「旅行記/ドライブ」カテゴリーアーカイブ

旅行記やドライブに関するカテゴリです。

うみんぴあ大飯 こども家族館

うみんぴあ大飯のあるこども家族館

娘の夏休みの絵日記ネタが必要ということで、福井県の大飯町にある「こども家族館」に行ってきた。

舞鶴若狭自動車道のおかげで、随分とアクセスがスムーズになり改善された。片側通行の自動車道なので、ペース的には2車線よりは遅くなるが、それでも随分といきやすくなった。

鯖江からだと片道1時間程度で到着。

小浜西ICを降りてから5分ほど西に向かって走ると「道の駅うみんぴあ大飯」が見えてくる。

大人200円 子供100円

こども家族館の入場料

  • 大人200円
  • 子供100円
  • 障害児無料(介助者1名無料)

障害者手帳の提示で、障害者本人と介助者1名が無料になる。

巨大なボールプールがメインスポット

建物は4階建になっていて、2〜3階が有料スペース。1階と4階は無料で入館可能。

2〜3階のボールプールがメインの遊び場となっています。大量のボールが入ったプールがあり、その中で遊ぶ感じ。

子供たちには大人気のようで、はしゃいでいる子供たちがたくさん。大人たちは、縁に座って遊ぶ姿を見守る。

エアコンが利いていて非常に快適。疲れを癒すのに最高の場所。子供たちの遊ぶ姿を見つつ、ぼんやりと20〜30分ほど癒された。

お昼は海鮮漬け丼

海と山に面した地域なので、食べ物も自然と山菜と海鮮。

僕は海鮮漬け丼とあら汁のセット(800円)

あら汁が絶妙に美味しくて、お代わりしたいくらい。海鮮の美味さは予想どおりだったが、あら汁の美味さに超感動!

穏やかな海に面した「うみんぴあ大飯」落ちついた雰囲気でのんびりするには最高のスポットである!

超おすすめ!

船堀くれたけインからの月島もんじゃ

XFLAG STOREを後にして船堀へ

XFLAG STOREを満喫した後、本日の宿がある船堀へ。渋谷駅から半蔵門線に乗り神保町まで行き、都営新宿線に乗り換えて船堀です。片道約30分程度です。

19時30分から月島もんじゃのアポがあったので、若干早めにXFLAG STOREを後にして、ホテルに向かったのです。

普段歩きなれていないのと、大概な暑さのため疲労もあったので、小休止をとる時間も考慮して16時30分にはXFLAG STOREをあとにしたのです。

くれたけイン船堀

くれたけイン船堀は船堀駅から徒歩5分。アクセスの良いところにありました。2泊予定で1泊は7000円程度とリーズナブル。

今回もBooking.comで予約しました。朝食なしの素泊まりプランです。先日ディズニーランドに行った時に活用して以来、お気に入りなんです。



ホテルの隣がラーメン屋というダイエット中の身には刺激的な立地でしたが、コンビニもダイエーもあるし、非常に便利な立地です。

19時半月島到着

チェックイン後しばらく小休止をして汗を乾かし、19時半月島に向けて船堀を出発します。

船堀から月島へは、都営新宿線で森下駅まで行き、都営大江戸線で月島まで出れます。両方とも都営線なので切符は1回のみの購入でいけるので、アクセスが非常に便利です!

モンスターストライクのグループLINEを活用していますが、そのメンバーの中に東京(厳密には神奈川)在住の方がいて、せっかくなので飲もう!ということになったのです。

で、一応中間を狙っての月島だったのですが、僕の方が圧倒的に近かったのは内緒です(笑)

お店は名店の能登

月島の「能登」と言えば、もんじゃの名店です。奇跡的に予約が取れたのです。

梅しそもんじゃ

残念ながら、写真撮影をすっかり忘れていたので、この1枚のみ。しかも何を撮影したかもわからないレベルの写真ですいません(泣)

一応、梅しそもんじゃの写真です。

もんじゃを摘みつつ、お酒を飲んでモンストやって、アッという間の3時間でした。

関連ランキング:もんじゃ焼き | 勝どき駅月島駅築地駅

もう1軒渋谷で遊ぼうかとも思ったけど、次の日は念願の「XFLAG PARK」なので自重しました。

ホテルに着いたのは12時前。ラーメン屋の魔力にも打ち勝ち、缶チューハイだけ1本飲んで次の日に備えたのです。

(XFLAG PARK編に続く)

