下山完了!

紅葉きれいだったし、リベンジ果たせたし言う工と無しの登山だった

ひざ痛の悪夢襲来

下山後帰宅してシャワーだけ浴びて夕食時間くらいからかな。

左ひざが猛烈に痛み出した。

 

原因はおそらくノンストップでの下山…orz

普段は下山中も1~2回は休憩をいれるのにノンストップだったから膝に負担がかかりすぎたのだ(><)

推測だけど。

 

筋肉痛の一部かなーとあまり深く考えずにいたのだけど、両太ももの筋肉痛が癒えたあとも膝の痛みが引かない(T_T)

病院に行きロキソニンテープと痛み止めを処方してもらったのだが、それでもなかなか引かない。

ザムストサポーターで保護

山用サポーターでググったところ、何人かの人がお勧めしていたザムストサポーター。

いままで膝のケガなんてしたことなくて最適がわからないから、とりあえずおススメのものを購入してみた。

サポート強度はソフト

サポート強度としてソフト・ミドル・ハードとあるようだが、レビューを見ていると多くの人がソフトタイプだったので、僕もソフトタイプをチョイス。

この記事を書いている時点で、着用して4日ほど経つが、しっかりホールドされている感がありつつ、付け心地もよい。

とはいえ痛みが引くわけではないから、ミドルでも良かったかも。という気もしている。

ザムストサポーターのリンク張っときますから、膝用のサポーターを探している方は参考にしてみてください。

 

登山用サポーターとしておススメされていたサポーターで現在着用中です。装着前より膝の負担がかなり小さくなりました。

 

 

霧ヶ峰高原(車山)への日帰り弾丸一人旅

8/14(金)快晴

霧ヶ峰高原への日帰り弾丸一人旅

大好きな登山youtuberのJINさんの動画を見ていて霧ヶ峰高原に行きなくなってしまったのです。

一応動画貼っておきますね。

JINさんの動画は、映像が本当にきれいで、この方の動画に影響されて僕もカメラを持つようになりました。

JINさんほど上手くは撮れないんですけどね。

福井からだと片道約4時間。往復8時間

朝5時起床で行くことを決めました。

5時頃 起床

最近目覚ましもなく早起きなので、5時おきは全然苦になりませんでした。

今日の登山は車山肩から片道30分くらいだし、ザックに撮影器具メインで詰め込み。

朝食は車の中で取ることにして、歯磨きして洗顔して着替えて、5:30 出発。

給油してコンビニでコーヒーとパンを購入して、鯖江IC出発(6:00)

経路は、北陸道から名神高速に入り中央自動車道を使うルートです。

上越周りでも行けるんだけど、愛知周りの方が圧倒的に近いのです。

コロナウィルスで自粛ムードの影響でしょう。高速道路は順調そのもの。

とくに混雑もなくスムーズでした。

10時頃 霧ヶ峰高原到着

途中、2~3回小休止をして、10時過ぎに霧ヶ峰高原到着。

超がつくほどの快晴。絶景が期待できます!!

車山肩に向かう途中で見えてきたのが一面の草原。

これだけで感動物の絶景!!

そこで目にしたものは、

富士山!

これを見に来たんですよ。このために早起きして長距離走ってきたんです。

本当にすごい景色。見とれてしまいます。

11時頃 車山肩到着

車山肩の駐車場について、まずは腹ごしらえ。

コロナウィルス対策で、食堂内はマスク着用が義務付けられています。

涼しいのでマスクを着用していても辛くなかったですね。

カツカレー(1200円)を食し準備万端。

車山に向けて登山開始です。

今回の装備

天気の心配はなかったので、撮影メインの軽装備でした。

  • mont-bell kitora pack(35L)
  • mont-bell ウィックロンTシャツ
  • workman タイツ
  • merrell モアブ2
  • canon eos 7d
  • canon eos kiss m

帽子と両腕の日除けは自宅に忘れました 笑

11時30分 登山開始

ここでYamapで活動開始!

車山・白樺湖方面です。

写真スポット多すぎてなかなか進みませんw

この緑。やばくないですか?見とれて歩速があがりません。

絶景を愛でつつゆっくりと歩きます。

道は広く傾斜はゆるいので疲れることはないですね。

ただゴロゴロとした岩が多いので少し歩きにくいですが。

大したことはありません。

こんなお花をみたあとは

どどーんと富士山!

写真ばっかり撮っていて本当に進まないのです 笑

それくらいキレイ。すごい景色。

車山肩の山荘が見えます。この景色もやばいですね。

山頂が見えてきました。

12時15分頃 山頂到着

車山の山頂に到着しました。非常にゆるい登りなので疲れはゼロ。

ここでYamapを30分の一時休止に設定しますが、遊びすぎて1時間以上いましたw

白樺湖もバッチリ見えました。

見惚れる絶景とはまさにこのこと。

2台のカメラを駆使して撮りまくります。

正直2台の使い分けが決まっていなかったので、テストも兼ねてます。

車山肩から歩かなくても、リフトで登ることもできます。

登山用の靴じゃなくてもスニーカーでも全然だいじょうぶ!

また富士山。何枚も撮っちゃうw

槍ヶ岳も見えました!

タイムラプスも撮影しました。いやー楽しい!

