「自閉症」タグアーカイブ

発達障害児の就学前「進路」無料オンラインセミナーの紹介。

発達障害児を持つ親向け。就学前オンラインセミナー

発達障碍児を持つ親が直面する就学判断。

どの学校に行かせるか?どの学級に行かせる?

それをテーマとした無料のオンラインセミナーがあるそうです。

https://butsuiku02.peatix.com/

僕も12年間非常に迷いました。迷いに迷って決断しました。

最終的な判断は親次第なのですが、判断基準が難しいです。

そんな悩みを抱えている親御さんは、視聴されてみてはいかがでしょうか。

ここからは、僕の実体験をもとにどう判断したかを書いていこうと思います。僕は基本的に”通常”という言葉が好きではないんですが、今回は便宜上使用しています。

発達障碍児の進路と選択肢

年齢とともに必ず義務教育をウケるタイミングが必ずあります。

そんなときに必ず発生するのが進路選択です

幼稚園や保育園からそのまま近所の小学校に進学できればよいのですが、発達障害児の場合は、そうもいかないときがあります。

進路選択は大きく3通り

発達障害児の進路選択は大きく3通りだと思います。

  1. 通常学級
  2. 特別支援学級
  3. 特別支援学校

1.通常学級

通常学級は、俗にいう”普通の”小学校です。1クラス●●人の中で集団で過ごすクラスです。多くのお子様方は、通常学級を選んでいると思います。

2.特別支援学級

普通の小学校には行くんだけど、通常学級とは離れて授業を受けるスタイル。集団が苦手だったりする場合に、このクラスを選択する方も多いと思います。最近では交流学習といって、その子にとって得意なところは、通常学級に混じって授業を受ける。ということもあるそうです。

3.特別支援学校

発達障碍児だけで構成される学校です。障害の重さや内容によって学校を選ぶケースもあると思います。たとえば知的障害なら自閉症・ADHDの子たちが集まる学校に行くだろうし、病的ケアが必要なお子さんの場合は、そういった学校を選ぶこともあると思います。

わが子は重度自閉症

わが子は重度自閉症(A1)です。4歳のころには診断されていました。保育園は近所のところを選び、なんとか卒園したものの、学校選びが待っておりました。

最初僕はあまりよく考えずに通常学級を考えていました。理由は友達の存在です。友達ができると変わってくるんじゃないか?と、思っていたからです。

いま思ってみると、息子のことを考えていない親の都合だけで考えていたんだと思います。最終的に少人数制の特別支援学校を選んだのですが、結果としては、その学校にしてよかったと思います。

決め手はとある先生のひとこと

候補としてあげていた小学校・特別支援学校の校長先生や教頭先生、市の教育担当の方々と相談しながら決めようとしていたのですが、最終的に僕の心を動かされたのは、とある先生の一言でした。

「学校はお父さんが行くんじゃないよ?子供さんの居心地で考えて」

たしかに。おっしゃる通りだと思いました。この一言で通常学級をあきらめ、特別支援学校への進学を決めました。息子は集団が苦手で一人を好むので、そもそもが間違えてました。

面談していただいた各学校の校長先生や教頭先生は、本当に子どもたちのことをよく考えてるんだなと思いました。(一部、あまり考えてなさそうな先生もいましたが 汗

結局のところ、人とのめぐりあわせなんでしょうけどね。

進路先に何を望むのか

結局のところ、進学した後に何を望むのか?が非常に重要だと思います。それは親御さんや子供さんによってそれぞれ考えが異なってくるところだとは思いますが。

「子供さんにとって」という部分もちゃんと考えてあげるべきかなと思っています。

オンラインセミナーで情報収集

冒頭で書いた通り、無料のオンラインセミナー形式での就学前セミナーがあります。悩んでいる方は、一度視聴してみてはいかがでしょうか。決め手となるヒントのひとことが見つかるかもしれません。

https://butsuiku02.peatix.com/

 

 

 

 

