「line乗っ取り」タグアーカイブ

LINE乗っ取り。その後

LINEを乗っ取られた話は、以前しました。
その時の記事はこちら

その後、試行錯誤してなんとか復旧して、全てがリセットはされたものの、いまでは普通に使えてます。
復旧して普通に使い始めて数日後、LINEから1通のメールが届きました。

LINEおよび関連サービスをご利用いただきありがとうございます。
LINEカスタマーサポートです。

お問い合わせの件についてご案内いたします。

アカウントの引継ぎを行う場合には、LINEに登録されているメールアドレスとパスワード、もしくはFacebookアカウントの情報が必須となり、通常ご本人さま以外の第三者がLINEアカウントの引き継ぎを行うことはできません。

しかし昨今、他社サービスから流出したと考えられるメールアドレス・パスワード等を悪用して、別のインターネットサービスに不正ログインをするケースが増えています。
今回の発生した件につきましても上記同様に、他社サービスから流出したメールアドレス・パスワード等が第三者に渡り悪用されたものと存じます。
(以下省略)

つまり、乗っ取られたときにお問い合わせフォームからいろいろ情報を入力したわけですが、その情報をもとにしっかりとした調査をしてくれていたわけです。

乗っ取られた時は、正直セキュリティに対して不信感を持ったのも事実です。
でも、これだけ世界中から使われるアプリですから、世界中からセキュリティホールが狙われます。
1度セキュリティホールが見つかると、アッという間に世界中に拡散されます。
きっと、僕だけじゃなくて相当の数から同じような問い合わせが来ていると思います。

それを考えると、メールでちゃんとした調査結果と、再発防止のアドバイス付きのメールが来たのは嬉しかったです。
LINEは、きちんと対応してくれているんだ。と、逆に信頼感が湧きました(疑って、すいませんm(_ _)m

LINEからのアドバイスメールを読み解くとセキュリティに関するポイントは4つ。

1.メールアドレス
2.パスワード
3.Facebookアカウント
4.PINコード

お察しの方もいるかもしれませんが、1〜3は外部からのアクセスがありえるものです。
第三者がアクセスを試みれるもの。と言った方がわかりやすいかな?

4のPINコードは、外部からアクセスされる可能性は絶対にないそうです。
PINコードを設定していない人は、是非とも設定しておきましょう。

それだけでももちろん完璧ではありませんので、1、2も定期的に変更するなど、セキュリティ対策も必要です。

いつ乗っ取り犯に狙われるかわかりません。
乗っ取られた時の対処法を、チェックしておくのが最低限しておくべきことだと思います。

▼LINE乗っ取り対策
http://andronavi.com/2014/08/330714


国内最大級「GMOクラウド」のレンタルサーバー

iTuneのプリペイドカード購入のお手伝い?

はい。今流行のlineアカウント乗っ取りです。
見事に乗っ取られてしまいました(T_T)

ちょうど運転中に突然携帯が凄い勢いで鳴りだしまして。
普段静かな携帯だから、これはただ事ではないな。と想像しました。
いろんなことを想定して考えた結果、「もしかして乗っ取られた???」

と思って停車して携帯を見ると、乗っ取られてました(T_T)

いつもの誘い文句
いつもの誘い文句

乗っ取られたとしても、ログインしてパスワード変えちゃえば追い出せるだろう。
と、安易に考えていたのですが、実際になってみるとそうも簡単にはいかず。

まず、乗っ取られた瞬間に、登録しているメールアドレスかパスワードが変更されちゃいます。
その時点で、完全にこっち側が追い出された状態になります。
正直、ここでめちゃくちゃ焦りました。

考えうるリスクは2つでした。

・繋がっている友人知人全員に誘導メッセージが行ってしまう
・ラインスタンプが大量に購入されてしまう

幸いに、auのandroidはスタンプ購入のフローが(僕にとっては)非常に面倒で、設定していなかったので、スタンプの大量購入の可能性はありませんでした。

となると、危険なのはいろんな人にメッセージが行ってしまうこと。
もうかなり有名な事件になったので、察知する人が多いだろうとは思ったけども、やっぱり不安もあるわけで。
とりあえず、Facebookで乗っ取られたことを公表しました。
たぶん、これでだいぶ止めれたと思います。

あとは、どのようにしてlineに復帰するかです。

ログインすることが出来ませんので、手出しが出来ません。
とりあえずググッてみたところ、Lineに乗っ取られた時の問い合わせフォームがありました。

▼お問い合わせページ
https://contact.line.me/detailId/10557

lineのトップページからは正直、このページへの導線が分かりません。
ラインの公式サイトを探すより「乗っ取り line」で検索したページの方が早いです。

詳しくは以下のページに載ってますので、そちらをどうぞ。
http://did2memo.net/2014/06/17/naver-line-nottori-tsuho/

このお問い合わせも、入力することが多いのと、普段そこまで意識したこと無いこともあって、悩みました。
でも、ここまでの情報を収集しないと正しい対策が出来ないのだろうとは思います。
が、スマホからの場合は、もっと減らしてほしいなぁ ^^;

結局のところ、電話番号で再登録をするしか方法がなかったので、再登録したタイミングで全てがリセットされました。
リセットされたと同時に、僕に成り済ましていたアカウントは退出扱いになり、復帰完了です。
リセットされますので、友達や会話履歴などは全て消えます。

よくよく考えてみると、ポイントは以下の3つだったかな。と思います。

・メールアドレスを登録している
・PINコードを登録していない
・他端末からのアクセスを許可している

この3つを見直すことが、乗っ取り対策の第一歩かなと思います。

最近、lineの対策として、他端末からアクセスがあった場合は通知する仕組みを入れたそうです。
しかし、乗っ取られた時はその通知は来ませんでした。まだ完全に有効には効いていないようです。

犯人は台湾人という噂がもっぱらですが、乗っ取られるのは気持ち悪いことです。
今後は十分に対策しようと思います。

この記事を見ている方々も、いまいちど自分のアカウント設定の見直しをお勧めします。
乗っ取られると面倒なことしかないので、少しでもの対策を心がけましょう。


▼初期費用全額キャッシュバック!

初期費用全額キャッシュバック