車山肩までは周回するコースもあるんですが、帰りの運転もあるからピストンにしました。

遊ぶ時間短くしたら周回できたかも?w

13時30分頃 下山開始

たくさん遊んで下山開始。15時過ぎには帰路につきたかったので、休憩時間も加味して早めに下山

こんな道を歩きます。本当に気持ち良い。日差しは暑いけどw

ところどころにこんなケルン?もあったり

オレンジ色のお花

また見つけた

あと少し

14時頃 下山完了

下山後バイオトイレですっきりして小休止。信州りんごサイダーというのを飲んでみました。

風が心地よくずっといれそうな感じ。帰りたくなかったー(><)

15時 帰路につく

まだまだいたかったし帰りたくないくらいだったけど、泣く泣く帰路に付きました。

また絶対来たいと思いました。今度は1泊してもう少しゆっくりと来たいな。

諏訪湖SAで休憩。諏訪湖もキレイです。

諏訪湖SAで野沢菜そば。野沢菜うまいよねー!大好き

20時頃 帰宅

帰りの高速道路も順調そのもの。早起きした割に眠気もなく。

20時頃には帰宅完了しました。

往復で690kmの一人旅でした

一人旅が病みつきに

カメラ持って一人旅が本当に楽しくてやめられない。

どんどんいろんなところに行きたい欲が湧いています。

山登って山頂からの絶景を取るのも良し。

見晴らしの良い展望台から撮影するの良し

もともとアウトドアは大好きなんだけど、さらに拍車がかかった感じです。

 

ご拝読ありがとうございました。

鬼ヶ岳 533m @越前市

2020/6/27(土) 曇り

鬼ヶ岳 初挑戦

越前市の大虫地区にある鬼ヶ岳は、通称トレーニング山と言われており、急登が名物なのです。

山登りをはじめてから知人たちに何度も「行かなあかん」と言われていたのだけど、急登と聞いてかんたんに「わかりました!!」と言えず、避けて通ってきたのです。

が、しかし、今後さらにいろんな山に挑戦するためにも行っておくべき!と思い立ち、挑戦することにしてみたのです。

登山メンバー

今回は僕含めて2人での登山です。

  • オレ
  • 同僚Mくん

登山口到着 8:56

朝9時前にカントリーエレベーターに到着したのだけど、駐車場が満車!人気の高さがよくわかります。かろうじて1台分だけ空いていて、ギリギリで駐車できました。

登山開始 9:02

予備知識として急登というのはわかっているので、気合を入れて出発。

標準コースタイムは60分

今回は初挑戦でルートの内容が予備知識としてないので、コースタイムは無視して進むことにしました。

序盤でバテないように、スローペースで登り始め、最初しばらくは、木の根っこがむき出しになっていて多少歩きづらい感はあったけど、傾斜がほぼなく普通に歩ける。

と思っていた矢先、第1の急登が目の前に!!

ボコボコの急登が立ちはだかったのだけど、1つ1つ丁寧に登っていきます。

段差があり膝をあげるので息があがる(><)

途中で首からぶら下げているデジイチが邪魔になりザックにしまいました。

カメラホルスター必要!!ここから山頂までは写真が少ないです。

大鬼展望台 9:51

脚力自慢の後輩もキツそうで、休憩多めで登ることにしたのです。

大鬼展望台のベンチで5分ほど小休止。

ここから先の急登が見えているので、良い景色を見て鋭気を養います 笑

白鬼まで急登があるとの案内表示。ここまででも十分急登だったんだが…汗

しかし、ここまで来たからには引き返すわけにも行きません。

再び意を決して登っていきます。1つ1つ慎重に。

急登の登り方わかってきた

急登を登り続けているうちに、徐々に登り方がわかってきて立ち止まることが減ったのです。

たしかに、キツイ。息もあがるし疲れるけど、足を止めずに登り続けられる感じ。

このコツを得れたのは大きかった。

最後の急登もキツかったけど、得たコツを使いつつ登り続けて無事登頂!!

この登り方なら、もっと止まらずに登れたかも。

山頂到着 10:35

休憩多めで登ってきたので、結構時間かかっちゃいました。

デビュー戦だし、こんなもんでしょう ^^

大虫神社にお参りして休憩タイム。

バームクーヘンと缶コーヒーでホット一息♪

あいにくの曇り空で眺望はいまいちだったけど、登りきったことで満足感は十分!

展望台にものぼってみました。

見晴らし良かったけど、高所恐怖症なので少し怖かった 笑

下山開始 11:27

山頂を満喫してたし十分に休憩したので下山開始

下りは周回コースをチョイスしました。が、しかし!

周回コースは眺望がないダラダラとした樹林帯をひたすら歩く。

1人分しか道幅がなく、結構急斜面の場所もありました。

一番きつかったのが登り返し

いったんガッツリ下ってからガッツリ登り返しがあって、それが地味に堪えました。

そんな登り返しにも耐えて、慎重に下っていきます。

カントリー南側駐車場の看板が見えてきて、あと一息!って感じが出てきました。

と思いきや、ここからの下りが非常に嫌な感じ。

段差が結構あって滑りやすい。

下りが強い後輩くんもズルズルと滑っておりました。

僕は下りが苦手だしポールを使って慎重に下ります。

下山完了 12:46

無事に下山完了です。1回尻もち着きましたw

何回か小休止したから、けっこう時間かかっちゃいました。

この下りは非常に苦手でした。あまり歩きたくない道。

まだ何台か登っておられるようです。

反省会

鬼ヶ岳登山での良かったこと、改善すべき点をまとめておきます。

良かった点

  • 怪我せず無事下山できた
  • 急登の登り方を少し覚えた
  • 鬼ヶ岳を攻略できた
  • 天気が崩れなかった

改善すべき点

  • 持久力不足
  • 脚力不足
  • メンタル弱め
  • 時間かかりすぎ
  • デジイチが邪魔

次回はもっとスムーズに登れるよう日々鍛錬が必要ですな。

日々のジョギング+ウォーキングとか文殊山登山で鍛えます!

お疲れさまでした!!

 

 

 

 

文殊山 二上コース

2020/6/7(日) 快晴

文殊山 365m

会社の同僚たちと4人で文殊山に行きました。

メンバー構成

  • おれ:登山レベル3
  • 同僚A:登山レベル1(趣味:チャリ
  • 同僚B:登山レベル1(趣味:散歩
  • 同僚C:登山デビュー(登山願望あり

僕以外の2人はつい最近文殊山(大正寺コース)の筆おろしは終わってます。

比較的なだらかな大村コースにしようかと思ったのだけど、駐車場のわかりやすさで二上コースを選択しました。

広いしわかりやすいですからね。

二上コース駐車場 7:30

7:30に駐車場に到着した時点で満車!

