wpmaster のすべての投稿

XFLAG PARK 2017 (後編)

XFLAG KITCHEN

お腹をすかせた僕は、食料を求めて彷徨うことにしたわけですが、最初に向かったのは会場に設置されている

「XFLAG KITCHEN」

モンストのキャラをモチーフにした食べ物がいくつかあるようで、せっかくなので。という気持ちも込めて向かってみたわけです。

XFLAG KITCHEN

しかし。少し予想はしていたものの、その予想をはるかに超えることが起きたわけです。

はい。出ました。120分待ち!

12時に並び始めて手元に届くのが14時!

はい。ありえません 笑

あっさりと諦めて、会場外にある売店でカレーをいただくことにしました。そのカレー屋のおばちゃんも、

「こんなに混むのは相当珍しい」

と言っていたので、モンスターストライクの勢いのすごさだなーと思ったわけです。

僕は特にそんなに急いで見ているわけではないので、ゆっくりとお昼を食べて、のんびり喫煙をしてから会場に戻ったのです。

1つ苦言を言わせてもらうならば、XFLAG KITCHENの列は縦に1列にすべきですな。1回に並べる量は減るかもしれないが、待ち時間も減るし、買う人からすると負担が小さくなるし。

物販コーナーも覗いて見た

XFLAG PARKの人気コーナーの1つが物販。整理券をもらって、その番号の人が呼ばれたら購入権を得れる仕組み。

僕も例外なく整理券を受け取って、順番を待とうと思ったわけですが、まだまだ時間に余裕がありそうだったので、一旦別会場に行ってから、再度戻ろうと企てたのです。

物販コーナー

会場外に出る時の階段から物販コーナーを見た時の写真がこれ。もう、人だらけw

物販コーナー

行列が大嫌いな僕は一瞬で購入意欲が冷めてしまい、グッズ購入を諦めたのでした。モンスト半端ねぇ!

ネンドロイドのクオリティ高い

物販コーナーの片隅に、ネンドロイド細工が置いてありました。粘土で作られた模型です。

ナイチンゲール
ルシファー
アーサー
ルシファー(神化)
ガブリエル

iPhoneで撮影したので写真がアレですが、かなり精巧に作られていて、クオリティ高い!

ルシファーは堕天の王だけあって存在感が別格。ガブリエルとナイチンゲールは癒し系っすね。完全に。

エキサイティングステージ

だいぶ見るものもなくなってきて、最後の方にまだ未見だった「エキサイティングステージ」に行くことにした。

ここはステージ上でモンストを披露したりする大部隊。僕が会場に到着した時は行列120分待ちとあり得ない状態だったので敬遠していたのだが、夕方にもなるとアッサリと入れたため、一応見ておくことにした。

XFLAG PARK スクリーン

様々なショーが見られるステージで、この日の最後はモンストグランプリの決勝大会。僕はそこまで残るつもりもなかったので、それまでの時間を楽しんでいた。

幸福の王子の気持ち

中でも面白かったのが、ボックスの中で出番なく待ち続けているキャラクターの気持ちを代弁したステージ。

「幸福の王子」という僕も出た瞬間速攻で売却するキャラが、その苦悩を話していた。

利用者「さてガチャ引くか!星5出ろ!」

…(ガチャガチャ、、ゴロン)…

幸福の王子「やっとデレた!これから働くぞー!!」

利用者「ちっ(・д・)チッ

幸福の王子「いつになったら出番が来るのかなー」

利用者「もう1回だけ引いてみよ!」

…(ガチャガチャ、、ゴロン)…

幸福の王子「おっ。ガブリエルもボックスに入ってきた!」

幸福の王子「ガブリエルと同じボックスなんて光栄だな」

利用者「当然ガブリエル使うっしょ!」

幸福の王子「あれ?ガブリエルばっかり使われて、、俺は??」

てな具合で、さみしい思いをしているそうです(笑)

近い将来、星5以下限定クエストで、幸福の王子が輝く日が来るのかもしれませんw

たくさん歩いて疲れたし帰路につく

約6時間ほど会場を見回って、楽しませてもらったし、夜は新橋で別件もあったので、ひと足お先に会場を後にした。

少しホテルで休みたかったのと、荷物を降ろしたかったのと。海浜幕張駅からJR→都営新宿線と乗り継いで宿がある船堀へ。

連泊となるくれたけイン船堀に戻ったのです。

XFLAG PARK は楽しい!

