病気/健康

うつ病を克服した4つの方法。身を持って経験した実話です。

投稿日:

Pocket

うつ病に苦しんだ春

私には到底縁のない病だと思っていた。

怒られても根に持たず、寝れば忘れる楽観的な性格の私

周りの人からも、私がうつ病になったことを不思議に思われたほどだった

忘れもしない2008年の春。うつ病と診断された。

ちょっとしたトラブルが原因だった。

 

うつ病がもたらす最大のダメージ

うつ病になって、まず起きる体の変化の特徴。

  1. 眠れない!
  2. 涙が止まらない!
  3. 食欲が無い
  4. 人に会いたくない
  5. やる気が無い

どの本にも書いて有りそうな変化が襲ってくる。

しかし、一番のダメージは

「自信がなくなる」

ということだと思っている。

 

自信を失うことから起きる負の連鎖

自信を失うことから起きる負の連鎖。これを克服するのが非常に大変なのだ。私自身もこの連鎖を克服して脱却するまでには、非常に時間がかかった。

  • 自信がない→やる気が起きない→お腹が減らない→眠くならない→眠れない
  • 自信がない→人に会いたくない→やる気が起きない→・・・

いまでは、その連鎖に戻ることはないと言い切れるくらいまで立ち直ることが出来た。その方法を紹介する。

当然、賛否両論あると思うが、あくまでも私の一例なので、ご了承を。私のやり方の一部でも、うつ病で苦しんでいる人の役に立てれれば幸いに思います。

1.やりたくないことはやらない

うつ病になって、まずやってはいけないのが、無理をすること。メンタル的ダメージは、他の人からは様子が把握しづらく、いままでと同じ接し方をされる可能性がある。それが意外にダメージに感じた。

私の場合、予め自分の状態を伝えて、制限することにつとめた。幸い、私の周りの方々は理解してくれたので非常に助かった。理解してくれない場合は、止めてしまうのも1つの手段だと思う。

ワガママとも言われたが、貫き通した。また元気になったら復帰すればいいだけの話。自分の気持に素直に動くのがベストだ。

もし精神的に辛い時は、寝てしまうのが一番。最近は医者から提示された薬以外にもサプリメントが充実しているので、それを常備していても良い。自分なりの対策は持っておいたほうが良い。



 

2.心の中の逃げ道を確保する

うつ病の根本の原因は、精神的な負担の逃げ道がなくなるところにある。通常であれば、遊びに行ったりリフレッシュをすることで逃げ道を確保するのだが、逃げ道を作るほどの余裕も失ってしまう。その積み重ねで、うつ病となってしまうのだ。

それを踏まえて、逃げ道を意識的に作るようにするのが。多少ずるくても良いから、嘘をつかない程度に言われたことの捉え方を自分なりに解釈するときに、逃げ道も確保したうえで解釈する。

ただし、嘘はいけない。自信がないうえに、相手からも信用を失うのは本末転倒。自分の首を締めているだけの状態だ。安易に返事せず、出来ないものは出来ないと言う癖をつけよう。

そうすれば、精神的な負担を自ら軽減させる術が身につくのだ。真正面から受け止めるのは、正常になってからでも遅くはない。

私はそのようにして、確保する癖をつけた。それだけで、精神的な負担はグッと減ったのだ。

 

3.仕事に行く癖をつけよう

私が克服するのに最も苦戦したところだ。自信がないので仕事に行くのにも億劫になる。

怖い→逃げる→行かなくなる→続かない

ここでも、負の連鎖が発生するのだ。しかし、負の連鎖を引きずってしまうと、先に進めなくなる。たとえ数時間でも、行く癖をつけてしまうのだ。仕事に行かないことが気持ち悪く思えるくらいまで。

マラソンと同じかもしれない。マラソンも最初は苦しいけど、続けていくうちに走らないと体が気持ち悪く思えるというのは有名な話。それと同じ考え方で仕事に行く癖をつけてしまおう。

私も癖がついてからは、全く億劫とか思わなくなった。むしろ仕事に行ってなにかをしていないと気持ち悪くも思えるようになったのだ。

 

4.正の連鎖を意識する

負の連鎖を脱却するには、正の連鎖を意識するしか無い。正の連鎖は誰も準備してくれない。自分の気持ち1つなのだ。

最初から正の連鎖も上手くは行かなかった。負の連鎖に逆戻りするときもあったけど、「脱却したい」という気持ちを強く持っていたのもあったので、正の連鎖を意識し続けた。

その結果として、負の連鎖から脱却できた。いまでは、以前よりも前向きに連鎖をイメージできるようになっている。

ただ、うつ病になる前と違うのは、自分なりのブレーキの精度を高めたこと。いきすぎやりすぎだと、気持ちのコントロールが出来なくなりそうな自分がいる。なので、自分なりにブレーキポイントを持った上で行動するように心がけている。

そうすると、自然とブレーキポイントが先になって、出来ること。やれること。やってみたいという好奇心が増えてきた。

 

負の連鎖になるまでに数年もかかって起きたことならば、正の連鎖になるのにも数年は必要だ。短期間で回復させようという考えは、止めたほうがよい。

 

まだまだ克服するために意識したことは多いけど、私が克服するために最も意識したことを4つあげました。どなたかの参考になれば幸いです。

 

◎病院の薬に頼りたくない方へ

病院の薬に頼っている時点で、克服できない感覚は私自身もありました。病院で診察を受けていると、うつ病であることを無意識で再認識しているような錯覚に陥りました。

病院での処方が全てではないので、病院の薬以外のサプリメントに頼ってみるのも、脱却の1つの手段とも思えますね。

リラクミンプレミアムというサプリメントは、病院の薬に頼りたくない方への、メンタルサプリメントです。一度試してみる価値はありますよ。


リラクミンプレミアムを販売している「リラクル」では、いろんな症状に悩んでいる方に向けてのサプリメントを提供しています。

自分の状況に照らし合わせて探せるので、きっと適したサプリメントがみつかるはず。不眠、うつ病、更年期障害などでお悩みの方には、「リラクミン」シリーズのサプリメントをオススメします。

↓のリンクより専門サイトに移動しますので、いろいろ見てみてください。
メンタルでお悩みと方へサプリメントを提供する「リラクル」をもっと見る

 

 

-病気/健康

Copyright© 鯖江人の飲兵衛ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.