「文殊山」タグアーカイブ

文殊山 二上コース

2020/6/7(日) 快晴

文殊山 365m

会社の同僚たちと4人で文殊山に行きました。

メンバー構成

  • おれ:登山レベル3
  • 同僚A:登山レベル1(趣味:チャリ
  • 同僚B:登山レベル1(趣味:散歩
  • 同僚C:登山デビュー(登山願望あり

僕以外の2人はつい最近文殊山(大正寺コース)の筆おろしは終わってます。

比較的なだらかな大村コースにしようかと思ったのだけど、駐車場のわかりやすさで二上コースを選択しました。

広いしわかりやすいですからね。

二上コース駐車場 7:30

7:30に駐車場に到着した時点で満車!

さすが人気の山です。

軽く準備を進めながら同僚たちを待ちます。

10分ほど待ったところで赤いFitが到着。

全員揃ったところで出発!

今回は膝の違和感をかかえてたのでポールを使って超のんびり作戦です。

登りで写真を撮らなかったので、タイムスタンプ時間が不明です。

二上コース登山口

これは帰りに撮影しました。

4人仲良くのんびりと登っていきます。

同僚A~Cはダラダラと続く登りに息切れ半端ない感じでした。

僕はポール使ってノンビリ作戦なので、そこまでキツくもなく。

マイペースで登っていきます。

時折お花が咲いていて心を癒やしてくれます。

二上コースからの眺望

二上コースを歩いていると見れる眺望。

眺望が嫌いという人は少ないはず。

毎回通るたびに反射的に撮影してしまいます 笑

小文殊通過

小文殊で5分ほど小休止。

今日はなんだか全然足の調子が出ません。

いつもなら開始5分程でエンジンかかってペースがあがるのに。

一向にペースが上がる気配がありません。

膝痛は全然気にならないんだけど、足全体が重いというか。

VAAMで栄養補給して体に刺激を与えてみました。

タイツを新調したからかな??原因不明です。

ここ最近の山登りでは、ぶっちぎりの大不調でした。

大文殊到着

展望台で1枚撮影だけして大文殊に向けて出発

5分ほど歩いて到着です。

白山がバッチリ見えました!!

コーヒータイム

お湯を沸かしてコーヒータイムです。

取っ手付きの鍋を好日山荘で購入しました。

アルコールバーナーはいまいち使い勝手が良くなくて。

いまの燃料を使い切ったらガスに変えようと思います。

【使いにくいポイント①】

アルコールの追加が非常に不便です。

可燃性アルコールで着火しやすいので、日が燃えている間に追加するのが非常に危険です。

【使いにくいポイント②】

五徳の幅が広すぎて、小型鍋だと直火になります。

鍋の取っ手部分まで火が届くので、非常に熱くなります。

【使いにくいポイント③】

アルコールバーナーに入れた燃料は必ず使い切らないといけません

必要な分だけという調整が不可能に近い。

残したまま下山すると、こぼれてアルコール塗れになりますww

ふくろうに出会えたよ

文殊山の隠れた名物「ふくろうさん」に出会えました

癒やされるよね!

1時間ほどたっぷり休憩して、奥の院に行かず下山します。

下山開始

ところどころお花を撮影しながらノンビリと下りていきます

足取り軽く歩く同僚たちを隠し撮り 笑

ヤマツツジ?

名前は知りません

緑が濃くて気持ち良い

緑と青のコントラスト。このビューが好きなんです

リスがいたよ

道中にリスの置物が。こんなのあるなんて全然しらなかった!

最初パッとみたとき、ピ●チュウかと思ったのは内緒ww

ピンぼけしてるけど(><)2体ありました

下山完了

11時過ぎに下山完了。

のんびり登って、のんびり休憩して、のんびり下山したので、特に疲労もなく

いい汗かいたーって感じでした。

このあと、お風呂入りに行ってご飯です。

お風呂とご飯の時間のために、1時間休憩したのでしたww

登山は楽しまないとね♪

【訃報】初代ザックお亡くなり

ウォーキングの延長で始めた山登りですが、始める前に買った500円のザックが壊れました。

半年くらい使ったかな?500円で半年なら良いほうなのかもしれません。

今後登山はずっと続ける趣味にしたいし、ちゃんとしたザックを買おうと思います!