東京 家族旅行 最終日

最終日も超快晴

今回の東京旅行は本当にお天気に恵まれた。初日から最終日まで見事な快晴。これも普段の行いのおかげだなw

ヒルトン東京ベイから

最終日は帰るのみの予定だったが、ニュースでGWのUターンラッシュが始まりつつあるというのを聞いていたので、少し不安でもあった。

帰るルートを決める

舞浜から鯖江までのルートは大きく5パターンある。

  1. 舞浜→首都高→東名高速→北陸道→鯖江
  2. 舞浜→首都高→新東名高速→北陸道→鯖江
  3. 舞浜→首都高→中央高速→北陸道→鯖江
  4. 舞浜→首都高→関越道→上信越道→北陸道→鯖江
  5. 舞浜→首都高→関越道→北陸道→鯖江

最短ルートは1番の東名高速を使うルート。ただ、行きが新東名を使ったので、使いたくなかった(笑)

中央道は山が多く過去に使ったこともあったので却下。ということで、関越道経由で帰るルートをチョイス。ナビだと7〜8時間程度かかるとあった。渋滞や長めの休憩を加味すると9時間程度というところだ。

帰る準備を整え、チェックアウトを済ませてヒルトン東京ベイを後にした。バイバイ!ヒルトン東京ベイ!

ヒルトン東京ベイ

高速前に給油

往路で3/4のガソリンを消費していたので、帰りは確実に持たない。ということで、ヒルトン東京ベイ最寄りのガソリンスタンドで満タン給油。

これで安心して帰れるというものだ。

高坂SA付近で渋滞情報

首都高では若干渋滞があったものの概ね順調で、約1時間弱で関越道に突入。渋滞情報から高坂SAで渋滞との案内表示が出ていた。念のため、1つ前のPAで止まりトイレなどをすませて渋滞に備えた。

しかし、渋滞情報をよく見てみると。

渋滞10km。通過時間 約20分。

と、なっていた。つまり、1キロ走るのに2分で通過できるということ。多少ノロノロ運転にはなるものの大したことはなさそうだ!と判断した。

実際に高坂SAに差し掛かるとゆるい上り坂が始まり、徐々に周囲の車の速度も落ちてきて渋滞が始まった。しかし、予想通り多少ノロノロ運転にはなるものの、平均時速40km/hは出ていたので、全く渋滞している感覚はなかった。

ほぼ案内表示通り、約20分程度で混雑地帯を抜けた。この先の渋滞情報は出ていなかったので、誰かが事故渋滞を発生させなければ大丈夫という状態になった!

のどかな景色の関越道

関越道の景色はのどかそのもの。緑も多くて窓を開けて走っていると本当に気持ちがよかった。

途中の休憩で止まったSAでも気候が良すぎてついつい長居してしまったほどだ。

関越道の終点は長岡市で、そこから北陸道に入る。しかし、新潟県に入ってからが非常に長かった(泣)

長い長い新潟県

個人的に静岡より長いんじゃないかと思う新潟県。この日走った走行距離のうち、1/3〜1/4は新潟県だったんじゃないかな。本当に長く感じた。3〜4時間は入っていたと思う。

まだ日が高い16時代に新潟県に差し掛かり、富山県に入った時には日没が終わっていたw

すげえよ。新潟県。上信越道経由の方が短縮できたのかな?次回検証してみよう!と、少しだけ思うのである(笑)

到着は21時過ぎ

高坂SAを越えてからは渋滞が一切なく順調そのもののドライブだった。休憩を小刻みに挟んだのもあるが、鯖江に到着したのは21時過ぎ。約10時間のロングドライブだった。

復路の走行距離:640km

 

東京 家族旅行 3日目

3日目も超快晴

3日目の東京も超快晴!朝食はおにぎり!

