旅行記/ドライブ

朝霧高原からの帰路。まさかの大渋滞(汗)

投稿日:

Pocket

朝霧高原を出発したのが16時過ぎ。

最寄りのインターチェンジ(新富士IC)から高速に乗ったのが17時過ぎ。

予定より遅くなってしまったが、十分に楽しめた旅行だったのであとは安全運転で帰宅するのみ!

と思ったのもつかの間。。。

高速道路上にある渋滞案内に強烈な渋滞の案内が!

 

新東名高速道路と従来の東名高速道路が交わる浜松付近で強烈な渋滞が発生しており、浜松から名古屋まで通常は2時間程度で行けるところが6時間かかると。。(泣)

途中の静岡SA(サービスエリア)で早めの夕食を食べ、渋滞に備えることに。と思ってSAに入ったが、そこも強烈な混雑。。

さすがはシルバーウィーク。

夕食をのんびり済ませ、渋滞に備えてトイレも終わらせ飲み物やガムも購入し、再び出発。

浜松までは順調。合流地点の手前から大渋滞。

IMG_8726

豊川ICから岡崎ICの間は長い緩やかな上り坂になっており、渋滞のメッカなのだ。重いトラックなど力のない車が徐々に減速するため、最終的に最後尾が渋滞になるのだ。

浜松から岡崎までの渋滞解除まで約3時間。

ビタっと停まっていたわけではなく、10〜20km/hで動いていたのが救いだった。あれが完全に停止していたらたまったものではない(笑)

渋滞を抜けてからは快適そのもの。適度に休憩を取りつつ深夜のドライブ。眠気覚ましには冷たい緑茶。が最適。

東名高速道路から名神高速に入り、最後は北陸自動車道を走り深夜1時に無事に鯖江に到着したのです。

総走行距離は約900km。

給油は1回でした。嫁さんも気に入ったようで、秋に2泊3日の旅行が定番化しそうです。

子供たちは何歳まで付き合ってくれるかな?(笑)

旅の記録はこれでおしまいです。

 

 

-旅行記/ドライブ

Copyright© 鯖江人の飲兵衛ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.