購入報告は後日。

文殊山 二上コース

武衛山に登った後の午後、予定外に文殊山にも行った話です。

おかわり登山で文殊山

武衛山を下りてから、買い物をするために武生の8号線沿いにあるみつわに立ち寄り、帰り道の8号線で見えてしまったんです。白山が!青空に映る雄大な白山の姿をみてアドレナリンが分泌され、お昼ごはんを食べてから急遽文殊山に登ったのです。

運転中だったので、その白山の写真はないのですが、山好きならあの姿をみたらテンション上がるはず。

ただ、文殊山は人気なので人の蜜ができやすい。若干時間をずらして登ることにしました。

二上コース 登山口

二上コースをチョイスしました。大村コースに行くつもりで出発したのですが、なにを間違えたのか二上コースに向かっていたのです(笑)大村コースに戻るのは面倒なので、そのまま二上コースになったのです。

初めてのおかわり登山。(おかわり登山とは、1日に2座以上登山すること

正直足取りが重かったですねー。自分が思っている以上に武衛山の疲労が効いてました。結構小休止多めで、ペースはカコイチで遅かったと思います。山頂に行くことだけを目標に、無理のないペースで、のんびりと登っていきます。

小文殊から展望台

普段は素通りする小文殊も、この日は小休止スポット。

首からさげたデジイチでパシャパシャと写真を撮りながら、ボチボチと登っていきます。

タオルを忘れるという致命的な失態を犯したのですが、幸い爽やかな風が吹いていて汗がほとんど出ませんでした。文殊山の二上コースは、北東方面から登るので、夕方になると日当たりが良くないんです。

展望台。ご家族がご飯を食べてらっしゃいました。

人との蜜を避けるために、人とすれ違うときは道いっぱいに広がってすれ違う。を徹底しました。場所によっては細い部分があり、近くなりそうなときは、山の外の方を向いてやり過ごしたり。ご家族など団体さんとすれ違うときも同じ手法でやり過ごしつつ登りました。

大文殊到着

かたくりの遊園地では、かたくりが咲いておりました。

これが見たくて文殊山に来たのです。雄大な白山。

白山の写真を撮るなら三床山の方が良いのだろうけど、我が家から若干遠いので最寄りの文殊山になったのです。奥の院は道が細くて人とのすれ違いでの密接率があがるので、パスしました。

眺めは超最高。思わず長居しちゃいたくなる眺め。眺めは圧倒的に武衛山より文殊山です。

蜜を避けて下山

さすがは文殊山。夕方遅めの時間でも山頂は人が多かったので、写真だけ撮ってさっさと下山です。今の時期、不要な長居は無用です。

青とピンクのコントラスト。写真スキルがほしいw

二上コース分岐点。左に下りていきます。

最後の下りで少しだけ膝が疲れてきたので、ゆっくりゆっくりと下山しました。まだまだ鍛錬不足を肌身で感じました。無理せずボチボチと積極的に登っていきます!!

二上コース駐車場到着。

今回はペース的に登山というより散歩だったような 笑

登山靴レビュー

文殊山にも登山靴を履いていきました。ランニングシューズとの比較をしたかったんだけど、足の疲労があって正確なジャッジは無理でしたw次回足が元気なときに比較検証してみます。

 

【山レコ】文殊山 二上コース

コロナウィルスで非常事態宣言が出る状態にまでになってますが、みなさん元気だしていきましょー!コロナウィルスなんかに負けない気持ちと楽しむ気持ちを忘れずに、日々を楽しんでいきましょー!!