気分良く目覚めたものの、ディズニーランドでの疲れも若干あったため、少しのんびり目に準備をして、午前10時ごろに出発。

今回のヒルトン東京ベイでは素泊まりプランだったため、朝食は全てホテル内のコンビニで買ったおにぎり。

今回の旅で一番重宝したのは、コンビニのおにぎりだったのだ。ディズニーランドの中はどこも長蛇の列で食べ物にありつくのも大変。しかも値段が高い上に量が少なめ。リュックの中に入れて行ったお茶とおにぎりが非常に役に立ったのだ。疲れた時に塩分の効いたおにぎりは格別なのだ!

3日目の予定は築地市場

3日目は中央区を中心に観光することに。数年前に勝どきで仕事をしていたので、中央区の大江戸線沿線は土地勘がある。

勝鬨橋

中央区の見どころといえば、勝鬨橋・月島のもんじゃ焼き・築地市場の3つだ。他にもあるのだろうが、僕が知っているのはその程度だ(笑)

息子に迷子紐を装着し、ヒルトン東京ベイを出発。ホテル前から舞浜駅までシャトルバスで行き、そこからは電車だ。

舞浜駅からは京葉線に乗って新木場まで行き、有楽町線に乗り換えて月島方面に向かうルート。

電車に乗る時に障害者手帳を提示して、切符を購入。

東京の電車で障害者手帳を使う方法はここを参考にしました。

電車での移動は10分程度で混雑もしておらず、快適でした。普段電車を乗り継ぐこととかない娘にとっては、新鮮なようでした。月島駅で下車し、勝鬨橋経由で築地市場まで歩くことにした。

月島〜築地市場は徒歩で

月島といえば、もんじゃ焼き。勝どきで仕事しているときは、頻繁に通った。安い・早い・美味いの3拍子が揃っており、コストパフォーマンスも最高で、大好きな街だったのだ。

もんじゃ焼きとレモンチューハイの組み合わせは、焼き鳥とビールに匹敵するくらいの相性があり、病みつきになる美味さがある!

月島駅から勝鬨橋に向かう途中に数件のもんじゃ焼き屋の前を通ったが、引き寄せられそうな魔力を感じていた。しかし、築地市場で海鮮丼を食べる予定だったので、グッと我慢したのだった。

適度に休憩を入れつつあるき、勝鬨橋に到着。

勝鬨橋は知る人ぞ知る名所である。左に東京タワー、右に東京スカイツリーが見え、雄大な隅田川を望みつつ渡るのだ。かつては開閉式の橋として活躍していたが、今では現役を退き、開閉することのない観光用の橋となっている。

勝鬨橋を渡るとそこには築地市場!

勝鬨橋を渡るとすぐに築地市場に到着!

海鮮丼を目の前にして空腹感が増す我ら家族。数件見て回って適当にお店を決めて入店。30分ほど行列を並んだ。

まずはビールでしょ!ってことで、徒歩の疲れを癒すビールを注文。暑かったし、最高に美味かったね!お代わりしたかったけど、我慢我慢。。。。

待ちに待った海鮮丼が登場!

器ちっちゃ!

店頭で見た写真とえらい器の大きさが違った ^^;

味は格別に美味かったけどね!いくらなんて甘かったし、マグロも超新鮮で甘かった!日本海では食べられないマグロだ。

サラサラっと完食してしまいましたとさw

築地市場のメッカを間違えていた

我が家が行ったお店は築地市場の中心地からズレたところだった!本来はもっと奥に行ったところに行くべきなんだね。

このあたりが築地市場のメッカ。

人の数と、海鮮丼屋の数が桁違い!大盛り+味噌汁付きとかあるし、絶対にこっちで食べた方が特!器も1.5倍くらいあるし。食べ応えあっただろう(泣)

裁かれたマグロw

変わったソフトクリーム屋さんがあり、しらすソフトを頂いた!粉末になっていないしらすがそのまま入っており、珍しい食感。バニラの甘さとしらすの塩加減が絶妙で、美味しかった!

隅田川を眺めて休憩

ディズニーランドで出来た足のマメが痛かったので、勝鬨橋の近くで隅田川ろ眺めながら休憩をすることにした。

雲1つない快晴で、本当に気持ちよい。時折通る遊覧船の乗客が手を振ってくるので、こちらも負けじと応戦したりw

思わずウトウトしてしまいそうになるくらい、気持ちのよい日だった。ここで1時間ほど時間を潰した後、夜の約束までに時間があったため、汐留の日テレまで行くことに。

ちょうど夕方の天気予報の中継してた。カメラに映るなーと言われたので、形跡は残せなかったのだがwスタッフさんは大変だ。

日テレを満足した後は、この日の最終目的地、月島のもんじゃ焼き!待ちに待ったもんじゃ焼きの時間がきた!

月島のもんじゃ焼きは最高!

月島のもんじゃ焼き

我が家家族を含めて10人くらいが集い、もんじゃ焼きを囲む。この文化は福井には縁遠く、地元ではなかなか食べられない。

本場月島のもんじゃを堪能すべく、どんどん頼み、どんどん飲む!飲むのはもちろん、レモンチューハイだ!

どれくらい飲んだだろう。軽く10杯は飲んだだろうか。最初は数えていたが、最後の方はどうでもよくなっていたw

たらふく食べてたらふく飲んで、22時くらいに御開きとなり、ヒルトン東京ベイに戻った。

締めはバーラウンジで♪

東京最後の夜ということで、ヒルトン東京ベイのバーラウンジを味わっておくことにした。なかなか来ることができないホテルだし。

1杯1000円の高級生ビールをいただいた。ナッツはサービスw

ビールで疲れを癒しつつ、ホテルのスタッフさんと軽く世間話を交えつつ、東京最後の夜を満喫したのだ。

23時30分には部屋に戻り、就寝。ベッドに横になってから寝付くまでは数秒だったのだろう。全く記憶がない!

さて、明日は帰るのみ。どんな渋滞が待ち構えていることやら、、

(続く)

 

 

 

 

 

東京 家族旅行 2日目

2日目 超快晴

2日目の朝は超快晴で絶好のディズニー日和!

ヒルトン東京ベイから

今回のディズニーチケットはネットで事前購入した。

チケット売り場での混雑を避けるためだ。

しかーし!ここで大事件発生

事前購入の場合、A4サイズで自分で印刷して持ち込む必要があるのだが、印刷したチケットを家に忘れてきたのだ!

たまたまチケットをPDF化したものを、ネットワークプリントに登録しておいたので、近所のファミリーマートで印刷してことなきを得たのだが、この時はかなり焦った ^^;

無事に印刷をしてホテルに戻り、出発準備を整え、午前9時にホテルを出発!

ヒルトン東京ベイから舞浜駅までは直通バスが15分間隔くらいで出ている。舞浜駅のバスロータリーで下車した後は、ディズニーランドに向けて徒歩5分くらい。

東京ディズニーランド到着

東京ディズニーランド

朝9時半くらいにディズニーランドに到着。チケットを事前購入しておいたので、チケット購入待ちなどが一切なくスムーズに入場。自閉症の長男と迷子紐を結び、備えは十分。

長男は多動もあるため目が離せない。少し目を話すとすぐにどこかに行ってしまうため、細心の注意が必要なのだ。ずっと手をつないでいるのも難しいし、かと行って片時も目を離さずにいることも不可能に近い。ということで、お互いの手首に巻いてつなぎとめておく迷子紐を使うことにしたのだ。

迷子紐

▼使用した迷子紐はこれ

幼児 子供 安全 ベルト セーフティ 紐 迷子紐 迷子防止ひも 【長めの2.5m】(ブルー)

新品価格
¥1,380から
(2017/5/7 12:24時点)

ゲストアシスタントカード

東京ディズニーランドでは障害者手帳による入場割引がない。

その代わり、ゲストアシスタントカードをもらい、アトラクション毎に使うようなイメージとなる。

ゲストアシスタントカード

アトラクションの近くにいるキャストに障害者手帳入場パスポートを提示すると、アシスタントカードをもらえる。

アシスタントカードの役割は、アトラクションの待ち時間を並ばずに過ごせるというもの。要は、時間予約をするカードという感じ。

例えば80分待ちのアトラクションの場合、

  1. キャストに告げてから約80分後に予約を取る。
  2. 80分間の間をどこか適当に過ごし、
  3. 予約時間にアトラクションに戻る
  4. 待ち時間なく利用できる。

という具合で利用する。

待ち時間を短縮するものではないのでご注意を!

ディズニーの醍醐味はパレードだね!

ディズニーに醍醐味はアトラクションもいいけど、やっぱりパレードだと思う。

 

夜のイルミネーションも魅力

夜のパレードも昔から定番で魅力十分。子供の頃にみた感動を20年経った今でも覚えていて、今見てもその凄さは変わらない。

子供達も大興奮!自閉症の息子も楽しくて笑いが止まらない様子。これだけ喜んでもらえると、長距離運転の疲れも吹っ飛ぶというものです!

シンデレラ城もライトアップ

ディズニーランドのシンデレラ城はシンボルだと思っている。土産物屋ゲートを抜けると真正面にそびえ立つお城。

シンデレラ城

まさに幻想的。なんとも怪しげな雰囲気を醸し出しつつ存在感も半端ない。

土産物屋ゲートからのシンデレラ城

存在感抜群だ。

夕食は舞浜のカフェバーで

21時過ぎにディズニーランドを出て、舞浜駅周辺で食事をとって帰ることに。足が疲れクタクタだったので、無理をせず近場で済ますことにしたのだ。

しかし、舞浜駅周辺の飲食店は少ない(泣)

しかも、閉店時間が早い!(泣)

なんとか比較的遅い時間までやっている1軒を見つけ入店。エスニックを中心としたアジア料理のお店だ。

生ビールが最高に美味かった!お腹を満たした後は、ヒルトン東京ベイまでバスで帰り、眠りについたのでした。

(続く)

東京 家族旅行 初日

東京旅行に行ってきたよ

家族旅行で車で東京に行ってきた。

東京

主目的は「ディズニーランド」

 

3泊4日で、

2日目にディズニーランド、

3日目に都内観光の計画だ。

行きは新東名経由

行きは新東名高速道路経由の無難ルートを選択。

関越道経由と迷ったが、関越道は渋滞したら逃げ道を失う。

東名高速道路は2本あるため少しは軽減できるのでは?

ということで「新東名高速道路」を選択。

▼行きの経路は以下の通り

鯖江IC→北陸自動車道→名神高速道路→新東名高速道路→東名高速道路→首都高速道路→葛西IC (約530km)

GWの渋滞ラッシュを避けるために5/2の夜出発。

車の数は多かったものの、目立った渋滞もなく順調に東京入り。

初の首都高に若干緊張したものの、深夜だったためか車の台数も少なく特に問題なく宿泊宿に到着!

宿泊は「ヒルトン東京ベイ」

ヒルトン東京ベイ

ディズニーランドの目と鼻の先にある豪華ホテル。

障害児の子供のこととか諸々を考慮して、ちょっと奮発してディズニーランドから最寄りのヒルトンにしたのだ。

お財布的には厳しいものがあったが、結果的に見るといい判断だったと思えている。

ちなみに、今回の「ヒルトン東京ベイ」はBooking.comで予約した。『キャンセル無効』という制限はついたものの、かなりお得に宿泊できた!

午前1時くらいに到着してヘトヘトだったので、この日はコンビニで缶ビールなど簡単なものを購入して、早々に寝たのでした。
◎Booking.comの詳細は↓のバナーをクリック!

(続く)

多動あり自閉症とディズニーランドに行くならコレだ!

迷子紐 2.5m ブルー

ディズニーランドで実際に使用したアイテムがこれ。

東京ディズニーランド

ベルト式迷子紐の2.5m。

幼児 子供 安全 ベルト セーフティ 紐 迷子紐 迷子防止ひも 【長めの2.5m】(ブルー)

新品価格
¥1,380から
(2017/5/6 09:46時点)


子供と自分の手首に巻いておくスタイルの迷子紐

メリット1:両手が空く

手首にまくスタイルなので両手が空く。

ディズニーランドにおいては、これが非常によかった!

ベルト式迷子紐 2.5m

お土産や乗り物に乗るときに必ず両手を使う。

片手が塞がっていると不自由も感じるが。

この迷子紐だと両手が空くので不自由は全く感じなかった!

メリット2:伸縮性で可動域が広い

伸縮するので息子の動きを制限しすぎることもなかった。

ベルトの長さが2.5mあるので可動域が狭くない。

ある程度自由に動いても、ベルトのおかげで可動域が限られる。

迷子になる心配は100%なく、かつ制限しすぎることもない。

 

今回のディズニーランドで大変使えたアイテムだった。

パレード

 

パレード中も伸縮性ベルトに繋いだまま。

常にベルトだけ巻いているようにするだけで、

あとは全く自由に行動が可能だった!

 

多動あり自閉症とディズニーランドに行く時のおすすめアイテム

多動に悩む親御さんにオススメのアイテムです!

ぜひ試してみてください。

幼児 子供 安全 ベルト セーフティ 紐 迷子紐 迷子防止ひも 【長めの2.5m】(ブルー)

新品価格
¥1,380から
(2017/5/6 09:46時点)


 

 

 

1泊2日愛知県の旅 前編 〜岡崎編〜

名古屋市千種区にある東山動植物園のイケメンゴリラ「シャパーニ」が人気があると娘が騒いでいたので行ってきました。

3連休を利用して嫁さんの実家に帰省も兼ねて1泊2日の旅です。1日目は嫁の実家に帰省し、2日目に鯖江に戻る途中で東山動植物園に立ち寄る計画です。

日曜日の昼12時ぴったりに鯖江を出発。通常だと3時間弱で到着できるので、遅くても15時半には到着している計画です。

鯖江ICから北陸自動車道を利用し、名神高速道路→東名高速道路と乗り継いで岡崎ICまでの道のりです。途中、養老SAで小休止。

養老のコロッケバーガー
養老のコロッケバーガー

タバコを2本吸ってコロッケバーガーで小腹を満たしまして、小友達もそれぞれトイレ行ったり20〜30分の小休止でした。

平均時速90km〜100kmの走行速度で、交通量も少なく非常に順調だったので、予定通り約3時間のドライブで15時すぎには到着していました。

夕食は義理の姉夫婦も揃ってみんなで中華をいただきました。

2016-07-17 20.28.16

ご近所にある萬珍軒でお食事。詳しくは割愛しますが、素晴らしく美味しい中華料理で超満腹。

  • エビチリ
  • 八宝菜
  • 餃子
  • ひき肉のレタス包み
  • 春巻き
  • 海老マヨネーズ
  • ホタテ貝とイカの炒め
  • ラーメン
  • 饅頭
  • 杏仁豆腐

と、十分すぎる品数でお腹いっぱいになりました。

1次会を中華屋で終えた後、義理の兄と義父と男3人で近所の居酒屋で2次会。お腹はいっぱいなので、漬物など軽めに摘んでたらふくお酒も頂きました。

男同士の方が話しやすこともあるし、年に数回しか行かないのでこういった時間は楽しいです。

というところで1日目終了。2日目は東山動植物園に行きます。

(続く)

 

 

 

 

 

大阪に行った時の話

大阪へはサンダーバードで片道2時間弱

先日大阪に行く用事がありまして、サンダーバードに飛び乗って行ってきました。

12時過ぎの電車で出発して14時前に到着しちゃうんだから、近いものです。

道中は雑誌を読んで暇つぶし。電車の中は情報収集にいい時間なんですよ。ボォっと乗ってるだけはもったいない。

雑誌読んだり景色見たりでアッと言う間に大阪に到着です。

目的地は梅田

目的地は梅田の某所です。サクッと用事を済ませるために昼食は後回し。若干道に迷ったものの目的地に到着してサクサクっと用事達成!

用事が済んじゃえば自由時間です (^^)

帰りの電車まで時間がたっぷりあるので。まずは昼食探しへ。

昼食は博多ラーメン一幸舎

2016-05-28 16.07.55

とんこつラーメン好きな僕は、店の前を通った瞬間に一目惚れしたのです!これは美味いに違い無い!!