総じて言うと、XFLAG PARKは非常に楽しかった!1人で行っても全然退屈せずに見て回れたし、座るところがたくさんあったので、気楽にのんびり見て回れた。

スタッフさんも親切に対応してくれたし、そのあたりの田舎の遊園地なんかよりも、全然スケールも大きくて楽しめた。

基本的に文句なしなのだが、強いて改善してほしいところを挙げるとするならば、2点あった。

  1. XFLAG KITCHENの列を縦に1列にしてほしい
  2. 有料でも良いから充電コーナーが欲しかった

来年行けるかどうかはまだ明言できないが、もし時間に都合が付けれそうなら是非参加して見たいと思う。

と言うか、もっとミニ版で良いから名古屋あたりでやってくんないかな(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

XFLAG PARK 2017 (前編)

XFLAG PARK 2017に参戦

幕張メッセで開催されたXFLAG PARK 2017に参戦してきました。6月中旬の先行受付に当選してしまったので、これは行かねば!ということで参戦してきました。

XFLAG PARK チケット

参戦にはリストバンド形式のチケットと、チケットを使えるものにするための「アクティベート」が必要でした。

アクティベートは、XFLAGIDとチケットに割り振られたユニークなIDを紐つける行為です。それをすることにより、モンスターストライクのIDとも連携が出来るようになり、来場特典が受けれるようになるのです。

AM10時到着目標で出発

おそらく会場は8時くらいから受付開始だとは思いましたが、開場のタイミングは鬼のように混雑することが予想されたので、あえて遅めに出発することにしました。

はい。混雑や行列が大嫌いです 笑

くれたけイン船堀から都営新宿線で本八幡まで行き、JRで海浜幕張駅まで行きます。途中西船堀で京葉線に乗り換える必要がありますが、間違えて東京方面に行ってしまい予想外のタイムロス(泣)

結局、会場がある海浜幕張駅に到着したのは10時30分くらいでした。電車内の混雑が凄く、ほぼ全員が海浜幕張駅で下車したので、モンスターストライクの人気振りが肌身で感じ取れました。

XFLAG PARK

駅を降りてから幕張メッセまでの間、いたるところに案内看板があり、XFLAGさんの力の入れ具合がわかります。

海浜幕張駅から徒歩15分くらいで、幕張メッセに到着。途中飲み物購入や喫煙などをしたので、15分くらいかかりました。

歩いている道中も非常に暑く、汗がダラダラ出てきます。こまめに水分補給をしないと脱水症状になりそうな暑さでした。

いざ入場!

幕張メッセ前に到着すると、入り口への案内看板があり指示に従って歩いていきます。

入り口ゲートで手荷物検査の後、リストバンド型チケットで認証して入場完了です。入場完了後、入り口までは徒歩3分ほどで到着です。

圧倒的空気感

会場に踏み入れたときに襲い掛かってくる、圧倒的な空気感

こういう類のイベントに来ること自体が初めてなのですが、イベントというよりテーマパークに来ているような、そんな印象でした。

広々として空間に多くの来場者がいて、いたるところでアトラクションが行われている。

ただ、1つのアトラクションスペースがかなり広めに取られていたためか、窮屈感は一切なし。

パブリックビューイングも座席がかなり多く用意されていたので、ぜんぜん余裕で座れました。

おかげで遅れて入場したにもかかわらず、のんびりと見て回ることが出来ました。

イザナミ神化

来場特典でもらえるオラゴンを素材にして、イザナミを神化しました。副友情コンボに毒が増えて、HPが若干増えてます。

もともとステータスは高くて使いやすいうえに、毒拡散弾が備わったおかげでさらに強くなりました。

滴る汗を乾かすために、涼しい会場内でパブリックビューイングを観ていると、気づいたら12時。お腹が空いてきたので、ご飯を求めてさまようことにしました。

XFLAG KITCHEN

XFLAG KITCHEN

とりあえず、会場内にあるXFLAG KITCHENに行ってみることにしました。

そこには驚くべき光景が!

