日記/生活

平成30年 福井豪雪で大苦戦②

投稿日:

Pocket

交通網が完全に麻痺した福井豪雪

豪雪初日は出社不可能のため会社を休みました。2日目はもっとひどい状態だったので、上司から自宅作業の指示が出ました。頑張って行ったところでたどり着ける保証もなく、自宅作業が無難な判断です。

軽自動車は雪の中

福井鉄道や路線バス、JRなど全ての交通が運休。買い物に行くにしても雪の中をラッセルしながら歩くという状況。普段の買い物の倍以上の体力を消耗しました。

テレビでも不要不急の外出を控えるように頻繁に呼びかけておりました。

仕事はTermViewerで在宅作業

できる限り雪かきをして、自宅で仕事をしてました。その時に便利だったのが、TermViewerというリモートコントロールソフト。僕の仕事柄、いつでも自宅から繋げれるようにしているのだが、それが非常に役に立ったのだ。

自宅のPCからインターネット経由で会社のPCにつなぎ、遠隔で操作する。操作するPCは会社のPCなので、自宅のPCに仕事に必要なソフトがなくても作業ができる。

モニターのサイズや数が変わるのは致し方ないことだが、それ以外の不便は一切なかった。

雪かきや食料調達など出かける必要もあったので、仕事時間自体は普段より短かったものの、最低限の仕事はこなすことが出来た。

久しぶりの出社も大渋滞

豪雪から4日目にはなんとか車が出せるようになったため、久しぶりに車で出社した。

大渋滞

待ち構えていたのは恐るべき大渋滞。100m進むのに20分以上かかる有様。このままではいつ到着するかわからないし、時間と燃料の無駄だと思って会社に自宅作業を打診したのだが、却下されてしまった!

ガソリンスタンドのガソリン在庫も少ない状況で時間と燃料の無駄でしかないと思うのだが。「旧8号線まで出れば流れると思うから」と言っていたが、その人は旧8号線を使わずに会社に来る人。もっというと歩いて会社に来れる人。却下した理由がさっぱりわからないwwwww

仕方なくノロノロながらも会社に向かい、到着したのは出発して4時間後だった。ありえん。

ただこの日は快晴で清々しい日だった。その気候に救われた。

会社付近の道路状況が悪かった

その日1日会社で仕事をこなし、定時が過ぎ帰宅時間になった。が、会社周辺の道路状況が非常に悪く大渋滞。幹線道路を優先して除雪しており、生活道路(つまり脇道)は除雪されていないので、みんなが幹線道路に集まって来る。

いろんな要素が絡み合って、恐るべき大渋滞になっていた。

アイスバーンの上にガタガタの悪路

案の定、スタックする車が続出。

ガッタガタの悪路(サン二宮通り)

スタックするたびに救助する人が集まり脱出させる。の繰り返し。サン二ノ宮通りなんて交通量多いんだし、融雪装置くらいつけるべきだと思うんだが。是非改善していただきたい。

県外からの応援が見られた!

県外から除雪と自衛隊の応援が来ていたのだ。非常にありがたい話です。

金沢市の陸上自衛隊

金沢市の陸上自衛隊は、福井鉄道線路の除雪作業を行なっていたのです。僕が仕事から帰る21時ごろの話だから、相当長い時間を作業されていたんだと思います。頭が下がります。

岐阜からの除雪車

岐阜県からも除雪車が応援に来ておりました。遠路はるばるありがたい話です。

コンビニも食糧不足

コンビニにも商品が届かず、どこも品薄状態。

パンは全滅

おにぎりなどは少しあった

コンビニの陳列棚もこの有様。物流が停止してるから仕方ないんだけどね。スナック類や飲み物など、代替え品はいくつか種類が揃っていたのが救いでしたね。何かは食べれるのは今の時代だからでしょう。コンビニの有り難さがよくわかりました。

まだ豪雪を引き起こした時と同じレベルの寒波が来るとの予報もある。絶望感しかないが、なんとか乗り切りたいものです。

 

-日記/生活
-

Copyright© 鯖江人の飲兵衛ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.