グルメ/飲み物

鯖江のいきなりステーキに行ってみた

投稿日:

Pocket

いきなりステーキ 鯖江店

鯖江市五郎丸の元幸楽苑跡地にいきなりステーキが出来た。無類の肉好きの僕としては見逃すことができない。とはいえ、オープン直後だと混雑が予想されたので、たまたま仕事を休んだ日の夕方を狙って行ってみたのです。

いきなりステーキ 鯖江店

いきなりステーキ 鯖江店

香ばしいお肉の匂いが充満

入店は17:30くらい。夕食時より少し早めに入店したので、待ち時間なくスムーズにテーブルに案内された。もちろん、男一人のおひとりさま♪

メニューの写真を撮り損ねたのですが「アンガス牛サーロインステーキ」のサラダとライスのセットをチョイス。案内されたテーブルで注文するのではなく、肉の焼き場の前で選ぶスタイル。

サラダ

サラダ

量は悩んだ末に250g。僕は少食人間なので300gは無理。でも以前どこかで200gの肉を食べたら物足りなかった。ということで、250gを選んだ。肉は量り売りなので、注文するサイズによって金額が変わる。1gあたりの単価が記されているので、おおよその目星は建てられるし、注文後に金額を提示してもらえるので、予算オーバーなら調整も可能だと思う。

店内にはお肉とステーキソースのいい匂いが充満しており、食欲がそそられる!注文が完了したら、お肉が届くのをテーブルで待つのみ。

紙エプロンで守備力アップ

席には紙エプロンが置いてあり、お肉が運ばれる直前にスタッフさんから着用を促される。

紙エプロン

紙エプロン

こんなもんいるの?

とか思ってたけど、結果的には超重要なアイテムだった!待望のお肉が運ばれてきたときの味付けは塩コショウのみ。当然そのままでも良いのだが、お好みによって備え付けのステーキソースをかけて食べるのだ。

ステーキソース

ステーキソース

鉄板の上の焼き立てのステーキにステーキソースをかけると、めちゃくちゃ跳ねるのです!紙エプロンがないと確実に自爆しますw

お肉とご対面

紙エプロンを装着して待つこと5分位。待望のお肉が到着!

アンガス牛 250g

アンガス牛 250g

美味そうな匂いとジュージューという美味しそうな音がたまらない!

食欲をそそられるでしょ?ww

焼き方はレアで

焼き方はレアで

食べた感想

感想は…肉が硬いね!顎が疲れるレベルww

2000円以上払って顎がつかれるのはホルモンだけで良いかな。ほかのヒレステーキとかにすれば違うのかも知れないけれど。アンガス牛は硬かった。(個人の感想です)

次回は違う肉を食べてみることにします。

いまのところ、有定町に出来たステーキ屋のほうが個人的には好みです。

ごちそうさまでした~

-グルメ/飲み物

Copyright© 鯖江人の飲兵衛ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.