(後編に続く)

船堀くれたけインからの月島もんじゃ

XFLAG STOREを後にして船堀へ

XFLAG STOREを満喫した後、本日の宿がある船堀へ。渋谷駅から半蔵門線に乗り神保町まで行き、都営新宿線に乗り換えて船堀です。片道約30分程度です。

19時30分から月島もんじゃのアポがあったので、若干早めにXFLAG STOREを後にして、ホテルに向かったのです。

普段歩きなれていないのと、大概な暑さのため疲労もあったので、小休止をとる時間も考慮して16時30分にはXFLAG STOREをあとにしたのです。

くれたけイン船堀

くれたけイン船堀は船堀駅から徒歩5分。アクセスの良いところにありました。2泊予定で1泊は7000円程度とリーズナブル。

今回もBooking.comで予約しました。朝食なしの素泊まりプランです。先日ディズニーランドに行った時に活用して以来、お気に入りなんです。



ホテルの隣がラーメン屋というダイエット中の身には刺激的な立地でしたが、コンビニもダイエーもあるし、非常に便利な立地です。

19時半月島到着

チェックイン後しばらく小休止をして汗を乾かし、19時半月島に向けて船堀を出発します。

船堀から月島へは、都営新宿線で森下駅まで行き、都営大江戸線で月島まで出れます。両方とも都営線なので切符は1回のみの購入でいけるので、アクセスが非常に便利です!

モンスターストライクのグループLINEを活用していますが、そのメンバーの中に東京(厳密には神奈川)在住の方がいて、せっかくなので飲もう!ということになったのです。

で、一応中間を狙っての月島だったのですが、僕の方が圧倒的に近かったのは内緒です(笑)

お店は名店の能登

月島の「能登」と言えば、もんじゃの名店です。奇跡的に予約が取れたのです。

梅しそもんじゃ

残念ながら、写真撮影をすっかり忘れていたので、この1枚のみ。しかも何を撮影したかもわからないレベルの写真ですいません(泣)

一応、梅しそもんじゃの写真です。

もんじゃを摘みつつ、お酒を飲んでモンストやって、アッという間の3時間でした。

関連ランキング:もんじゃ焼き | 勝どき駅月島駅築地駅

もう1軒渋谷で遊ぼうかとも思ったけど、次の日は念願の「XFLAG PARK」なので自重しました。

ホテルに着いたのは12時前。ラーメン屋の魔力にも打ち勝ち、缶チューハイだけ1本飲んで次の日に備えたのです。

(XFLAG PARK編に続く)

XFLAG STORE SHIBUYA にいってみた!

XFLAG STORE

モンスターストライクを運営しているXFLAGの直営店、XFLAG STOREが渋谷にオープンしたのです。

渋谷駅から徒歩7分

公式サイトを見ると渋谷駅から徒歩7分のところにあると書いてありますが、土地勘のない僕は案の定迷いまして、30分ほどかかってしまいました 笑

普通に行けば7分程度で着きますね。

ハチ公前を右に行くのがポイントですね。右に行って、最初の交差点を左。あとはそのまま真っ直ぐ行けば着きます。

ただ、表立った看板がないので、注意して見ていないと通り過ぎるかも。デニーズが見えてきたら要注意です!慎重に歩きましょう(笑)

事前予約制とXFLAG IDが必要

基本的には事前予約制だそうです。この日はたまたま混雑していなかったので、飛び入りでも入れました。予約していなくてもとりあえず行ってみれば入れるかもしれません!

また、入店にはXFLAG IDが必要です。モンストとXFLAG IDを連携させていないと入店できないし、入店できたとしても満足には遊べません。必ずXFLAG IDとの連携をお忘れなく!

