旅行記/ドライブ

東京 家族旅行 最終日

投稿日:

Pocket

最終日も超快晴

今回の東京旅行は本当にお天気に恵まれた。初日から最終日まで見事な快晴。これも普段の行いのおかげだなw

ヒルトン東京ベイから

最終日は帰るのみの予定だったが、ニュースでGWのUターンラッシュが始まりつつあるというのを聞いていたので、少し不安でもあった。

帰るルートを決める

舞浜から鯖江までのルートは大きく5パターンある。

  1. 舞浜→首都高→東名高速→北陸道→鯖江
  2. 舞浜→首都高→新東名高速→北陸道→鯖江
  3. 舞浜→首都高→中央高速→北陸道→鯖江
  4. 舞浜→首都高→関越道→上信越道→北陸道→鯖江
  5. 舞浜→首都高→関越道→北陸道→鯖江

最短ルートは1番の東名高速を使うルート。ただ、行きが新東名を使ったので、使いたくなかった(笑)

中央道は山が多く過去に使ったこともあったので却下。ということで、関越道経由で帰るルートをチョイス。ナビだと7〜8時間程度かかるとあった。渋滞や長めの休憩を加味すると9時間程度というところだ。

帰る準備を整え、チェックアウトを済ませてヒルトン東京ベイを後にした。バイバイ!ヒルトン東京ベイ!

ヒルトン東京ベイ

高速前に給油

往路で3/4のガソリンを消費していたので、帰りは確実に持たない。ということで、ヒルトン東京ベイ最寄りのガソリンスタンドで満タン給油。

これで安心して帰れるというものだ。

高坂SA付近で渋滞情報

首都高では若干渋滞があったものの概ね順調で、約1時間弱で関越道に突入。渋滞情報から高坂SAで渋滞との案内表示が出ていた。念のため、1つ前のPAで止まりトイレなどをすませて渋滞に備えた。

しかし、渋滞情報をよく見てみると。

渋滞10km。通過時間 約20分。

と、なっていた。つまり、1キロ走るのに2分で通過できるということ。多少ノロノロ運転にはなるものの大したことはなさそうだ!と判断した。

実際に高坂SAに差し掛かるとゆるい上り坂が始まり、徐々に周囲の車の速度も落ちてきて渋滞が始まった。しかし、予想通り多少ノロノロ運転にはなるものの、平均時速40km/hは出ていたので、全く渋滞している感覚はなかった。

ほぼ案内表示通り、約20分程度で混雑地帯を抜けた。この先の渋滞情報は出ていなかったので、誰かが事故渋滞を発生させなければ大丈夫という状態になった!

のどかな景色の関越道

関越道の景色はのどかそのもの。緑も多くて窓を開けて走っていると本当に気持ちがよかった。

途中の休憩で止まったSAでも気候が良すぎてついつい長居してしまったほどだ。

関越道の終点は長岡市で、そこから北陸道に入る。しかし、新潟県に入ってからが非常に長かった(泣)

長い長い新潟県

個人的に静岡より長いんじゃないかと思う新潟県。この日走った走行距離のうち、1/3〜1/4は新潟県だったんじゃないかな。本当に長く感じた。3〜4時間は入っていたと思う。

まだ日が高い16時代に新潟県に差し掛かり、富山県に入った時には日没が終わっていたw

すげえよ。新潟県。上信越道経由の方が短縮できたのかな?次回検証してみよう!と、少しだけ思うのである(笑)

到着は21時過ぎ

高坂SAを越えてからは渋滞が一切なく順調そのもののドライブだった。休憩を小刻みに挟んだのもあるが、鯖江に到着したのは21時過ぎ。約10時間のロングドライブだった。

復路の走行距離:640km

 

-旅行記/ドライブ

Copyright© 鯖江人の飲兵衛ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.