さすが人気の山です。

軽く準備を進めながら同僚たちを待ちます。

10分ほど待ったところで赤いFitが到着。

全員揃ったところで出発!

今回は膝の違和感をかかえてたのでポールを使って超のんびり作戦です。

登りで写真を撮らなかったので、タイムスタンプ時間が不明です。

二上コース登山口

これは帰りに撮影しました。

4人仲良くのんびりと登っていきます。

同僚A~Cはダラダラと続く登りに息切れ半端ない感じでした。

僕はポール使ってノンビリ作戦なので、そこまでキツくもなく。

マイペースで登っていきます。

時折お花が咲いていて心を癒やしてくれます。

二上コースからの眺望

二上コースを歩いていると見れる眺望。

眺望が嫌いという人は少ないはず。

毎回通るたびに反射的に撮影してしまいます 笑

小文殊通過

小文殊で5分ほど小休止。

今日はなんだか全然足の調子が出ません。

いつもなら開始5分程でエンジンかかってペースがあがるのに。

一向にペースが上がる気配がありません。

膝痛は全然気にならないんだけど、足全体が重いというか。

VAAMで栄養補給して体に刺激を与えてみました。

タイツを新調したからかな??原因不明です。

ここ最近の山登りでは、ぶっちぎりの大不調でした。

大文殊到着

展望台で1枚撮影だけして大文殊に向けて出発

5分ほど歩いて到着です。

白山がバッチリ見えました!!

コーヒータイム

お湯を沸かしてコーヒータイムです。

取っ手付きの鍋を好日山荘で購入しました。

アルコールバーナーはいまいち使い勝手が良くなくて。

いまの燃料を使い切ったらガスに変えようと思います。

【使いにくいポイント①】

アルコールの追加が非常に不便です。

可燃性アルコールで着火しやすいので、日が燃えている間に追加するのが非常に危険です。

【使いにくいポイント②】

五徳の幅が広すぎて、小型鍋だと直火になります。

鍋の取っ手部分まで火が届くので、非常に熱くなります。

【使いにくいポイント③】

アルコールバーナーに入れた燃料は必ず使い切らないといけません

必要な分だけという調整が不可能に近い。

残したまま下山すると、こぼれてアルコール塗れになりますww

ふくろうに出会えたよ

文殊山の隠れた名物「ふくろうさん」に出会えました

癒やされるよね!

1時間ほどたっぷり休憩して、奥の院に行かず下山します。

下山開始

ところどころお花を撮影しながらノンビリと下りていきます

足取り軽く歩く同僚たちを隠し撮り 笑

ヤマツツジ?

名前は知りません

緑が濃くて気持ち良い

緑と青のコントラスト。このビューが好きなんです

リスがいたよ

道中にリスの置物が。こんなのあるなんて全然しらなかった!

最初パッとみたとき、ピ●チュウかと思ったのは内緒ww

ピンぼけしてるけど(><)2体ありました

下山完了

11時過ぎに下山完了。

のんびり登って、のんびり休憩して、のんびり下山したので、特に疲労もなく

いい汗かいたーって感じでした。

このあと、お風呂入りに行ってご飯です。

お風呂とご飯の時間のために、1時間休憩したのでしたww

登山は楽しまないとね♪

【訃報】初代ザックお亡くなり

ウォーキングの延長で始めた山登りですが、始める前に買った500円のザックが壊れました。

半年くらい使ったかな?500円で半年なら良いほうなのかもしれません。

今後登山はずっと続ける趣味にしたいし、ちゃんとしたザックを買おうと思います!

購入報告は後日。

南越前町 ホノケ山に挑戦

2020/5/30 (土) 快晴

ホノケ山 737m

どんどん登山意欲がわいてきていて、快晴ときたら登山しか選択肢がありません。

今回挑戦したのは、福井県南越前町にあるホノケ山

いろんな方のブログを読んだところ初心者向けのように見えたので決めました。

奥野々 第2登山口

ウィキペディアを見ると登山口は3つあるそうです。

奥野々 第2登山口から登ることにしました。

鯖江の自宅を出て国道8号線を南下。国道365号線に入り敦賀方面に走らせると南条付近でホノケ山に向かう交差点に差し掛かります。案内看板に導かれるように進み、ホノケ山登山口の看板から林道にはいります。