清潔感と高級感ある雰囲気

店内は清潔感と高級感がありながらも、落ち着いて見て回れる雰囲気があります。

入口がある1階は物販、地下がイベントステージとカフェがあります。カフェも予約制なので満席だとすぐには座れないこともありそうです。

ノストラダムスグッズ

STORE限定クエスト

店に行って初めて知ったのですが、STORE限定クエストに挑戦できます。XFLAG IDのQRコードを地下のバーコードリーダーにかざすと挑戦権を得れます。

至福の女王アスタロト

挑戦できるのは「至福の女王アスタロト」。クエストの中身は通常のアスタロトと同じなので、難易度は高くありません。

1人1日1回まで挑戦可能なので負けられません(笑)結果無事に勝利しまして、ゲットできました!

その場でしかもらえない特別感てありますよね。まさにそれを味わいました。

イベントステージ

地下にあるイベントステージです。新降臨やM4挑戦などで使われそうですね。イベントステージ目の前のソファに座って、アスタロトに挑戦してました。

外が暑いので、エアコンで快適になっている店内が本当に気持ちよかったのです。ついつい眠くなりそうにもなったりw

アスタロトをゲットしたあとは、1階に戻り物販コーナーを物色。

タッチパネルが斬新

色々グッズは展示されてますが、商品を手にとってレジに行くスタイルでは無いのです。展示されているのは、あくまでもディスプレイのみ。実際購入するには、XFLAG IDを使ってタッチパネルで購入します。

ペンダントトップセット

こんな高価なものもありました。とても手が出せる金額ではなかったですwあとはノートだったり手帳だったりTシャツだったり。いろんなグッズが置かれてました。

タッチパッド

これが噂のタッチパッド。右下の黒いところにXFLAG IDのQRコードを表示させたスマホをセットすると、タッチパネルが操作できます。

購入の流れ

購入までの流れはざっくりとこんな感じ。

  1. スマホをセットする
  2. XFLAG IDでログイン(自動でログインされます)
  3. 買いたい商品を選ぶ
  4. カートに入れる
  5. ログアウトする
  6. スマホを外す
  7. レジに持って行く
  8. XFLAG IDのQRコード(スマホ)を読み取る
  9. 精算金額が表示される
  10. お金を払う
  11. 購入完了

ただ、スマホカバーなどによっては認識しづらいケースもあるようで、そんな時は迷わずスタッフさんを呼びましょう。

スタッフさんはかなり親切に教えてくれます。僕みたいな田舎者にも親切丁寧に教えてくれました。

スマホカバーを新調

僕はそこでスマホカバーを新調しました。これまではルシファーを使ってましたが、ナイチンゲールに変更。

モンスターストライク モンスト iphoneケース 6/6s/7 glossdesignケース スマホ ナイチンゲール 渋谷店限定

新品価格
¥4,499から
(2017/7/10 00:25時点)

↑を購入しました。ガブリエルかパンドラが欲しかったんですが、iPhone6/7 Plus用しかなくて断念。散々迷った結果、ナイチンゲールにしたのです。

いずれiPhone6用も作ってください > XFLAGさん(笑)

ルシファーケースも1年以上使ってボロボロだったので、いい感じにリフレッシュされました!

トイレにオラゴンが〜

店を出る前にトイレを使ったのですが、なんとそこにはオラゴンがいたのです!

男性用はネクタイ、女性用はリボンをしたオラゴンがドアに描かれています。店内どこを見てもいろんな工夫があり、面白いです。

最後にリアルガチャ(進化論)

店内に設置されているガチャでリアルガチャ1連(300円)

リアルガチャ(シンカ論)

ガチャの中身はピンバッチです。コンパクトなので、邪魔にならずカバンなどのワンポイントに使えます。そして絵柄も可愛いので、モンストユーザにはたまらないでしょうw

ちなみに僕はアテナ(進化)が出ました。

なんだかんだと店内を見て回って1時間くらいで店を後にしました。店内のスペースはそこまで広くなく、30〜40人程度くらいが限界でしょう。

その広さにもかかわらず1時間程度も遊べたので、内容としては非常に面白かったです。簡単には行ける場所じゃないので、時間をかけて楽しんだ部分もありますけどね。

 

XFLAG STORE公式ページはこちら

 

親父達でビアガーデン

夏だ!ビールだ!ビアガーデン!!

梅雨真っ最中ではありますが、暑くなってきたのでビアガーデンに行ってきました。メンツは長男の学校の親父達。

地元にあるビアガーデンに初潜入です!

飲み放題券:2500円+食べ物:2000円で1人4500円です。

会場へは徒歩で

一応ダイエット中の身なので、会場までは徒歩で行ってカロリー消費。往復4キロ分は消費。多少はマシになるのでは?

汗だくで到着して早速宴会開始!

BBQと板長おすすめコース

食べ物はBBQか板長おすすめコースの2択からチョイス。4人いたので2つずつ選択。

BBQは普通かなーと思ったら。

ここはなんと、ポン酢で食べるスタイル!普段はエバラ焼肉のタレとか使うので、さっぱりした食感が斬新でした。

肉はまぁうまいけど、ピーマンとかはちょっとアレかな。塩コショウで下味つけてたらいけるかも。(デフォルトでは下味がありません)

板長おすすめは天ぷらなどめちゃめちゃ数が多い!

ただでさえ狭いテーブルに、BBQコンロが中央にあって、そこにドンドンと食べ物が運ばれてくるので乗り切るわけもなく。

1つ椅子をお借りして強引に乗せる有様。そこまで急いで持ってこなくても良いのでは無いかな?!

ゴチャゴチャ話さずにさっさと食べろ!スタイルなのかな?

味は非常に美味しいから、そのペース感だけが少し残念ポイント。この日は蛸の料理が多かったな。

共通点がある親父達なので話にも花が咲き、飲み放題の2時間なんてアッという間。2件目のお店でも盛り上がり、解散は23時過ぎ。

実は親父の飲み会は初の試みでしたが、共通点があるので非常に楽しかった。これは是非2回目をやりたいところです。

カロリー的にはオーバー摂取だけど、得れるものもあったし、まぁ良いか♪ごちそうさまでした!

バニラ・エアの障害者搭乗に関するトラブルについて

車椅子の方の搭乗トラブル

事前連絡なしでバニラ・エアの搭乗手続きをしたところ拒否された。納得がいかない男性は、自力で搭乗するように交渉して強引に乗り込んだ。

そのときの様子をネットで公開したところ、議論が沸き起こり炎上した。というのが、簡単なイキサツ。

↓詳細は(別ページが表示されます)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/28/vanilla-air_n_17315034.html

バニラ・エアの搭乗ルール

バニラ・エアでは車椅子を利用の方や、障害がある方、搭乗に不安がある場合は利用の5日前までに事前連絡をするように促している。

バニラ・エアのホームページより(一部抜粋)

障害有無に関わらず平等に乗れるべき

車椅子の男性は、障害の有無に関わらず平等に乗れるべきだと主張し、炎上につながった。

先日施工された「障害者差別解消法」という法律を主張し、今回受けたことを差別対応と捉えたのでしょう。

どちらの主張もよくわかります。確かに平等に乗れるべきだし、事前連絡がなかったとしても、なんらかの対応があっても良いとは思います。

  1. 事前連絡をしなかった男性が悪い
  2. 乗り込みを拒否した空港スタッフが悪い

どちらかの意見で真っ二つに分かれそうですよね。どちらの主張も一理あるし、間違いではないと思います。

事前連絡すべき

僕の見解としては、事前連絡をしなかったことが、やはり良くなかったと思います。

エア・アジアの搭乗ルールに記載もあるし、航空スタッフからすると車椅子って日常じゃないので、対応準備が必要です。迂闊に対応して怪我などさせたら、より大きな問題にもなります。

もちろん、現場判断でサポートしてスムーズに搭乗できるのが望ましいです。でも、そこまでの対応力というか、障害者への対応も含めた理解が深まっていないのでしょう。これも現実です。

障害者差別解消法という法律ができましたが、それは障害者のことを良くわかっている人には有効だけど、普段ほとんど接したことが無い人からすると、どこまでが差別かの判断も付きません。

