「microsoft」タグアーカイブ

SqlServer2008との戦い

SqlServer2008ExpressEditionは圧縮されたドライブにインストール出来ないんですねー。
けっこうはまりましたー(ーー;)

http://okwave.jp/qa/q4901438.html
http://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja/sqlserverja/thread/d6b53548-6819-4c46-a562-98bdfbc51602

【解決策】
ドライブの圧縮を解除すれば解消されますよ♪



Clip to Evernote

★ランキングに参加してます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へにほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

進化したIE9

IE9がリリースされました。
かなり進化して速度もかなり早くなってます。

個人的に一番感動した進化がこれ。

旧ブラウザのバージョンとの切り替えが出来るんです。
曲者のIE6は出来ませんが、IE7以降は対応できてます。

IE6はWindows7以降ならVirtualPCのXP modeを使えばインストール出来るから、
それと併用すれば、IEのバージョンテストもやりやすくなります。

IE6とIE7にはかなり苦戦してるから、これは良いね~!



Clip to Evernote

ハピーエコタウンプロジェクト
from 鯖江NPOサポート

↓ ランキングに参加してます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へ

PHP⇒unixODBC⇒SQLServer接続

PHPからpdo_dblibを使用して、unixODBC⇒SQLServerとつなぐ方法です。
必要となるライブラリは以下の通り。

  1. unixODBC(http://www.unixodbc.org/)
  2. libiconv(http://ftp.gnu.org/pub/gnu/libiconv/)
  3. php(http://www.php.net/downloads.php)
  4. freetds(http://www.freetds.org/)

私の場合は、すべてtarファイルから展開してインストールしました。
PHP→SQLServerと辿る経路としては、次のようになります。
PHP⇒unixODBC⇒freeTDS⇒SQLServer
PHPはcentosで動作しており、内部エンコードはUTF-8。
SQLServerはMicrosoftWindows系なのでSJIS。
必ず文字コード変換が必要になります。
※phpの文字コード変換は、mb_convert_encording()を使えばできますね。
文字コードにおいて、シナッと重要なポジションにいるのが、freeTDS!!
こいつが、SQLServerとPHPの間で接続して文字コード変換も行います(^v^)
<freeTDSの設定で注意が必要な場所>
/usr/local/etc/freeTDS.conf
[global]領域に、文字コードの指定が必要です。
charset = cp932
client-charset = cp932

この2つを追加しましょう!!
SJISだと、機種依存文字やMS拡張文字が変換しきれないので、cp932がお勧めです。
しかし、デフォルトの文字コード表示はcp932はありません。
cp932を使えるようにするために、libiconvが必要になります。
これで、PHP側ではUTF-8。DB側ではSJISの関係が成り立ちます。
メッチャはまったけど、解決したときはスッキリ(*^v^*)

VMWareでCentOS

JUGEMテーマ:コンピュータ

仕事柄、Linuxを使うケースが多いので、VMWarePlayerをゲットして、仮想環境でLinuxを試すことにしました。

社内でもWindowsが主流なので、自由に使えるLinuxPCとかって、意外にないんですよね。。。

最近は仮想環境技術も発達し、大量にあります。

こちらのサイトでいろいろ選べます。(英語ですが。。。)

WindowsもMicrosoftが出している、VirtualPCというソフトをインストールすれば、簡単にWindowsの仮想環境が出来ちゃいます。

手順的には以下のような感じです。

1.こちらからVMWarePlayerをゲット

2.今度はこちらからCentOS5.2をゲッチュ!

3.2でDownLoadしたVMWare用のCentOSを適当な場所に解凍。

4.VMWarePlayerで3で解凍したファイルにある、「.vmx」ファイルを読み込む

5.出来上がり♪

他にもやり方はあるみたいですが、上記手順が一番簡単です。

Non知識で出来ちゃいます。

ただ、初期設定が英語キーボードになっているのでご注意を!