この林道の終点に駐車場があり、そこに車を停めて登山開始です。

この林道が車幅が狭く、対向車が来ないかヒヤヒヤものでした 汗

途中道幅が広くなっている場所があり、対向車とのすれ違いは出来るけど、下からも上からも車が来ているかどうか見えないので非常に緊張しますw

駐車場は5~6台駐車可能です。

登山開始 8:33

駐車場でもろもろ準備して登山開始。今回はトレッキングポールを使用して4本足作戦です。

実は先日登った文殊山から右膝に少しだけ違和感を感じてまして。

負担を減らしたいのと、歩き方を工夫したいのとあってポールを使用しました。

★今回の歩き方のポイント★

  • 登りは小股で
  • 序盤はペースを落として
  • 膝から踵に負荷がかかるように
  • 息が切れないようにペース調整

三十三間山に登ったときに受けた指摘で、僕は歩くのが早いそうです。

序盤からウォーキングのような歩き方をするので息が上がるのが早い。

結果的にバテるのも早い。

また、全力で膝で登るので膝が疲れやすいとの指摘も。

このあたりを改善するために4つの改善点を定めたのです。

ミツバチの巣 8:44

最初のポイント、ミツバチの巣

みつばちの巣はありませんでした。

ホントに巣があったら怖くて通れないよねww

瓜生野方面分岐 8:54

登山開始から20分で瓜生野方面への分岐に到着

ここまでは特に息も上がらず膝への負担も感じず良いペースで来ています。

そよ風を感じながら新緑の樹林帯を気持ちよくテクテクと歩いていきます。

切り通し 9:03

切り通し看板からは、U字になった道を登っていきます。

数百年にわたり人馬が通ることによって出来た道だそうです。

自然と歴史の賜物ですね。

巨大な気が倒木している箇所もあったけど、難なく通過。

樹林帯が涼しくて非常に歩きやすい

佐々布光林坊墓跡 9:31

ここまで特に急登もなく順調そのもの。足の疲労もなくほぼ休憩無しで来ています。

水を一口飲むために止まる程度で、休憩らしい休憩はとっていません。

ここをすぎると、残り1000mの看板が出てきます。

林道休憩所 9:35

山頂へ向かう道の手前に、林道と合流して休憩所があります。

ここからの眺めが最高で、特に疲れていなくても休憩したくなりますww

眺めを楽しみながら写真を撮り、たばこを1~2本を吸って小休止。

気温があがってきて多少暑さはあったものの、足や心配は全然余裕の状態でした。

休憩所出発 9:43

いろんな方のブログを拝見すると、誰しもがここからの急登を書かれています。

少し気を引き締めて、塩レモンタブレットを口に含んで出発。

残り300mからが少しだけ急登でした。

何度か立ち止まったりしたものの、なんとかクリア。

まだまだ脚力足りないなー。。

急登を登りきったところで栄養補給して山頂に向かいます。

300mからの急登を登りきったあとはたいしたことありません。

山頂到着 10:18

無事に山頂到着です!やった!超嬉しい!!

山頂からの眺めが最高で、白山もばっちり拝めました!

反対側には日本海?

眺めを楽しみながら菓子パンと珈琲で30分ほど休憩。

山頂には先客・後続者含めて5人ほどでした。

十分に休憩したし、最高の眺めに別れを告げて下山開始

フカフカの登山道が楽しい

枯れ葉の絨毯の上を歩いている感覚で非常に歩きやすい。

サクサクと音も出るので非常に楽しい道です。

日陰たっぷりの切り通しを歩いて下山します。

登山口到着 12:21

下りも林道の休憩所で無駄に休憩しましたがww

無事に下山完了。

いままでの登山で一番楽しい山登りになりました。

眺めという栄養剤は最強だと思いました 笑

霧雨の三十三間山に挑戦 at 若狭町

若狭町にある三十三間山

5/17(日) 曇り

山登りに魅了され、登山用の靴も購入したので、山に行きたくてしかたないのです 笑

購入した靴は実はハイキング用で、厳密には登山用ではない。

が、せっかく購入したのでどこまで歩けるか試したいのもある。

GORE-TEX付きで防水だし、そこそこグリップもあるから、岩登りさえしなければ行けるんじゃないかとは思っている。

実践あるのみだから、どんどん登るしか無いのです!!

ステップアップとして登る山を選定

ウォーキングに飽きてきた僕を山登りに誘ってくれた知人から山登りのお誘いがあった。

ステップアップになる山に登らない?

ちょうど福井県は新型コロナウィルスの緊急事態宣言が緩和された時期で県内なら移動可能になったので、課された2つの条件

  • 300~400の里山は却下
  • ある程度登り応えが必要

それで選んだ山が「三十三間山」。(wikipedia)

山登りレビューブログを見ていて行きたいと思っていた山。

福井県三方郡若狭町にある標高842mある山で僕にとっては最高標高の山。。

僕のこれまでの最高は越知山の621mなので200mくらい高いことになるが挑戦することにした。

メンバーは、知人A(女性)/知人の友達B(女性)/僕と、思いがけずハーレム状態w

しかしこの女性2人は白山を日帰りするほどの脚力の持ち主なので、大先輩なのです。

鯖江を7時出発

鯖江を7時に出発して知人をピックアップし国道8号線→国道365号線を通って嶺南に向かう。

道中、敦賀で知人のお友達をピックアップして3人で三十三間山に向かう

天気予想が外れて雲が全くとれてこない。僕はレインウェアを持ってきていないw

レインウェアを購入するために、敦賀のワークマンに緊急ピットイン 笑

コンビニ寄ったりトイレ対策したりで登山口についたのは9:30くらいだったw

登山開始

靴を履いたり準備して登山開始は10時頃。

デジイチで写真を撮っていたんだけどレンズ不良とCFエラーでタイムスタンプとなる写真が消えました 泣

今回の写真はすべてiPhone8で撮影しています。

マイナスイオンたっぷりの林道

登山口からしばらくは沢にそって林道歩きなのだけどマイナスイオンたっぷりで超気持ちよくて。


曇り空のおかげで気温が低く歩きやすい。3人仲良く歩いていきます(ここまでは)

風神の滝

三十三間山には有名なスポットが何箇所かあります。

最初に出てくるのが風神の滝

iPhoneでタイムラプスでも撮影しようかとおもったけど三脚ないしやめましたw

最後の水場

第2のスポットは最後の水場

風神の滝から少し登ったところにあります。

暑ければここで水でも汲むのだろうけど、たくさん持ってきてたし暑くないのでスルー

湿度が高い登山

雨上がりのせいだと思うけど、非常に湿度が高かった。

三十三間山は基本的に樹林帯を登っていくのだけど、外界は真っ白で視界なし w

天気が良くて先が見えれば、まだ活力もわきますが、先が見えづらいのは疲労感がマシます。

ベテランの女性2人に置いていかれながら、マイペースを維持しつつ登っていきます。

シンドいけど足が止まるほどではなかったです。

夫婦松

夫婦松も有名スポットだけど、全然夫婦っぽくないw

山頂まで1.5km。

けっこうな急登続きで足が疲れ始めてたけど、こまめに短い小休止を取りながら登っていく。

ご褒美の眺望が期待できないので、テンションはあがりません。

これも修行だと心に言い聞かせながら登ってました w

樹林帯抜けて開けても真っ白

 

樹林帯をぬけて、本来なら三方五湖などが一望できるはずの景色が真っ白 笑

想像はしていたけど、かなり残念ww

このままピーク行っても、、という気分になり、山頂を踏まずにご飯だけ食べて下山することにした

 

カップラーメンとおにぎり2つを食べて下山開始。

山の上で食べるカップラーメンって、なんでこんなに美味しいのか??