なので、ある程度のルールを設けて、より安全にするために対策をするのです。

障害者差別を解消するならば

障害者差別を完璧に解消するならば、養護学校など、学校を分けている時点で矛盾が発生していると思います。

教育を受けている過程で、障害者と常に接することで本当の意味で差別がなくなると思います。

普段から接したことが無く、障害者に対する理解がないなかで、差別だけを無くすというのは無理があるでしょう。

今の大人たちがこの法律を活かす為には、障害者に対する理解を深めて、交流していく必要があるでしょう。それを続けることで、少しずつ差別が無くなって来るのです。

長男が飛行機に乗ったとき

数年前にANAに乗って北海道に行った時、事前に「重度の自閉症」であることを連絡しておきました。

「多動もあるし飛行機内で怒ったりするかもしれません。」と。

すると、当日の空港や飛行機の中では、それなりにサポートしていただけました。席もCAさんの近くになり、怒りそうになったらすかさず飴玉やジュースをくれたりと、サポートしていただきました。

自分にとっては日常でも他人にとっては日常じゃないこともたくさんあります。特に知的障害や身体障害に関しては、身をもって経験することも出来ないので、完璧に理解することは不可能です。

なので、予備知識として伝えておくことで、それなりの対応が出来るようになるのです。

これからバニラ・エアの利用を検討されている方で、ルールに該当する方は素直に連絡しておきましょう。その方が円滑に搭乗できるようになります。

▼バニラ・エアでお手伝いが必要な方へ

https://www.vanilla-air.com/jp/guide/special-assistance

ダイエット開始から1ヶ月半経過

食べたい衝動が凄い..

ダイエットを開始してから1ヵ月半が経過しました。

体重はまだまだあるものの、周囲の人から「痩せた」と言って貰えるくらいには変化が出てきました。

ダイエットは継続はしているものの、食べたい衝動が増すばかりです。体が痩せることを拒んでいるようですw

衝動に打ち勝つために!

高カロリー・高コレステロールを食べたい衝動に打ち勝つための工夫もしています。

とはいっても特に難しいことをしているわけではなく。

ただ、食べたい衝動が出てきたときは空腹状態なので、他のもので空腹を満たしてしまえば良いだけなのです。

空腹さえ満たせてしまえば、食べたい衝動も自然と治まっています。そんな感じで欲求と戦いながらのダイエット生活です。

生活の中で一番変えたところ

一番変えたところは、やはり食べ物です。脂っこいものや糖質が多いものをかなり減らしました。

野菜を中心に、肉は鶏肉を中心に変更しました。野菜を先に食べてから、鶏肉などを食べるように、食べる順番も変えました

味が淡白で飽きる場合には、クックパッドを見て若干のアレンジを加えてみたり、なんだかんだと継続しています。

娘からも「痩せた」とのお墨付きももらえたので、効果は出ています。

解禁日も設置

僕の性格上飽きやすいので、解禁日を設けました。なんでも食べても良いのではなく、多少の糖質多め食品はOKとしています。

  • 毎朝
  • 月曜日の昼
  • 木曜日の昼
  • 土曜日の夜

週に3回と毎朝の朝食を解禁日として設けています。

朝は炭水化物を摂らないとエネルギー不足になるので、気にせず摂取するようにしています。

7月にBBQがしたい

とりあえず目下の目標は7月にBBQがしたい。6月を摂生して7月にBBQをするという目標を立てています。

BBQを達成できたら別の目標を立てて継続していきます。

今が停滞期?

順調に落ちていた体重が落ちなくなりました。食べ物は変えておらず、運動もしています。

妻の話だとダイエットには「停滞期」があるようで、ちょうどその停滞期にあるとのこと。

ここを乗り切ると、再度体重が減っていくそうです。

ということで、あまり気にせずダイエットを継続していくことにします。

飲み会の次の日は運動多め

仕事をしていると飲み会が付き物です。飲み会のときはどうしてもビールの量が多くなったりします。

なので、飲み会があった週の週末には、運動を多めにするようにしています。アプリを使って距離数なども計測して。

2ヵ月後の自分の体が楽しみです。

 

