DUNLOPのエナセーブで燃費向上

Pocket

我が家の主力軽自動車のタイヤがパンクしまして。
ただのパンク(溝にそったパンク)であれば、修復も出来るのですが、今回は運悪く横穴。。
タイヤの溝の本の数センチだけズレていたのです(T_T)
こうなると修復出来ないので、買い替えるしかありません。

その日はちょうど祝日。
知り合いの車屋さんも全てお休みというタイミングの悪さ。
仕方なく、近所の大型チェーン店に行きました。

今回のタイヤ交換は3回目。
1回目は購入した時点で付いていたブリヂストン製タイヤ。
2回目は安さが売りのTOYOタイヤ。
3回目は値段は張るが燃費重視でダンロップ製タイヤにしました。

ブリヂストン製タイヤからトーヨータイヤに変えたときに、体感で燃費が2くらい落ちたんです。
たかだか2リットル/キロなんですが、チリも積もればで結構な量になってきます。

そんなこともあり、今回は店員さんオススメの燃費効率の高い、エナセーブ。
トーヨータイヤよりは1本あたりで2〜3000円ほど違いました。
が、ちょっとした興味もあり、ダンロップ製のエナセーブにしました。

転がり抵抗12%低減
転がり抵抗12%低減

タイヤ交換後走ってみると、グリップの違いが全然違いました。
公式サイトにも転がり抵抗も12%低減とありますが、その通りだと思いました。
つまり、タイヤの回転に無駄が無いということです。

トーヨータイヤの時と比べると、走っている時の抵抗感も全然違いました。
これは、燃費の向上が期待出来ます!

ダンロップ製エナセーブ
ダンロップ製エナセーブ



ソフトバンク携帯のりかえで現金30,000円キャッシュバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください