「初心者登山」タグアーカイブ

文殊山 二上コース

2020/6/7(日) 快晴

文殊山 365m

会社の同僚たちと4人で文殊山に行きました。

メンバー構成

  • おれ:登山レベル3
  • 同僚A:登山レベル1(趣味:チャリ
  • 同僚B:登山レベル1(趣味:散歩
  • 同僚C:登山デビュー(登山願望あり

僕以外の2人はつい最近文殊山(大正寺コース)の筆おろしは終わってます。

比較的なだらかな大村コースにしようかと思ったのだけど、駐車場のわかりやすさで二上コースを選択しました。

広いしわかりやすいですからね。

二上コース駐車場 7:30

7:30に駐車場に到着した時点で満車!

さすが人気の山です。

軽く準備を進めながら同僚たちを待ちます。

10分ほど待ったところで赤いFitが到着。

全員揃ったところで出発!

今回は膝の違和感をかかえてたのでポールを使って超のんびり作戦です。

登りで写真を撮らなかったので、タイムスタンプ時間が不明です。

二上コース登山口

これは帰りに撮影しました。

4人仲良くのんびりと登っていきます。

同僚A~Cはダラダラと続く登りに息切れ半端ない感じでした。

僕はポール使ってノンビリ作戦なので、そこまでキツくもなく。

マイペースで登っていきます。

時折お花が咲いていて心を癒やしてくれます。

二上コースからの眺望

二上コースを歩いていると見れる眺望。

眺望が嫌いという人は少ないはず。

毎回通るたびに反射的に撮影してしまいます 笑

小文殊通過

小文殊で5分ほど小休止。

今日はなんだか全然足の調子が出ません。

いつもなら開始5分程でエンジンかかってペースがあがるのに。

一向にペースが上がる気配がありません。

膝痛は全然気にならないんだけど、足全体が重いというか。

VAAMで栄養補給して体に刺激を与えてみました。

タイツを新調したからかな??原因不明です。

ここ最近の山登りでは、ぶっちぎりの大不調でした。

大文殊到着

展望台で1枚撮影だけして大文殊に向けて出発

5分ほど歩いて到着です。

白山がバッチリ見えました!!

コーヒータイム

お湯を沸かしてコーヒータイムです。

取っ手付きの鍋を好日山荘で購入しました。

アルコールバーナーはいまいち使い勝手が良くなくて。

いまの燃料を使い切ったらガスに変えようと思います。

【使いにくいポイント①】

アルコールの追加が非常に不便です。

可燃性アルコールで着火しやすいので、日が燃えている間に追加するのが非常に危険です。

【使いにくいポイント②】

五徳の幅が広すぎて、小型鍋だと直火になります。

鍋の取っ手部分まで火が届くので、非常に熱くなります。

【使いにくいポイント③】

アルコールバーナーに入れた燃料は必ず使い切らないといけません

必要な分だけという調整が不可能に近い。

残したまま下山すると、こぼれてアルコール塗れになりますww

ふくろうに出会えたよ

文殊山の隠れた名物「ふくろうさん」に出会えました

癒やされるよね!

1時間ほどたっぷり休憩して、奥の院に行かず下山します。

下山開始

ところどころお花を撮影しながらノンビリと下りていきます

足取り軽く歩く同僚たちを隠し撮り 笑

ヤマツツジ?

名前は知りません

緑が濃くて気持ち良い

緑と青のコントラスト。このビューが好きなんです

リスがいたよ

道中にリスの置物が。こんなのあるなんて全然しらなかった!

最初パッとみたとき、ピ●チュウかと思ったのは内緒ww

ピンぼけしてるけど(><)2体ありました

下山完了

11時過ぎに下山完了。

のんびり登って、のんびり休憩して、のんびり下山したので、特に疲労もなく

いい汗かいたーって感じでした。

このあと、お風呂入りに行ってご飯です。

お風呂とご飯の時間のために、1時間休憩したのでしたww

登山は楽しまないとね♪

【訃報】初代ザックお亡くなり

ウォーキングの延長で始めた山登りですが、始める前に買った500円のザックが壊れました。

半年くらい使ったかな?500円で半年なら良いほうなのかもしれません。

今後登山はずっと続ける趣味にしたいし、ちゃんとしたザックを買おうと思います!