2016-05-28 16.07.46

僕の短いアンテナがビンビンに反応して入った「一幸舎」の店内の雰囲気は良く、美味しそうなとんこつスープの匂いが漂っていてたのです。

注文は食券形式で、店内に入り口に券売機があり、食べたいものを選んで購入します。少し悩んで頼んだのは「チャーシュー麺」

2016-05-28 15.54.38

マー油を使った黒ラーメンや、辛い赤ラーメンもあったけど、やっぱりオーソドックスなスープでしょ。ってことで、デフォルトスープにお店自慢のチャーシューが入ってるチャーシュー麺をチョイス。

気になる味は、めっちゃ美味い!

僕のラーメンアンテナは裏切らなかったのです^^

念願のAPPBANKへ

ラーメンでお腹が満たされた後はぷらぷらと買い物へ出かけたのですが。以前から行きたかったお店が近くにあることを思い出し、行ってみたのです。

2016-05-28 16.25.55

iPhoneやAndroidなどスマートフォンのアクセサリーショップのAppbankStore(アップバンクストア)

モンスターストライクにハマっている僕としては外せないお店なんです。モンストのキャラが入ったアイテムが欲しかったので、行ってみたのです。

通販でも買えるんだけど、ここは実際に手をとって見てみたいと思っていて、ついに念願叶ったのです。

2016-05-28 16.32.28

しかし、店内にモンストのキャラが入ったものは少なく、購入したのはルシファーのiPhoneケース。

今まで使っていたゴムのバンパーを外し、ルシファーのハードカバーを装着!満足満足 ^^

用事を済ませ、食べたい物食べて、買いたいもの買って。満足した時には帰宅の電車の時間だったので、そのまま大阪駅に向かい、サンダーバードに飛び乗って一路帰路に着いたのです。

地元に到着したのは19時。わずか7時間くらいで遊びに行けるんだから、大阪なんて近いもんです。

[モンスト我流攻略]

http://monststrike.seesaa.net/

[AppBank]

http://www.appbank.net/

晴天の高速道路をドライブは気持ちが良い

春がきた!外に出よう!

寒い時期が終わり、春の陽気が気持ち良い季節になってきましたね。春うららな陽気に誘われて、妻の実家に帰省したのです。

毎年、春・夏・秋の最低3回は帰省します。冬は寒いし、年末年始はバタつくので、用事があれば行く程度にしています。

結婚して10年以上経過してますから、年に3回往復程度としても、すでに30往復以上は行き来しています。

すっかり慣れた道のりです。

天気は快晴。最高のドライブ日和り

2016-03-26 14.20.47_R

午後13時30分過ぎに、地元鯖江を出発。16時30分までに到着する計画です。

鯖江IC→北陸自動車道→米原JC→名神高速道路→東名高速道路→岡崎IC

の道のりです。片道約200km。時間にして2時間半程度の道のりです。休憩は基本的にトイレ・たばこタイムの1回のみです。子どもたちが休憩を望んだ時は、都度休憩しますけどね。何往復もしてるので、いまさらサービスエリアで見るものも特に無いし、必要最低限の休憩で済ませます。

この日は超快晴でぽかぽか陽気。車の通行量も少なく、快適な高速ドライブです。

北陸自動車道から名神高速道路へ

2016-03-26 14.37.02_R

西の玄関口「米原(まいばら)」から名神高速道路に入ります。

大昔でETCも無く、高速の乗り降りが通行券だったときの米原JCは、通行券チェックのために一旦停止してたんです。僕が子供のときなので、本当に大昔の話。

いまでは、ETCも普及して基本的に停止することがなくなり、かなりスムーズになりました。

北陸自動車道は基本的に交通量が少なく、名神高速道路に入ってから交通量が増えてきます。いまでは慣れましたが、慣れるまでは少し緊張してた時もありました ^^;

日本の大動脈・名神高速道路へ

2016-03-26 14.38.46_R

名神高速道路と東名高速道路は日本の大動脈です。

  • 名神高速道路:愛知県小牧IC~兵庫県西宮ICの区間
  • 東名高速道路:東京都東京IC~愛知県小牧ICの区間

総区間:約550kmを結ぶわけですから、大動脈といっても過言じゃないでしょう。最近では、新東名や新名神が増え、さらに流通量が多くなりましたね。

特に目立った渋滞もなく、予定通り16時30分くらいに岡崎市に到着。非常に順調で快適なドライブでした。