瓜島温泉から馬飼の牧場&朝霧高原

Pocket

瓜島温泉での朝食後少しのんびりして9時半過ぎに出発。

宿の人に富士山が見れるところを聞いたところ

馬飼の牧場&朝霧高原!

と、即答された!富士山の麓付近にある高原なのだとか!

IMG_8661

瓜島温泉からナビをセットし、コンビニでコーヒーを手に入れて馬飼の牧場へ。国道139号線をひたすら富士山めがけて走って行くと到着する。瓜島温泉からは片道1時間程度のはずが、シルバーウィークということもあり渋滞。。。結局2時間弱くらいかかったかな。

気温が低く1つ1つが広大で、自然が多く牧場もアリということで、どことなく北海道に近い雰囲気を感じる場所。

IMG_8664

入場券を購入するところは長蛇の列。。(汗)

一瞬萎えかけたけど、娘の好奇心旺盛なキラキラした目をみたら後にはひけません。15分ほど待って入場券を購入。

馬飼の牧場でも障害者手帳が使えたよ!静岡県にある行楽地は、障害者に優しいところが多いのかもしれない。

IMG_8665

相当な数の人がいるのでしょうけど、めちゃくちゃ広大なのでそこまでの混雑は感じない。ただ、乗馬とか羊の散歩は超人気で3時間待ちがザラ!夜には鯖江に着いていないといけない、時間に余裕がない我々には無理とのことで、それ以外のことで楽しむことに。

まず行ったのがうさぎの楽園

IMG_8667

IMG_8670

IMG_8675

娘がうさぎ大好きで、ここだけは外せないと!人参の餌(100円w)を購入してうさぎにあげるのですが、いろんな人から餌をもらううさぎは満腹らしく、食べるのを拒否するうさぎもいたり(笑)

食べ過ぎなのでしょう。基本的に動きは鈍足(笑)

 

うさぎと戯れたあとはモルモットの広場へ!

IMG_8678

これは癒し系だよ〜

IMG_8686

IMG_8690

IMG_8680

膝の上に乗せて15分くらい戯れられるのだけど、おとなしくて暴れることも無く、表情にも愛嬌あるし、これは可愛いね。

IMG_8681

娘も超お気に入りで満面の笑顔で戯れて超満足そうな様子。乗馬とかは出来なかったけど、まぁまぁ楽しめた様子。良かった良かった♪

14時過ぎに馬飼の牧場を出て朝霧高原へ。再び国道139号線を走ります。観光客で溢れていてどこに行っても駐車場は満車。

馬飼の牧場へ向かう途中「もちや」を発見。お腹もすいていたし寄り道することに。偶然にも1台分駐車スペースが空いていたのがラッキーだった!

12006084_10200920869139453_5626026253237643920_n 12043139_10200920789777469_7491700782327996724_n

「もちや」は『餅屋』だった(笑)なぜここに餅屋?という疑問はありつつも大福や豆餅などお餅が売っていた。ただのお餅屋ならここまで人が来ないだろう。ここの人気の秘訣は、店の裏にある遊具なのだ!

めちゃくちゃ広いスペースがあり、遊具も豊富!30分と時間を決めて遊んだものの、ほんの一部でしか遊べないという。。でも、子供たちが満足そうだったのが救いだ(笑)

意外に時間を使ってしまい、再び朝霧高原に向けて出発。コノ時点で15時30分を過ぎていた。

IMG_8697

「もちや」から「朝霧高原」へは10分ほどで到着。

IMG_8702

ここの一押しは富士山の眺めとソフトクリーム。ソフトクリームは食べたけど写真はなし(笑)帰りの時間も迫ってきたので簡単に観光して、何枚か記念撮影した。

IMG_8711

記念撮影中、それまで全く姿を見せなかった富士山が少しだけ顔を見せてくれた!なんとも偶然の奇跡!

いちおう富士山も見れたし、十分に観光も出来たし、いざ鯖江に向けて帰路に立ったのです。山梨周りで帰ることも一瞬よぎったけど、来た道を帰るべく新東名高速道路から帰ることに。

139号線を新富士ICに向けて移動中、給油もして万全の状態に。この時点で17時。家に帰ると23時くらいかなーと思いつつ、高速道路に乗って一路鯖江へ。

しかし、そこからが長かったのだ、、、(泣)

 

(帰路編に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です