過去最高の旨さでした!

雨よけして下山開始

小雨がパラツイてきたので、レインウェアを身にまといザックにも雨よけを施して下山開始

ザックの雨よけに使ったのは、オードブルについてくる水玉ビニール

これが意外にも有能で。ちゃんとザックを雨から防いでくれたのです。

ただ解くときが非常に面倒。という弱点はありますww

14時に下山完了しました。

良かった点

  • 小雨だけど雨を経験できた
  • 無事に下山できた
  • 複数人で登る楽しさを知った
  • 初の(県内だけど)遠征登山を体験
  • 800m近い山に登れた
  • 下山後も足は元気だった
  • ワークマンのコンプレッションタイツが有能だった
  • ワークマンの速乾Tシャツが有能だった

悪かった点・反省点

  • 忘れ物多すぎ(タオル、帽子、レインウェア、行動食w)
  • 着替え用に持っていったTシャツを来て登っちゃった
  • 下りがヘタレ
  • デジイチがレンズ不良で使い物にならず

購入した登山グッズ

  • ポール(2nd street)
  • レインウェア(ワークマン)

今後登ってみたい山(一部)

  • 鬼ヶ岳
  • 日野山
  • ホノケ山
  • 野坂岳
  • 赤兎山
  • 荒島岳
  • 富士写ヶ岳

越知山(おちさん) で修行登山

5/2 快晴 越知山(おちさん)

GWが始まったけど自粛ムード全開でどこにも出かけられない。山登りも人気の山は人との密集を避ける必要があり、時間差にしたり人気の山を避けたりと工夫が必要。

朝6時に目が開いたので山に行くことに。三床山か武衛山か越知山かで迷って、初挑戦の越知山に行くことにしたのです。ヤマップやいろんな方の山レポを見ると、片道2時間半のロングコース。これまで片道1時間以内の里山しか経験していないので、自分の限界を知るべく、トライすることにしたのです。無理はしたくないので途中撤退アリも覚悟して、行けるだけ行く方針で。

結論から言うと、かなりバテバテで自分の体力不足・筋力不足・メンタル不足を痛感しましたね。良い経験になりました。

越知山とは

越知山は福井市と越前町の境にある山で、泰澄大師が開山したとされる信仰の山です。泰澄大師が開山したとされている越前五山の一つです。登山ルートは4種類あります。

小川コース

越知山の修行僧が修行のために登るルートとして使われた道で、片道2時間30分はかかるロングコース。まさに修行w

木の実谷コース

出発点は小川ルートとほぼ同じだけど、上級者向けコースです。自信が無い人はやめましょう。

花立峠コース

展望台があり、白山が見えたり眺望が楽しめるコース。

尼ケ谷コース

山頂の手前まで車でいける、超楽々コース。山頂手前の駐車場までの道路が細いので注意。

朝食とトイレ対策

朝食とトイレ対策でコンビニに立ち寄ったのだけど、コロナ対策でコンビニのトイレが使用禁止(T_T)いろんな方の山レポでもよく書かれていますが、山に行く前のトイレ対策は非常に重要なのです。いつも登っている山ならなんとか我慢もありえるけど、今回は初挑戦の越知山だし、片道2時間30分以上は歩き続けるしトイレ対策は必須なのです。僕の場合、タバコが便意促進剤の役目を果たしていて、朝食を食べてからタバコを吸うと、たいてい数分後に便意を催します。(便利な身体w

朝食だけコンビニで調達して食べた後、タバコを吸ったから、いつもどおり便意を催したわけだけど、ファミマ・ローソン・セブンイレブンのどこに行っても使用禁止..非常にまずい…トイレが無かったら緊急帰宅もアリ得たのだけど、道の駅のトイレが使えたので事なきを得ました。トイレ大事!

朝食も済ませ、便意も解消して準備万端。越知山登山口へ向かいます。

越知山登山口 小川ルート

登山口の目印である「奥糸生多目的集会施設」は、Yahooカーナビでは出てこなかったので、住所「丹生郡越前町上糸生11-3」で検索して向かいました。海水浴に行くときは別の道を通るし、山登りをしないと通らない道です。

1~5合目

午前7時前(6:58)に登山口に到着して登山開始。今回から虫除けを持参してます。

登り始め早々からキレイな白いお花が出迎えてくれます。まだまだ体力的に余裕です。

一合目に到着。朝が早いためか誰もいません。先客の車は1台だけでした。

比較的なだらかな登山道で淡々と登っていきます。気温も高くなく快適。

2合目手前で林道に合流。分岐を迫られます。

はしごを登るルートと林道を歩くルート。予習済みなので当然林道へw

首からデジイチをぶら下げてるし、余計な体力使いたくないし。無謀な挑戦は無用です。

2合目に到着。このあたりから汗が吹き出してきました。汗を拭きながら少しずつ登っていきます。まだまだ先が長いので、焦らずノンビリぼちぼちと。淡々と登ればまだ大丈夫な範囲。

3合目に到着。ここから徐々にふくらはぎと心肺が辛くなってきた。細かく小休止をはさみつつ登っていきます。

4合目到着(7:42)。出来る限り一定のペースで歩くことを心がけながら、ボチボチと登っていきます。ここから急登部分が足に堪え始めます。ここまで約40分。シンドイのはあったけど、まずまずのペースを維持できていたので、少し自信を持つ。先に進みます。

5合目到着(7:51)。3合目くらいのときは「まだまだある。。(><)」という心境だったけど、5合目まで来たら「半分コレた!」という気持ちに変わり、体力的にはキツイけど、気分的には兆しが見えて前向きになった。

木の実谷コース合流点。ここから虫が一気に増えました。小休憩兼ねて持参した虫除けスプレーを足と腕に噴射。見事なまでに虫が近寄ってこなくなり効果覿面。虫除けスプレーすごい!