購入報告は後日。

南越前町 ホノケ山に挑戦

2020/5/30 (土) 快晴

ホノケ山 737m

どんどん登山意欲がわいてきていて、快晴ときたら登山しか選択肢がありません。

今回挑戦したのは、福井県南越前町にあるホノケ山

いろんな方のブログを読んだところ初心者向けのように見えたので決めました。

奥野々 第2登山口

ウィキペディアを見ると登山口は3つあるそうです。

奥野々 第2登山口から登ることにしました。

鯖江の自宅を出て国道8号線を南下。国道365号線に入り敦賀方面に走らせると南条付近でホノケ山に向かう交差点に差し掛かります。案内看板に導かれるように進み、ホノケ山登山口の看板から林道にはいります。

この林道の終点に駐車場があり、そこに車を停めて登山開始です。

この林道が車幅が狭く、対向車が来ないかヒヤヒヤものでした 汗

途中道幅が広くなっている場所があり、対向車とのすれ違いは出来るけど、下からも上からも車が来ているかどうか見えないので非常に緊張しますw

駐車場は5~6台駐車可能です。

登山開始 8:33

駐車場でもろもろ準備して登山開始。今回はトレッキングポールを使用して4本足作戦です。

実は先日登った文殊山から右膝に少しだけ違和感を感じてまして。

負担を減らしたいのと、歩き方を工夫したいのとあってポールを使用しました。

★今回の歩き方のポイント★

  • 登りは小股で
  • 序盤はペースを落として
  • 膝から踵に負荷がかかるように
  • 息が切れないようにペース調整

三十三間山に登ったときに受けた指摘で、僕は歩くのが早いそうです。

序盤からウォーキングのような歩き方をするので息が上がるのが早い。

結果的にバテるのも早い。

また、全力で膝で登るので膝が疲れやすいとの指摘も。

このあたりを改善するために4つの改善点を定めたのです。

ミツバチの巣 8:44

最初のポイント、ミツバチの巣

みつばちの巣はありませんでした。

ホントに巣があったら怖くて通れないよねww

瓜生野方面分岐 8:54

登山開始から20分で瓜生野方面への分岐に到着

ここまでは特に息も上がらず膝への負担も感じず良いペースで来ています。

そよ風を感じながら新緑の樹林帯を気持ちよくテクテクと歩いていきます。

切り通し 9:03

切り通し看板からは、U字になった道を登っていきます。

数百年にわたり人馬が通ることによって出来た道だそうです。

自然と歴史の賜物ですね。

巨大な気が倒木している箇所もあったけど、難なく通過。

樹林帯が涼しくて非常に歩きやすい

佐々布光林坊墓跡 9:31

ここまで特に急登もなく順調そのもの。足の疲労もなくほぼ休憩無しで来ています。

水を一口飲むために止まる程度で、休憩らしい休憩はとっていません。

ここをすぎると、残り1000mの看板が出てきます。

林道休憩所 9:35

山頂へ向かう道の手前に、林道と合流して休憩所があります。

ここからの眺めが最高で、特に疲れていなくても休憩したくなりますww

眺めを楽しみながら写真を撮り、たばこを1~2本を吸って小休止。

気温があがってきて多少暑さはあったものの、足や心配は全然余裕の状態でした。

休憩所出発 9:43

いろんな方のブログを拝見すると、誰しもがここからの急登を書かれています。

少し気を引き締めて、塩レモンタブレットを口に含んで出発。

残り300mからが少しだけ急登でした。

何度か立ち止まったりしたものの、なんとかクリア。

まだまだ脚力足りないなー。。

急登を登りきったところで栄養補給して山頂に向かいます。

300mからの急登を登りきったあとはたいしたことありません。

山頂到着 10:18

無事に山頂到着です!やった!超嬉しい!!

山頂からの眺めが最高で、白山もばっちり拝めました!

反対側には日本海?