自閉症の息子ちゃん。11歳になる

094424

息子ちゃんが先日の10/28に11歳になりました。
清水特別支援学校 小学部の5年生です。

赤ちゃんの時は泣きっぱなしで、両親共々疲労困憊。
嫁さんが育児ノイローゼに陥る。。。orz

いま思うと、あの泣きっぱなしは、生まれた時点で脳が成長しきってなかったと思います。
あのころは、そんなことを考えている余地はありませんでしたが。

初めての子育てで、右も左もわからず、子育てと奮闘。
ちなみに、その時は自閉症とは気づいておらず。

寝返りは順調に成功!
お座りも順調に成功!
ハイハイは変則だけど、まぁ母子手帳の基準通りに始まる。
立っちも若干遅めだったけど標準内に成功!
言葉。。。出ない。

1歳児検診の時に、イエローカード。

078016

イエローカードの原因は2つ。
・言葉
・異様なまでの警戒心

でも、男の子は成長にばらつきがあるため、いったんは保留で。
とはいっても、親としては行動が気になるわけで。注意深く見るようになる。

検診でイエローカードが出た人には、保健師さんから連絡が来るようになります。

「その後、状況はいかがですか〜??」

という感じで。

2歳のときに、ほぼ自閉症がコミットされる。
コミットの決めては3つ。

・言葉が出ない
・自閉症特有の行動が見られるようになる

3歳のときにコミットされる。
コミットされた決め手は1つ。

・平谷子供発達クリニックで診断結果が出た!

僕の両親と嫁さんの両親。
両家の家族総出で診断結果を聞いた。
かなり重い空気だったのを覚えている。

その頃にも保健師さんからは連絡が来ます。

「そのあと、状況はいかがですか〜??」

という感じで。

その時の憤りは、保健師さんは聞くだけで、具体的なアドバイスが無いのです。
図書館で借りた本に書いてありそうなアドバイスしかないのです。

そもそも、自閉症の子を見たことが無い人にアドバイスが出来るはずもありません。
なので、我が家では保健師さんのアドバイスに耳を傾けることはありませんでした。
(この判断が良かったのか悪かったのか、いまでもわかりません)

保育園は”あすなろ保育園”へ。
決めては近所なのと、障がい児も受け入れてくれること。
園長先生が障がい児への理解が高く、すんなり受け入れてくれた。

いろいろ事件を起こした物の、なんとか保育園を卒園。

卒園間近に始まった1つめの関門。
学校選び!

通常であれば、自宅から最寄りの小学校に通うのが通例です。
しかし、通常学級に通えるような状態ではありません。

選択肢は、

・特別支援学級
・特別支援学校

の2つでした。

地元の小学校5校くらいと特別支援学校2校。
教育委員会の方とも何度も面談して。

最終的には「特別支援学校」を選びました。

選定基準は「子供のことをどれだけ見てくれるか」というところでした。
清水特別支援学校は、生徒数も少なく、息子ちゃんの性格にあっている学校だったのです。

結果的には正解だったのかもしれません。

息子ちゃんが成長したのもあるんでしょうけど、
学校にも先生にも慣れて、いい感じになってきています。

苦戦したトイレトレーニングからも解放されて。
苦節8年。ながかったけど、いまではほとんど失敗はありません。
失敗するパターンもわかってるので、注意が行き届いてるのもありますが。

自閉症とわかったときは、急成長を望んでいたのもありますが、
いまでは、そこまで強くは思いません。

成長させようと思って成長する物でもないし、
本人が嫌がることをやってもストレスになるだけです。

本人なりの歩幅で本人なりのペースで歩んで行くのを見守るだけです。

とりあえず、おめでとう。息子ちゃん!

098863

▼自閉症かな?と思ったら。自閉症を知りたかったら。

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

新品価格
¥1,728から
(2014/10/31 00:32時点)

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)

中古価格
¥1,840から
(2014/10/31 00:32時点)

▼自閉症とか介護とか。お仕事探しはここで。


障碍児を受け入れられた訳

前回の記事で振り返りを言っておきながら、早速全然関係ない記事と言う(笑)
今日は、この記事が書きたいのです。

我が家には、国指定の特別児童である重度な知的障害児がいます。
今年で10歳になりました。
正直、平坦な10年ではありませんでした。

産まれて数年は、1日中泣きっぱなし。
トイレは3歳からトレーニングを始めて、今年やっとトイレの自立に成功。
食事も自分ではこぼしすぎるので、介助が必要
・・・

と、まぁ、いろいろありました。

いま思ってみれば、産まれた時点で0歳ではなかったかなと。
0歳にも満たしていなかったと思います。

2013年の今年、いろいろ通年してやったこととは別に達成したこともあります。
それは、息子との接し方がわかった。ということです。

正直、去年までは、息子のことが理解出来ず、受け入れているようないないような、曖昧な感じでした。
息子だし、笑顔かわいいし、粗末な扱いをした訳ではないですが、心の中でしっくり来ていなかったというか。

でも今年、ついにその辺りが心の中で落ち着きました。
そして、なぜこれまで理解出来ず、曖昧だったかの理由も。。。

理由も単純ではなく、多重なのです。

1.本能と理性の乖離
ここは結構重要なポイントです。自閉症の子(人)は、基本的に理性がありません。
全ての行動に置いて本能に忠実なのです。
一方の大人と言えば、理性を育て上げられているので、理性で接しようとします。