合流点から先に唯一のロープ場があり急登が出てきます!

初のベンチ(8:09)。メチャクチャ疲れてたので、5~10分の小休止。

この小屋を左に50mくらい行くと独鈷水です。独鈷水への道は細くて少しだけ急です。

 

正規ルートに復帰して登山再開。ここまでで約1時間。

6合目~山頂

ハァハァゼェゼェ言いながら登っていきますが、かなり小休止が増えました。足が重く呼吸もシンドい。僕の体力的には、まだ片道1時間分しかないことがわかりました (笑)

正直このあたりから途中撤退も頭によぎったんだけど、急登を過ぎてから訪れる平坦な道が『逃げたらダメだよ』と天使の声に聞こえて、ローペースでありながらもボチボチと登っていきます。

七合目手前にある鉄塔。基本迷いにくい道なんだけど、唯一ここが迷いました。

鉄塔を回り込むように右折していくと登山道に復帰します。

7合目到着(8:39)。正直この時点でバテバテ。暑さはたいしたことなかったんだけど、長くて。ローペースなんだけど、一応1時間40分くらいで来れてることに驚くw少しテンションが上って元気が出ました。

8合目到着(8:45)。7~8合目は比較的余裕だったような。気のせいかな?

8合目を越えてから待っている急登が一番きつかったです。止まりまくり (笑)

心肺よりも足がキツかったですね。一気に登りきったほうが良いのはわかるんだけど、止まっちゃう。

トボトボと登り続けて9合目到着(9:04)。ここまで来たらあと少し。

気分的にも晴れて足取りも軽やかに進みます。

この階段を登りきったら、ほぼゴールです。

 

越知神社到着。ゴールが見えた瞬間、疲れが消えたように感じるのなんでだろ?w

奥の院。越知山の山頂到着(9:14)。2時間14分でした。

登山口のコースタイムは2時間30分だったので、いちおう標準タイム内で登ったことになる。

これは大きな自信になりました!!!

なお、越知山の山頂はau圏外です。

越知山の山頂からの眺望はイマイチ。木に囲まれてるのでパノラマ眺望は望めません

念願の山の上でコーヒー

念願だった山の上でのコーヒーが出来たのです。

アルコールバーナーでお湯を沸かしてファミマコーヒー完成!!

ダブルメインがメチャクチャ美味しく感じました ^^

いやー。念願達成に感動もひとしおです。

栃の木

樹齢千年以上とも伝えられているという立派な栃の木。

展望できない展望台

展望台の看板があって行ってみたけど、全く展望できませんでした(泣)

この展望台はなんなの?詳しい人教えてー

下山開始

ノンビリ休憩もしたし、午前中には家に着きたいし下りも2時間位かかりそうだから下山開始(9:56)。

行動中に手に持っているお水を満タンのボトルに交換しています。

独鈷水近くの小屋で休憩を取りたかったのだけど、先客がいたのでパス。

座りたかったけど、密集したくないからね。敢えてパスしたのです。

下りは5合目から先がきつかったです。

気温が上昇してきて水の消費が早い。4合目まで下ったところでバテバテでした。

登山道から時折みえる眺望がビタミン剤代わりw元気をもらいながらゆっくりと下ります。

最後の最後に待ち構えている登り返しが超つらい (T_T)

なんとかかんとか、ボチボチトボトボと歩き続けて下山完了(11:35)

下りは1時間30分ほど。無事下山できたことに感謝。

越知山の感想

登り:2時間14分

下り:1時間30分

距離:10km(ヤマップより)

過去最高の山登りになり、良い経験となりました。

良かったこと

  1. 虫除け必須
  2. 登頂して目標達成
  3. 山コーヒー出来た

悪かったこと

  1. 水がギリギリだった
  2. 完全にバテてしまった
  3. 眺望が少なくて残念

装備

文殊山 二上コース

武衛山に登った後の午後、予定外に文殊山にも行った話です。

おかわり登山で文殊山

武衛山を下りてから、買い物をするために武生の8号線沿いにあるみつわに立ち寄り、帰り道の8号線で見えてしまったんです。白山が!青空に映る雄大な白山の姿をみてアドレナリンが分泌され、お昼ごはんを食べてから急遽文殊山に登ったのです。

運転中だったので、その白山の写真はないのですが、山好きならあの姿をみたらテンション上がるはず。

ただ、文殊山は人気なので人の蜜ができやすい。若干時間をずらして登ることにしました。

二上コース 登山口

二上コースをチョイスしました。大村コースに行くつもりで出発したのですが、なにを間違えたのか二上コースに向かっていたのです(笑)大村コースに戻るのは面倒なので、そのまま二上コースになったのです。

初めてのおかわり登山。(おかわり登山とは、1日に2座以上登山すること

正直足取りが重かったですねー。自分が思っている以上に武衛山の疲労が効いてました。結構小休止多めで、ペースはカコイチで遅かったと思います。山頂に行くことだけを目標に、無理のないペースで、のんびりと登っていきます。