文殊山 二上コース

鯖江市にある文殊山はコースがたくさんあり、高度が低く登りやすく地元民には欠かせない山。子どもたちからお年寄りまで、幅広い年齢層の方々が、散歩感覚で手軽に登れる大変魅力ある山なのだ。

今日は朝起きて天気が良かったので、朝ごはんがてら文殊山へ。近所のコンビニで食料を調達して登山口へ向かう。いつもは大村ルートを使うのだが、今回は二上コースから登ることにした。

二上コース 登山口

二上コースは駐車場がかなりキレイに整備されていて、(たぶん)一番人気のコースだと思う。水洗トイレも完備されているし、駐車場広くて20台以上駐車できる。後述するけど、登山道がかなりキレイに整備されていて登りやすい。

駐車場から序章ともいえる道を進み、ゲートを超える。さらに進んだところに登山道の看板が出てくる。迷うはずがないくらいキレイに整備された道をひたすら登っていく。大村ルートと比べると若干勾配が急な気もするけど、めちゃくちゃ登りやすい。

序盤はこのような段がある道を登ってゆく。個人的には段を使わず坂を行くほうが好き。

青と緑のコントラストが素晴らしい

 

青空の方に向かって歩いていくような瞬間が好きなのだよ。このコントラストを見ると疲れが癒やされる。もっと青空に近づきたい。と思えて、頑張る気力が湧いてくる。青と緑のコントラストって人間には良いのかも。

ところどころ削れていた場所が土で補正されていて、かなり歩きやすくなっていた。これなら泥濘みにくいしありがたい。

山頂で景色を満喫

分岐点を超えて小文殊超えるとまもなく山頂。いつみてもきれいな景色。

桜が見頃で青空とのマッチングも最高!

アルコールバーナーで湯沸かし実験

最近購入した五徳付きアルコールバーナーで湯沸かし実験。は、失敗に終わった。

  • チャッカマンが無く火を付けるの大変
  • アルコールが少なすぎて燃料不足

燃料が意外と燃費が悪くてすぐに燃料切れになってしまった。小さなペットボトルにいれて登ってこないと満足に使えないな。これは。あと、チャッカマン大事。アルコールが少なくなってからは、ライターで着火するの大変。

2点を改善すればいけそうな手応えを得たので。次回が楽しみでしかたない。念願の山頂でコーヒーが見えてきたw

帰りも景色満喫

山頂でのんびり休憩して下山。下山中も景色を満喫しながらなので全く疲れない。

こんなきれいな感じなら歩けそうでしょ?

二上コースの感想

初めて二上コースを使ってみたけど登りやすかった。人気があるのも納得。

ただ、足にかかる負担と歩く距離的には大村ルートのほうが好きかな。

他にもいろんなコースがあるから、実際に歩いてみることにする。楽しみだ!!

文殊山の山頂で助六を食べる 大村コース

コロナウィルスの驚異が半端ないけども。

できる限りで日々を楽しもう!!

文殊山の大村コース

文殊山は鯖江市近郊のポピュラーな山。300mくらいの低山だ。

登りやすく登山道も多く、散歩感覚で登れて人気がある山。

1時間位で登れて適度に勾配があり心肺を使う。

お気に入りの運動コースなのだ。

最初はキツく感じた大村コースも徐々に慣れてきてノンストップ。

コースがわかってるかどうかで疲労感が違うね。

最初に訪れる展望台。ここまでが少し急登なので毎回ここで呼吸を整える

足腰の筋肉は割と平気だけど、心肺が辛い。心肺を鍛えないと!!

アッと言う間に大文殊。1時間弱で到着。

大文殊は台風の影響で痛々しい姿。

お気持ち程度だけど寄付させて頂いた。

一呼吸付いてランチタイム。この日は助六寿司。

定番のお寿司。ただこの日は風が強くて少々寒くて。

サッサと食べて下山することに。

でも、眺めは良いのよ。快晴だともっと白山も見れて見晴らしが良いのだ。

下りは40分程度で駐車場到着。

まだ登山靴とかないから天候に左右されるけど

週末の低山登山は続けようと思う!!