眺めを楽しみながら菓子パンと珈琲で30分ほど休憩。

山頂には先客・後続者含めて5人ほどでした。

十分に休憩したし、最高の眺めに別れを告げて下山開始

フカフカの登山道が楽しい

枯れ葉の絨毯の上を歩いている感覚で非常に歩きやすい。

サクサクと音も出るので非常に楽しい道です。

日陰たっぷりの切り通しを歩いて下山します。

登山口到着 12:21

下りも林道の休憩所で無駄に休憩しましたがww

無事に下山完了。

いままでの登山で一番楽しい山登りになりました。

眺めという栄養剤は最強だと思いました 笑

越知山(おちさん) で修行登山

5/2 快晴 越知山(おちさん)

GWが始まったけど自粛ムード全開でどこにも出かけられない。山登りも人気の山は人との密集を避ける必要があり、時間差にしたり人気の山を避けたりと工夫が必要。

朝6時に目が開いたので山に行くことに。三床山か武衛山か越知山かで迷って、初挑戦の越知山に行くことにしたのです。ヤマップやいろんな方の山レポを見ると、片道2時間半のロングコース。これまで片道1時間以内の里山しか経験していないので、自分の限界を知るべく、トライすることにしたのです。無理はしたくないので途中撤退アリも覚悟して、行けるだけ行く方針で。

結論から言うと、かなりバテバテで自分の体力不足・筋力不足・メンタル不足を痛感しましたね。良い経験になりました。

越知山とは

越知山は福井市と越前町の境にある山で、泰澄大師が開山したとされる信仰の山です。泰澄大師が開山したとされている越前五山の一つです。登山ルートは4種類あります。

小川コース

越知山の修行僧が修行のために登るルートとして使われた道で、片道2時間30分はかかるロングコース。まさに修行w

木の実谷コース

出発点は小川ルートとほぼ同じだけど、上級者向けコースです。自信が無い人はやめましょう。

花立峠コース

展望台があり、白山が見えたり眺望が楽しめるコース。

尼ケ谷コース

山頂の手前まで車でいける、超楽々コース。山頂手前の駐車場までの道路が細いので注意。

朝食とトイレ対策

朝食とトイレ対策でコンビニに立ち寄ったのだけど、コロナ対策でコンビニのトイレが使用禁止(T_T)いろんな方の山レポでもよく書かれていますが、山に行く前のトイレ対策は非常に重要なのです。いつも登っている山ならなんとか我慢もありえるけど、今回は初挑戦の越知山だし、片道2時間30分以上は歩き続けるしトイレ対策は必須なのです。僕の場合、タバコが便意促進剤の役目を果たしていて、朝食を食べてからタバコを吸うと、たいてい数分後に便意を催します。(便利な身体w

朝食だけコンビニで調達して食べた後、タバコを吸ったから、いつもどおり便意を催したわけだけど、ファミマ・ローソン・セブンイレブンのどこに行っても使用禁止..非常にまずい…トイレが無かったら緊急帰宅もアリ得たのだけど、道の駅のトイレが使えたので事なきを得ました。トイレ大事!

朝食も済ませ、便意も解消して準備万端。越知山登山口へ向かいます。

越知山登山口 小川ルート

登山口の目印である「奥糸生多目的集会施設」は、Yahooカーナビでは出てこなかったので、住所「丹生郡越前町上糸生11-3」で検索して向かいました。海水浴に行くときは別の道を通るし、山登りをしないと通らない道です。

1~5合目

午前7時前(6:58)に登山口に到着して登山開始。今回から虫除けを持参してます。

登り始め早々からキレイな白いお花が出迎えてくれます。まだまだ体力的に余裕です。

一合目に到着。朝が早いためか誰もいません。先客の車は1台だけでした。

比較的なだらかな登山道で淡々と登っていきます。気温も高くなく快適。

2合目手前で林道に合流。分岐を迫られます。

はしごを登るルートと林道を歩くルート。予習済みなので当然林道へw

首からデジイチをぶら下げてるし、余計な体力使いたくないし。無謀な挑戦は無用です。

2合目に到着。このあたりから汗が吹き出してきました。汗を拭きながら少しずつ登っていきます。まだまだ先が長いので、焦らずノンビリぼちぼちと。淡々と登ればまだ大丈夫な範囲。

3合目に到着。ここから徐々にふくらはぎと心肺が辛くなってきた。細かく小休止をはさみつつ登っていきます。

4合目到着(7:42)。出来る限り一定のペースで歩くことを心がけながら、ボチボチと登っていきます。ここから急登部分が足に堪え始めます。ここまで約40分。シンドイのはあったけど、まずまずのペースを維持できていたので、少し自信を持つ。先に進みます。

5合目到着(7:51)。3合目くらいのときは「まだまだある。。(><)」という心境だったけど、5合目まで来たら「半分コレた!」という気持ちに変わり、体力的にはキツイけど、気分的には兆しが見えて前向きになった。

木の実谷コース合流点。ここから虫が一気に増えました。小休憩兼ねて持参した虫除けスプレーを足と腕に噴射。見事なまでに虫が近寄ってこなくなり効果覿面。虫除けスプレーすごい!