小文殊から展望台

普段は素通りする小文殊も、この日は小休止スポット。

首からさげたデジイチでパシャパシャと写真を撮りながら、ボチボチと登っていきます。

タオルを忘れるという致命的な失態を犯したのですが、幸い爽やかな風が吹いていて汗がほとんど出ませんでした。文殊山の二上コースは、北東方面から登るので、夕方になると日当たりが良くないんです。

展望台。ご家族がご飯を食べてらっしゃいました。

人との蜜を避けるために、人とすれ違うときは道いっぱいに広がってすれ違う。を徹底しました。場所によっては細い部分があり、近くなりそうなときは、山の外の方を向いてやり過ごしたり。ご家族など団体さんとすれ違うときも同じ手法でやり過ごしつつ登りました。

大文殊到着

かたくりの遊園地では、かたくりが咲いておりました。

これが見たくて文殊山に来たのです。雄大な白山。

白山の写真を撮るなら三床山の方が良いのだろうけど、我が家から若干遠いので最寄りの文殊山になったのです。奥の院は道が細くて人とのすれ違いでの密接率があがるので、パスしました。

眺めは超最高。思わず長居しちゃいたくなる眺め。眺めは圧倒的に武衛山より文殊山です。

蜜を避けて下山

さすがは文殊山。夕方遅めの時間でも山頂は人が多かったので、写真だけ撮ってさっさと下山です。今の時期、不要な長居は無用です。

青とピンクのコントラスト。写真スキルがほしいw

二上コース分岐点。左に下りていきます。

最後の下りで少しだけ膝が疲れてきたので、ゆっくりゆっくりと下山しました。まだまだ鍛錬不足を肌身で感じました。無理せずボチボチと積極的に登っていきます!!

二上コース駐車場到着。

今回はペース的に登山というより散歩だったような 笑

登山靴レビュー

文殊山にも登山靴を履いていきました。ランニングシューズとの比較をしたかったんだけど、足の疲労があって正確なジャッジは無理でしたw次回足が元気なときに比較検証してみます。

 

武衛山(越前市) 初挑戦

越前市の武衛山に登ってきた話

今年のGWは我慢ウィークと呼ばれるように、完全に自粛モードでの連休になります。毎年恒例行事とも言える帰省ラッシュもまったくなく、JRの乗車率が衝撃の10%とかニュースで言われています。早くコロナウィルスが収束して日常が戻って欲しいですね。

3蜜を避けるためにマイナーな越前市にある武衛山に登ってきました。

万葉の里 味真野苑

駐車場や登山口は、万葉の里 味真野苑にあります。

味真野苑自体が散歩スポットになっているので、駐車場は広く20台以上は駐車可能です。自動販売機や水洗トイレも完備されています。駐車場から入れるゲートがあって、手動で開けて入っていくスタイルです。

散歩道がこの景色ですから、ここを歩くだけでもリフレッシュできそうですよね。ただ人気スポットなのでにはなりやすいです。散歩に利用されるのなら、時間をズラしたり、少し気をつけられたほうが良いかなと思います。

登山道から遊歩道

奥に向かって歩いていくと登山口が出てきます。登山口と行っても、最初しばらくは遊歩道になっているのでお散歩で行くこともできます。スニーカーでも全然余裕で登れます。少しあがったところに休憩所があるので、そこでお昼ごはんとか食べると気持ちよさそうです。

登山道から入ってしばらくは舗装された道になっています。一本道なので間違えることは、ほぼ無いと思います。

武衛山で唯一間違えそうなのが、この休憩所のところ。直進せずに休憩所の方に向かうと登山道へと続きます。舗装された道を直進したらどこに行くのかは、わかりません。

登山道侵入

ところどころに味真野小学校の子供達が書いた標識が設置されていて、背中を押してくれます。全部撮影しようかとも一瞬思ったんだけど、100mごとに設置されていてめんどくさくなったのでやめましたw

あ、今回からデジイチ(Canon EOS7D)を持ち歩くようにしています。

最初の分岐。左側に曲がっていきます。

3の砦跡スポット通過。ここまでは至って平坦な道なので余裕です。

登山道は幅広で非常に歩きやすかったです。日陰が少ないので直射日光があたり暑いというのはあったけど、それ以外は景色もよく歩きやすい道でした。ここまでは (←意味深

若干勾配が急になる部分もあるけど、大したことないレベル。淡々と登っていきます。

山頂手前のロープ場が唯一の難所

基本的になだらかな傾斜を登っていくんだけど、山頂手前にロープ場があり、そこが唯一の難所でした。

傾斜的には、三床山(石生谷コース)のロープ場より甘いんだけど、長いんです。この日から登山靴で登ったんだけど、スニーカーではグリップが無くてキツそうな感じですね。ところどころロープに頼りつつ、慎重に登れば大丈夫ではありますが。

武衛山山頂到着

武衛山山頂に到着です。登山口から42分でした。

途中呼吸を整えたり水分補給したり写真撮ったりで数秒のストップはあったけど、1分以上の休憩は無く登り切れました。脚力は大丈夫だけど、やっぱり心肺機能が俺の課題だなー。

超がつくほどの快晴だったので、眺めは最高!位置的な問題で白山は見えず。

目の前に日野山がドドーンと見えました。近々攻めたいね!!