本能は、条件反射とかと同じで、無意識で行います。
理性は、真逆で意識的に行います。

ここに大きな乖離が発生しています。

つまりは、本能で来ていることを、理性で理解しようとするから難しいのです。
本能で来ていることを、いったん受け止めてあげれば良いのです。
いったん受け止めた上で、その是非を判断して促してあげれば良いのです。

2.自分の過去との重ね合わせ
これは完全に盲点でした。かつ、自分の悪いところでもありました。
知らず知らずのうちに、自分の子供時代と重ねている自分がいました。

『自分の子供の頃がこうだったから、この子もきっとこんな感じだろう!』

と思っているところがありました。
が、全然違いました。

子供は子供なのです。別次元の人間なのです。
自分の過去や枠に当てはめてはいけないのです。
その子という存在を受け止めてあげないといけません。

自分の過去との重ね合わせを止め、その子を個人として見るようになってから、随分と楽になりました。

3.息子のことが理解出来てきた
仕事を理由にするのは反則かもしれませんが、これまではあまり注視してきませんでした。
でも、これまでも書いたように、今年1年、じっくりと見てきました。

その結果、1や2のことに気付き、息子のことがわかってきました。
同時に、嫁さんが背負ってきた苦労も。。。

あと、(独断ですが)人間が生きて行く上での、いろんなバランス関係も。

その辺りが理解出来た時点で、かなりスッキリしてきています。
(↑これも、理性なんですけどね)

たまに、周りの保護者の方から、接し方について相談を受けることがあります。
相談内容を聞いていると、多分にして、これまでに書いたことでつまづいている感じがします。
(もっと深いところがたくさんあるのかもしれませんが。。。)

僕個人的には、社会人でありビジネス人であり経済活動に忙しい毎日です。
しかし、息子の生き方を見ていると、本当にその活動が必要なのか?と疑問を感じることがあります。

もっとゆとりを持って生きても、生きられる術があるのではないか?

そういう新たなる疑問と言うか課題というか。そういう考えに行き着きました。
日本にいる以上は、納税義務もあり労働の義務もあるので、働かないといけませんが、忙しすぎる社会ってどうなの?
とも思えるようになってきました。

障碍児を受け入れられたことで、新たなる発想が浮かんできそうです。
若干36年ですが、これまでの人生において想いもよらなかった発想が。

こういう人生も、なんか面白いな。と思えた2013年終盤です。

その瞬間は重くて苦しいですが、過ぎてみて振り返ってみると、いろいろ見えるもんですね。



娘に小学校入学の案内が来た。

幼稚園に入園して早3年。1年1年着実に成長を続ける娘ちゃん。
最初は幼稚園ではっきり言えず、モジモジちゃんだったけど、いまではハキハキと喋れて教室でもお姉さん役のしっかりさん。

そんな娘ちゃんに、来年から通う小学校から、事前説明や健康診断の案内状が届いた。

我が家には10歳になる息子ちゃんがいるのだが、6歳の時点で重度の自閉症であることがわかっていたので、案内状が来なかったのです。
まだこの時期ではどこの学校に行こうか?と悩んでいた時期だった気がします。

息子ちゃんの学校探しは苦労しました。

・鳥羽小学校
・惜陰小学校
・進徳小学校
・吉川小学校
・鯖江東小学校
・福井南養護学校
・清水養護学校
・南越養護学校

※当時はこの小学校の特別支援学級が良いという噂がありました。
※今はわかりません。

これだけ回って、息子ちゃんに一番適している学校はどこか?と探しまわったのです。
結果、彼の性格的に一番適しているだろうと思えた、清水養護学校に決めたのです。

そんな苦労もあったからか、今回の案内状をもらった感想は『なんて楽なんだ』でした。
案内の通り学校に行って、言われるがままに手続きをすれば、着々と入学の準備が整います。

息子ちゃんの時に、学校を決める時、なんでそんなに大変そうなの?と言われたこともありましたが、
「これだけ簡単なら、それはそう思うわ!」と納得出来ました。

幼稚園の卒園式までには、まだ遠足とか発表会とかありますが、楽しんでほしいなぁと思います。
娘ちゃんの夢を叶えられるように、お父ちゃんは仕事に頑張るのであります!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へ

夏の北海道2日目(定山渓→余市→積丹→小樽)

定山渓温泉 定山渓ホテルでの目覚めは、寒さでした。朝の定山渓温泉の気温は25度!
パンイチで窓全開で寝てたので、寒いはずです(^^;)

