家族/子育て

新春初滑りは池田新保スキー場

投稿日:

Pocket

お正月の1月3日。天気も悪くなかったので娘とスキーに行ったのです。行ったのは、いつもの池田新保スキー場。ここはファミリー向けでスキーを覚えたての子供にとっては最適の場所なんです。

しかし、毎年このスキー場に来ますが、なぜかいつも迷います(笑)この日もまっすぐ到着することは無く、迷い迷って到着(苦笑)雪はあるとはいえ、2時間もかかってしまいました ^^;娘からも

「また、迷ったね(にやり)」

と言われる始末。。

池田は雪深い

池田は雪深い

しかし、池田は雪深い。鯖江とは比にならない深さでした。メイン通りの道路脇は雪の壁で、高さ1m50くらいはあろうかという高さです。除雪で固めた雪の高さは2m以上!池田すげっす!

意外と空いていた

意外と空いていた

お正月だからか、意外と空いてました。facebookを見てると、スキージャム勝山は混んでる雰囲気があったんですが、さすがは日刊県民福井のスキー場情報にも掲載されないマイナーな池田新保スキー場。余裕でした!

僕はスキーをレンタルし、娘は一昨年購入したプラスチックのスキーです。スキーの上達を憧れる娘はやる気満々!お昼ご飯そっちのけでスキーの練習です。プラスチックのスキーだからでしょうか、全然スキーが滑りません ^^;

2015-01-03 13.53.59

ちょっと滑っては転んで起きて、まさに七転び八起き!何度も何度もチャレンジして、最後の方には真っすぐには滑れるようになりました ^^ そしてこの日はリフトに挑戦。子供が多いスキー場なので、リフトのおんちゃんも対応が慣れてます。子供が乗るときに若干リフトの速度を落として乗りやすくしてくれた気がします。おりる時も手助けをしてくれて、なんとかリフトから下りることが出来ました。

問題はそこからでした。

予想はしていましたが、ビビって滑れないのです。初めてだし当然なんですが。ということで、抱っこして滑り降りることにしたのです。両足の間に娘をいれて抱え上げ、ボーゲンでゆっくりゆっくりと滑り降りる計画です。その時の僕の頭の中は、10年くらい前の華麗に滑っていた時の記憶のままに滑り始めたのです。ところが!体重が増えてるのと、娘を抱えて重みが増えてるのと、膝の力が落ちてて、止まらない止まらない(汗)

エッジを効かせ、慎重に下りるのだけど、スピードがついてしまうと止まらず、転んだわけですが娘は大爆笑(苦笑)途中からは直滑降で滑り降りたのですが、それでも娘のテンションMAX!!

「キャーキャー!アァァァァーーー」

とか叫びながら滑り降りるもんだから、いろんな視線を感じました(笑)
ちょうど滑り降りた位のタイミングで晴れ間が見え始めました。

晴れ間のスキー場は快適

晴れ間のスキー場は快適

調子にのった娘から、リフト2回目のリクエスト!一服して一息ついてから再びリフトで上ったのです。ちなみに、池田新保スキー場のリフト券は1回150円。安い!お財布に優しい ^^

2回目も同じように抱えて滑り降りるわけですが、1回目で意外にも僕の体力が消耗していて、1回目よりも止まらない止まらない!止まりきれずにコースを外れて滑り落ちる寸前でした。で、娘はビビってるかと思えばまたしても大爆笑(苦笑)ちなみに、僕は転ばない前提で行ったので、スキーウェアを持って行かず普通の洋服で滑っていたのでズボンがビッチャビチャ ^^; ヨロヨロと立ち上がって、なんとかヒーヒーハーハーゼェゼェでよろよろになりながら滑り降りたのです ^^;我ながら情けない。。。

2回目は1回目よりも長い距離を直滑降で下りたので、またしても娘は大はしゃぎ!娘が嬉しそうだからいいか〜と親ばかな僕でした(笑)

結局4時間くらい遊んで帰路にたったわけで、 娘も満足そうでした。今シーズンあと2回くらいは行きたいな。次は娘もレンタルするみたいだし、僕はショートスキーにしてみようと思ってます。ショートスキーだと両手が空くので、娘を抱えて下りるのにいいかなーとも思うし。

ちなみに、帰りは迷わずに帰れました(笑)

池田新保スキー場
http://www.e-ikeda.jp/ski/

-家族/子育て

Copyright© 鯖江人の飲兵衛ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.