山頂は広くなく、1人用のベンチが1つだけあるのみ。5人位いたら狭く感じるくらいの広さです。ヤマメシやコーヒーとかを楽しめるスペースはない感じですね。あとはなんと言っても日陰がない(笑)360度から日光が直撃するので、とにかく暑い。長居には向かないですね。

水分補給して呼吸を整えて、さっさと下山します。

下山も歩きやすい登山道

スキップしたくなるくらいの歩きやすさ。木陰がほとんどないので泥濘も皆無で歩きやすいしかなかったです。ロープ場だけ慎重に下ってしまえば、あとはよゆーのよっちゃん(死語)ですw

水分補給をしながら淡々と下りていきます。

ここまで来たらあと一息。ゴールしたも同然です。

登山道デビュー

今回から購入した登山靴デビューしてます。値札を外すのを忘れるという、致命的なミスを犯しておりますww

靴自体がランニングシューズよりは重いので、若干足取りは重くなったものの、歩き心地とか脚へのフィット感は全く問題なしでした。武衛山にランニングシューズで登っていないので、登山靴のありがたみというを肌身で感じることはなかったのですが、なんとなく地面への足の引っかかりが違う(=滑りにくい)ような気はしました。

歩き慣れた文殊山とか三床山に行くと肌身で感じれるのかもしれません。

反省点はサングラスと虫よけ

概ね楽しめた登山だったんだけど反省点もありました。

サングラス

今回日当たり抜群の中を登ったのですが、日光で目がやられて下山後に目が痛かったです。サングラス必須ですな。帰りの運転もあるし、目の保護は非常に重要ですね。

虫除け

あと武衛山はマイナーだからかもしれないけど、虫が非常に多かったです。気温が高かったからかな?気温が高いと自然と半袖にもなるし、虫よけによる防御は必須だなーと思いました。

山登りグッズ購入

にわか登山に魅了されたわけですが、徐々にグッズも欲しくなるわけで、山登りに使うグッズを少し揃えてみました。

知人の話だと登山には三種の神器と呼ばれているものがあるそうです。

  • ザック
  • 雨具

高山を狙うならこの3つはしっかりと揃えないと駄目と言われました。今回揃えたのはその中の2つ。

登山靴 MERRELE (新品)

これまではカンガルースのランニング用スニーカーで登っていたのですが、もっと高い山にも行ってみたいし、靴はあってよいだろう。と思い立ち、若干費用がかさむものではあるけど、新品の登山靴を買うことにしたのです。

スポーツデポ

登山靴を選びに行ったのは、福井にあるスポーツデポ。入り口のアルコール除菌を手に吹きかけ除菌してから入店。ザックコーナーとか気になるものもあったけど、登山靴コーナーに一直線で向かいました。

いろんなメーカーのいろんな種類があるですねー。かなり迷いました。ガチで高額なやつから、プライベートブランドの安っぽいものまで、15種類くらいはあったと思います。

僕がこだわったポイント

  1. 予算 ← これ超大事(笑)
  2. 硬さ
  3. 防水性
  4. 履き心地
  5. 万能性(低山も高山も行けるタイプ)
  6. 足首のホールド感

登山靴なんて初めて買うものだからよくわからなくて、ネットで調べたり知人に聞いたりお店のスタッフさんに聞いたり。普段の買い物は基本的に悩まない即決タイプの僕ですが、買ってサイズが合わなかったとかは最悪なので、慎重に慎重に選び、何足も試着させてもらいました。

僕の足の形状は幅広で甲高タイプ。普段の靴のサイズは27センチなのだけど、27センチでは全くダメ。ネットにも靴を履いてつま先を合わせて、踵が1センチ位は余裕が無いとダメ。とあったので、27.5センチか28センチがベストサイズ。長時間歩くと足が浮腫むことが予想されたので、実際のサイズより大きめをチョイスが必要でした。

キャラバン、ノースフェイス、モンベルなど王道とも言える登山靴もあったんだけど、ちょっと予算オーバー気味。弘法筆を選ばずとも言うから、もう少し値段を抑えて足に合うものを選んだのです。

MERRELE アルバ

MERRELEのアルバという厳密にはトレッキングシューズにしました。値段も手頃で履き心地がよかったのが決め手です。僕の甲高幅広足にもフィットしていていい感じだったのです。

GORE-TEX

GORE-TEX(防水機能)付きです。買ったものよりも軽くて防水性が甘いタイプがあり迷ったんだけど、登山の序盤にずぶ濡れになったら凹むだろうなと思ったので、防水性が高いものをチョイスしました。

ザック (中古)

ザックは中古です。デポにガチのザックもあったんだけど、まだそこまではお金使いたくない気持ちが勝ってしまいました。普段は1000円で買ったものを使っているのだけど、布が薄すぎて荷物を少し多めに入れると背中が痛い(笑)チャックも壊れたしw

1000円ザックもまだ簡易的な収納としては使えるので、文殊山とか三床山程度の山なら使いますが、それ以上の山用として購入したのです。キンファミで800円で買ったので、1000円のヘナチョコザックより安いんだけど、元値が違うんだから比較してはいけない(笑)

キンファミで800円

キングファミリーに山登り用のジャージを見に行ったんだけど一目惚れしませんでした。その代わりこのザックを手に入れたのです。身体の前にベルトが無いので、身体にしっかり密着させたいときは不便かもしれません。

その時はその時で、他の紐やベルトを使って代用したりして工夫しようかなと。工夫が無理だったら買うまでですが。出来る限り低コストで抑えたいのが僕のやり方。

雨具はウォーキング用にワークマンで購入したカッパがあるので、しばらくはそれを使おうかなと。カッパの中が通気性ゼロなのが気になるけど、買ってほとんど使っていないので、出来る限り使っていきたいですね。

五徳アルコールバーナー

山登りの醍醐味は山頂でのヤマメシとかコーヒー(笑)

山頂で楽しむために五徳付きアルコールバーナーを購入してあります。まだ実用はしていないのだけど、いつでも使える状態で準備はしてあるのです。スーパーの激安パンをゲンキーの激安コーヒーで飲むのがロマンの1つなのです。

低コストハイカーを目指す

お金をかければいくらでもいい装備になるのだろうけど。出来るだけ低コストでハイクを楽しむのが僕のポリシー。家にあるもので代用できるものは代用して、ケチケチでハイクを楽しんでいこうと思います。

靴は命を守る最重要アイテムなので新品にしましたが、あとの部分はケチケチ精神で楽しんでいくことにします!!