2日目の予定は、姉の住む余市へ。
定山渓からは朝里山を経由していきました。
なぜ朝里山かというと。。ナビが連れて行ってくれました(笑)

山道なんだけど、コーナーが滑らかなので、非常にスピーディーに走れるのです。
日本で唯一ラリーが開催されたのが北海道。というのが、納得出来ました。

朝里山から小樽に抜け、余市へ。
余市へは海沿いの県道を走り、一本道です。
KIMG0256

姉の新築を拝んで、義理の兄のオススメのお寿司屋さん、新家寿司へ。
超人気店らしく、お客さんでいっぱいでした。
IMG_3559

IMG_3556

IMG_3558

事前に、姉にオーダーをしておいたので、注文もスムーズでした。
北海道といえば、海鮮を省くことは出来ません!

姉にオーダーするときに、控えめに注文しておいたのですが、
義理の兄の粋な計らいにより、かなりレベルアップしてました!

■新家特上寿司
IMG_3560

■ミニいくら丼
IMG_3562

いくらが大好物な娘のオーダーでした。
全然ミニじゃないしw

■ボタンエビ
IMG_3563

こちらは、1貫600円もする高級寿司です!
プリプリでほっぺが落ちそうでした(死語?)

お寿司を十分に堪能した後は、余市(義理の兄)の実家へ。
かれこれ10年以上お会いしていないということで、是非行きたいという両親の願いでした。

義理の兄の実家は、さくらんぼ農家なのです。
IMG_3566

ちょうど収穫の時期に重なったこともあって、大粒のさくらんぼを頂きました(^^)
甘すぎず酸っぱすぎず。とっても美味しいのです(^^)
福井ではあまり見かけないような。。。(知らないだけかな?)

義理の兄の実家でご挨拶を終え、次の目的地へ。
片道30分くらい。と聞いていたので、大したことないかなー。と思っていたのですが、北海道は別格でした。
そこそこアクティブに飛ばしての30分でしたw

でも、道が広く、コーナーが緩やかなので危険な感じはありませんでした。
久しぶりに血が騒いだというか。。w

途中で、山中農場でピットストップ。ここのソフトクリームが絶品なのです。
IMG_3569

10分ソコソコの滞在で、即次の場所へ移動!
運転手だけ食べ終わってれば、行けますもんね(^^)

で、本日の最終目的地「トンデンファームホピの丘
IMG_3581

IMG_3582

ここでは、動物たちと触れ合うことが出来るのです。
子どもたちは、ビビりながらも餌をやったりして、楽しんでいました(^^)

姉夫婦の子どもたちと、家の娘も直ぐに仲良くなって、一緒に遊んでました。
息子は「孤独」を愛するので、自分なりの楽しみ方で楽しんでました(^^;)
IMG_3573

P1020214

ここで試食したのが「石狩川ベーコン」あまりの美味さにビビリました!

買って帰ろうとも思ったのですが、商品が提示する保存条件を達成できずに断念。。(-.-;)
鯖江に帰ってから、直ぐに楽天だ買いましたけどねw

ホピの丘を十分に満喫して、2日目の宿「小樽グランドパーク」へ移動したのです。
2日目も終わったかな。。。とおもった矢先!

小樽のオバサンから夕食のお誘いが♪
チェックイン早々タクシーで指定の居酒屋「庄坊番屋」に向かったのです。
KIMG0262

IMG_3590

有名人も多数来店している有名店。旅の疲れも吹っ飛びましたw
ここでも、北海道グルメ三昧!締めにはお寿司でした(^^)
KIMG0263

苦しいくらいにたらふく食べて、大満足でホテルへ戻ったのです。
戻って2分後には、娘は寝てました。よほど疲れたのでしょう(^^;)

この日も、自閉症の息子への配慮が多々あって、感謝を感じるところがたくさんありました。
「自閉症」というものを理解してくれて、それを踏まえて接して頂けることは、非常にありがたいのです。
『心の暖かさ』を十分に感じ取ることが出来ました。

3日目は朝から恵庭市に移動する予定だったので、早々に眠りに付きました。

(3日目に続く)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へにほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ

夏の北海道1日目(鯖江→富山きときと空港→定山渓)

2ヶ月近くも放置してしまいました。
ごめんなさい。

今年の夏に北海道に行ってきたのです。
予定は3泊4日。

普段旅行の計画や段取りは僕の担当なのですが、北海道ともなると悩む悩む。。
滅多に行けないし、行きたいところは多いしで。。w

で、悩みに悩んだ結果で、次のプランとしました。
姉に会うという最大の目的があったので、必然的に小樽よりのコースになりました。
大人4人、子供2人の6人の旅です。

<日程表>
1日目:鯖江→富山きときと空港→新千歳空港→定山渓温泉
2日目:定山渓温泉→余市→積丹半島→余市→グランドパーク小樽
3日目:グランドパーク小樽→恵庭市えこりん村→ノーザンホースパーク→新千歳
4日目:新千歳空港→富山きときと空港→鯖江