さばえ秋HANABIのホームページを引っ越しました

引越し先はこちら

2017年のさばえ秋HANABIは諸々の事情から開催を見送りました。しかし、これまでの活動の記録は残しておきたいとのことで、引越しをして残してあります。

引越し先→http://sabaehanabi.wpblog.jp/

昨年まで使用していたサーバーだとコストが発生するため、コストが発生しないサーバーを利用しています。

旧サイトはすでに解約済みでアクセスできませんので、ご注意ください。

多くの方から開催有無を聞かれます

毎年この時期は協賛集めなどが忙しい時期。まだ1年も経過してませんが、すでに懐かしくも思えます。

多くの方から開催有無を聞かれますが、今年は開催を見送っています。ご了承ください。

小林麻央さん逝去。悲しいね。

恋のから騒ぎ時代からファンでした

小林麻央さんは、昔日テレで放送されていた「恋のから騒ぎ」に出演されていて、その当時大学生だった僕は、

『世の中にはこんな綺麗な人がいるのか!』

と衝撃を受け、それからのファンでした。

ルックスもよく”知的”という言葉がぴったり合う印象でした。

人間ドックで乳がん発覚

夫である海老蔵さんと共に受けた人間ドックで腫瘍に気づき、そこで診断を受けた結果では、まだ経過観察だと。

そこでセカンドオピニオンを受けていれば、結果は変わっていたのかもしれません。いまとなっては「たら・れば」ですが。

本人としても「まさか自分が」という気持ちもあったんでしょう。2人の子供に恵まれ、幸せ絶頂なときですから、まさか自分が「癌」に侵されているとは思わないでしょう。

麻央さんのブログに感動

麻央さんが記録していたブログ「COCORO」を拝読していました。その中で何度も感動を頂いたのですが、特に心に響いたフレーズが、

「病気になったことが最大の出来事ではないから」

ステージ4という不知の病に近い癌という病と闘いながら、その辛さよりも、これまで味わってきた幸せの数々の方が勝っていると。こんなこと言えますか?

麻央さんというのは、本当に前向きで自分だけのことより、仲間や家族との時間を優先される方なのでしょう。本当の愛を持っている方なのだと思います。

麻央さんがブログで伝えたこと

麻央さんがブログを通じて伝えたかったこと。

それは3つに集約されるのかなと思います。(個人の感想です)

  1. 健康が一番大切
  2. 家族との愛は無限大
  3. 常に明るく前向きに

まだまだあるとは思いますが、僕個人的にはこの3つを多く感じ取りました。「健康」であることが、周囲の方に対して最大の配慮なのかなーと思いました。

僕も現時点では太っているし、たばこも酒もやります。これから40代に突入するし、健康を意識した生活に切り替えようと決意したのです。

まだまだ見たかったけど、、、

まだまだブログやテレビでの活躍を観たかったけど、かないませんでした。残念でなりません。

麻央さんのご冥福をお祈りいたします。

芦原のやせなわ食堂に行ってみた

やせなわ食堂

芦原の嶺北縦貫線沿いにある「やせなわ食堂」に行ってみた。

やせなわ食堂

昔ながらの食堂といった佇まい。

食堂内での喫煙も可能。

中は意外と広く、20人くらいは座れる。

まぜそばを注文

まぜそば

僕は、まぜそばを注文。ピリ辛でにんにくも効いていて非常にウマウマ!味が濃いのと辛いので、水が欲しくなる味(笑)

嫁さんは豚汁定食、息子は塩焼きそば、娘はオムライスを注文。どれも非常に美味しかった!

待ち時間が非常に長い

味は非常に美味しかったのだが、注文してからの待ち時間が非常に長い。混雑時なのと、作っているのが1人というのもあるのかもしれないが、注文してから最初に品が出てくるまで40分はかかった。

中には待ちきれずに帰ってしまう人もチラホラと。。

さすがに40分は待ちすぎ感ありますね。味が美味しいだけに、スピード感だけが残念でした。

まぁでも、美味しいので近所に行ったときは行ってしまいますね。ダイエット中には厳しいメニューばかりですが、美味しいものは美味しいのです!

ご馳走様でした。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 本荘駅大関駅