合流点から先に唯一のロープ場があり急登が出てきます!

初のベンチ(8:09)。メチャクチャ疲れてたので、5~10分の小休止。

この小屋を左に50mくらい行くと独鈷水です。独鈷水への道は細くて少しだけ急です。

 

正規ルートに復帰して登山再開。ここまでで約1時間。

6合目~山頂

ハァハァゼェゼェ言いながら登っていきますが、かなり小休止が増えました。足が重く呼吸もシンドい。僕の体力的には、まだ片道1時間分しかないことがわかりました (笑)

正直このあたりから途中撤退も頭によぎったんだけど、急登を過ぎてから訪れる平坦な道が『逃げたらダメだよ』と天使の声に聞こえて、ローペースでありながらもボチボチと登っていきます。

七合目手前にある鉄塔。基本迷いにくい道なんだけど、唯一ここが迷いました。

鉄塔を回り込むように右折していくと登山道に復帰します。

7合目到着(8:39)。正直この時点でバテバテ。暑さはたいしたことなかったんだけど、長くて。ローペースなんだけど、一応1時間40分くらいで来れてることに驚くw少しテンションが上って元気が出ました。

8合目到着(8:45)。7~8合目は比較的余裕だったような。気のせいかな?

8合目を越えてから待っている急登が一番きつかったです。止まりまくり (笑)

心肺よりも足がキツかったですね。一気に登りきったほうが良いのはわかるんだけど、止まっちゃう。

トボトボと登り続けて9合目到着(9:04)。ここまで来たらあと少し。

気分的にも晴れて足取りも軽やかに進みます。

この階段を登りきったら、ほぼゴールです。

 

越知神社到着。ゴールが見えた瞬間、疲れが消えたように感じるのなんでだろ?w

奥の院。越知山の山頂到着(9:14)。2時間14分でした。

登山口のコースタイムは2時間30分だったので、いちおう標準タイム内で登ったことになる。

これは大きな自信になりました!!!

なお、越知山の山頂はau圏外です。

越知山の山頂からの眺望はイマイチ。木に囲まれてるのでパノラマ眺望は望めません

念願の山の上でコーヒー

念願だった山の上でのコーヒーが出来たのです。

アルコールバーナーでお湯を沸かしてファミマコーヒー完成!!

ダブルメインがメチャクチャ美味しく感じました ^^

いやー。念願達成に感動もひとしおです。

栃の木

樹齢千年以上とも伝えられているという立派な栃の木。

展望できない展望台

展望台の看板があって行ってみたけど、全く展望できませんでした(泣)

この展望台はなんなの?詳しい人教えてー

下山開始

ノンビリ休憩もしたし、午前中には家に着きたいし下りも2時間位かかりそうだから下山開始(9:56)。

行動中に手に持っているお水を満タンのボトルに交換しています。

独鈷水近くの小屋で休憩を取りたかったのだけど、先客がいたのでパス。

座りたかったけど、密集したくないからね。敢えてパスしたのです。

下りは5合目から先がきつかったです。

気温が上昇してきて水の消費が早い。4合目まで下ったところでバテバテでした。

登山道から時折みえる眺望がビタミン剤代わりw元気をもらいながらゆっくりと下ります。

最後の最後に待ち構えている登り返しが超つらい (T_T)

なんとかかんとか、ボチボチトボトボと歩き続けて下山完了(11:35)

下りは1時間30分ほど。無事下山できたことに感謝。

越知山の感想

登り:2時間14分

下り:1時間30分

距離:10km(ヤマップより)

過去最高の山登りになり、良い経験となりました。

良かったこと

  1. 虫除け必須
  2. 登頂して目標達成
  3. 山コーヒー出来た

悪かったこと

  1. 水がギリギリだった
  2. 完全にバテてしまった
  3. 眺望が少なくて残念

装備