富山空港を選んだ理由は、帰りの時間。
■小松空港の北海道便時刻表
komatsu
※小松空港のホームページより引用

帰りの小松着が20:15と遅めの時間なのです。
大人だけならまだしも、子供も一緒だからさすがにシンドイかなと。

■富山きときと空港の北海道便時刻表
toyama
※富山きときと空港のホームページより引用

富山きときと空港は、帰りが13:50と時間的に余裕を持って鯖江に帰れます。
ということで今回は、富山きときと空港を利用しました。

IMG_3550

天気は晴れ。飛行機初体験の子どもたちはテンション高めでした(^^)

行くときの不安事項は1つ。
息子が自閉症なので、北海道まで無事に落ち着いて行けるのか?

航空会社やCAさんにも事情を説明して、最大の配慮をして頂けました。
あと、普段通学バスで通ってるので、1時間くらいなら難なく乗っていられるようになってました!
日々の鍛錬の成果が出てますね(^^)

着陸10分くらい前に、少し不機嫌になったりもしたけど、事情を知っていたCAさんが気を使ってくれて、難なく着陸となったわけです。

IMG_3551

フライト中は、特に気候が荒れることもなく、極めて穏やかでした。
娘もノリノリで飛行機初体験を楽しんでいたようです。

新千歳空港に到着して、予約しておいたレンタカー屋さんへ直行。
さすがに観光地。という感じで、レンタカー屋さんがたくさん並んでました。
借りたのはVOXY8人乗り。ゆったり乗れて、ピッタリのサイズでした。

その日はそのまま定山渓温泉へ直行。
初日の宿は定山渓ホテル
IMG_3552

ユーザ評価があまり高くなく、不安もありましたが、無難な宿でした。
ここでも自閉症の息子のことを事前に伝えてあったので、最大限の配慮をして頂けました。
大変ありがたい限りです。

IMG_3553

IMG_3554

夕食のバイキングが少々口に合わず、残念な部分もありましたが、値段的なところも考えると妥当な感じです。
夏休みということで、花火も見れたし、総合的には満足のいくホテルでした。

その日はゆったり温泉に浸かり、アサヒの生ビール(笑)をたらふく飲み、そのまま寝ました。

(2日目に続く)

二言目には薬は飲んでますか?ってどういう意味?

息子は自閉症なので、学校だけじゃなく児童デイサービスも利用しています。
それ以外にも療育センターで療育も受けています。

そこで共通していることが「薬」

自閉症は脳に障害があって神経伝達に異常があると言われています。
つまり、脳波が安定していない。ということになります。

それに伴って情緒とかも不安定なので、毎日ほぼ一定の行動をすることがありません(うちの子の場合)
季節によって、体調によって、理由はよくわかりませんが不安定な時があります。

そんな状態で児童デイサービスに預けたりすると、必ず「薬」のことを聞かれます。

僕は息子に「薬」を与えない方針です。

確実に効果のある「薬」があるわけではなく、いろんな薬の実験台になり、行動とか症状のデータも収集される。
副作用もあってそれによる弊害も生活上で出てきたりします。

そういった経緯もあって、別に「薬」でみなと同じように合わせる必要もなく、できる限り平和で安定した空間を作るように努力したほうが、本人にとって一番良いのでは?と思うからです。

とはいえ、言葉が話せない彼には、目に見えないストレスが溜まります。
意思伝達が思うようにできないから。

なので、時間があるときには彼が好きそうな場所に遊びに行って、思いっきり遊ばせる。
それが一番体に負担なくいいのかなと思っているからです。

ちょっと普段と違う動きをしたり、多動が多かったりすると「薬」に頼らせる。

児童デイサービスに迎えに行くと落ち着きがなかったりで迷惑がられることもしばしば。
そういう児童を見るためのサービスであり仕事であるはずなのに。

スタッフさんも人間で悪気はないんでしょうけど、イラッとします。

今日のYahooニュースに自閉症の脳に効果が出そうな発見があったとの記事がありました。
実際に効果が出るシロモノだといいですね。特に期待はしていませんが。。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121127-00000008-mai-soci


☆鯖江人のエンジニアブログ

Clip to Evernote

★ランキングに参加してます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へにほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