日本語キーボードにするには

/etc/sysconfig/keyboard

ファイルの定義をUS→JP106に変更して、Rebootをかければ直ります。

インターネット接続ツール

JUGEMテーマ:コンピュータ

みなさん、パソコンを使っていらっしゃる方は、インターネットにつなぐことも多いと思います。

インターネットに繋ぐためのツール(以下、ブラウザ)って、実はいくつかあるので、ご紹介しますね。

ちなみにブラウザとは。。意味

使うブラウザによって、ネット閲覧の速度も違ってきます。

まずは、インターネットエクスプローラ(以下、IE)

これは定番ですよね。MicroSoftが作成したブラウザです。

Windows版のパソコンを買えば、必ず標準で搭載しています。

最近では、IE7.0まで進化して、タブ画面になりました。

システム屋的には、IE7.0のタブ画面は、相当曲者でしたが。。(--;)

あと、ポップアップブロッカーという機能もあって、それも曲者でした。

要は、ポップアップウィンドウをブロックする機能で、フィッシングやスパイウェアなど防止の機能です。

続きましては、Mozilla FireFox

最近3.0が公開され、話題になりました。

これもタブで操作します。

タブで操作する=画面が1つで操作できるということです。

IEと異なる点としては、拡張性が高いのと、なによりも軽いし早い。

IEは、MicroSoftが持ち続けているのもあって、拡張性がゼロに等しいです。

それに比べると、拡張性が高く、ユーザにとって使いやすいようにカスタマイズが可能です。

また、セキュリティも高いので、安心です。

以前は、僕も愛用していました。

続きましては、Sleipnir(スレイプニル)

これもFireFoxと同様で、カスタマイズ性が高いです。

ただ、FireFoxよりは少し重い気がしますが。。

基本的な機能は、IE準拠なので、初心者の方にも慣れやすいと思います。

RSSリーダーも標準で搭載されているので、お気に入りの情報をRSSで登録すれば、更新チェックも簡単にできます♪

続きましては、Lunascape

最近、僕が愛用しているブラウザです。

少々重いですが、慣れれば平気です。

これもFireFoxやSlepnirよりは劣りますが、カスタマイズ性が高いです。

RSSリーダーも付いています。

IE準拠なので、操作感はIEとほぼ同じ。

慣れやすいと思います。

他にもまだまだたくさんあるんです。

Opera、Safari、Chrome、NetScape・・・などなど

みなさんにとって、一番使いやすいブラウザが見つかるといいですね。

apacheの帯域制限

JUGEMテーマ:コンピュータ

今日は新しい技術を知った。

世界的に有名なWebサーバのapache。

MicroSoftのIISと肩を並べるくらいの機能を持ちながら、フリー(無償)で提供されている優れもの!!

世界的に有名なapacheやIISというWebサーバをもってしても、一極集中のアクセスには耐えられない。

特にメディアに取り上げられたりして、アクセス者が急増するとapacheは悲鳴を上げる。。(;;)

そういうときに、帯域を制限する方法があるらしい。

要は、アクセスできる数を制限しちゃって、溢れた人にはごめんなさい画面を表示する。

導入するのは「bw_mod」というapacheの拡張モジュール。→参考サイト

理屈的には、瞬間的な同時アクセス数が設定値を上回った場合に、ごめんなさい画面を表示する。

導入はいたってシンプルで、apache2に同封されているapxsというモジュールからインストールを行う。

wgetを使ってDownLoadしてきて、展開後、コンパイルするのみ。

apache2の拡張モジュールとして登録される。

下記コマンドを順番に実行するだけで導入は完了。

[コマンド]

# wget http://ivn.cl/apache/files/source/mod_bw-0.7.tgz

# tar zxf mod_bw-0.7.tgz

# cd ./mod_bw

# /usr/local/apache2/bin/apxs -i -a -c mod_bw.c

登録されたかどうかは、いかのコマンドでも確認ができる。

# /usr/local/apache2/bin/httpd -M

以下の場所にmod_bw.soが配置されているはず。

/usr/local/apache2/modules/mod_bw.so

httpd.confにもsoファイルがLoadされているはずで、あとは細かい設定をしてrestartを実行するのみ。

で、いろいろ設定してやってみた。。

とりあえず最大許容数を1にして実験。

予想では2つ同時にアクセスが来た時点で弾かれるはず。。

が。。。(泣)

全くアクセスが弾かれない。。。(|| ゚Д゚)

why??

なかなか面白そうなモジュールだなーと思ったけど、使うには一筋縄ではいかなそう。。

もう少しいじってみよっかな♪

ちなみに、いまはmod_bw方式は諦めて、MaxClientで制限する方式を検討中。

意外に奥が深いapache。

今後も進化が期待できるぜ(^^)