「社会/福祉」カテゴリーアーカイブ

バニラ・エアの障害者搭乗に関するトラブルについて

車椅子の方の搭乗トラブル

事前連絡なしでバニラ・エアの搭乗手続きをしたところ拒否された。納得がいかない男性は、自力で搭乗するように交渉して強引に乗り込んだ。

そのときの様子をネットで公開したところ、議論が沸き起こり炎上した。というのが、簡単なイキサツ。

↓詳細は(別ページが表示されます)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/28/vanilla-air_n_17315034.html

バニラ・エアの搭乗ルール

バニラ・エアでは車椅子を利用の方や、障害がある方、搭乗に不安がある場合は利用の5日前までに事前連絡をするように促している。

バニラ・エアのホームページより(一部抜粋)

障害有無に関わらず平等に乗れるべき

車椅子の男性は、障害の有無に関わらず平等に乗れるべきだと主張し、炎上につながった。

先日施工された「障害者差別解消法」という法律を主張し、今回受けたことを差別対応と捉えたのでしょう。

どちらの主張もよくわかります。確かに平等に乗れるべきだし、事前連絡がなかったとしても、なんらかの対応があっても良いとは思います。

  1. 事前連絡をしなかった男性が悪い
  2. 乗り込みを拒否した空港スタッフが悪い

どちらかの意見で真っ二つに分かれそうですよね。どちらの主張も一理あるし、間違いではないと思います。

事前連絡すべき

僕の見解としては、事前連絡をしなかったことが、やはり良くなかったと思います。

エア・アジアの搭乗ルールに記載もあるし、航空スタッフからすると車椅子って日常じゃないので、対応準備が必要です。迂闊に対応して怪我などさせたら、より大きな問題にもなります。

もちろん、現場判断でサポートしてスムーズに搭乗できるのが望ましいです。でも、そこまでの対応力というか、障害者への対応も含めた理解が深まっていないのでしょう。これも現実です。

障害者差別解消法という法律ができましたが、それは障害者のことを良くわかっている人には有効だけど、普段ほとんど接したことが無い人からすると、どこまでが差別かの判断も付きません。

なので、ある程度のルールを設けて、より安全にするために対策をするのです。

障害者差別を解消するならば

障害者差別を完璧に解消するならば、養護学校など、学校を分けている時点で矛盾が発生していると思います。

教育を受けている過程で、障害者と常に接することで本当の意味で差別がなくなると思います。

普段から接したことが無く、障害者に対する理解がないなかで、差別だけを無くすというのは無理があるでしょう。

今の大人たちがこの法律を活かす為には、障害者に対する理解を深めて、交流していく必要があるでしょう。それを続けることで、少しずつ差別が無くなって来るのです。

長男が飛行機に乗ったとき

数年前にANAに乗って北海道に行った時、事前に「重度の自閉症」であることを連絡しておきました。

「多動もあるし飛行機内で怒ったりするかもしれません。」と。

すると、当日の空港や飛行機の中では、それなりにサポートしていただけました。席もCAさんの近くになり、怒りそうになったらすかさず飴玉やジュースをくれたりと、サポートしていただきました。

自分にとっては日常でも他人にとっては日常じゃないこともたくさんあります。特に知的障害や身体障害に関しては、身をもって経験することも出来ないので、完璧に理解することは不可能です。

なので、予備知識として伝えておくことで、それなりの対応が出来るようになるのです。

これからバニラ・エアの利用を検討されている方で、ルールに該当する方は素直に連絡しておきましょう。その方が円滑に搭乗できるようになります。

▼バニラ・エアでお手伝いが必要な方へ

https://www.vanilla-air.com/jp/guide/special-assistance

全国研究協議大会 東北大会秋田大会 2日目懇親会

全体会議と分科会を終えた後は大懇親会です!

懇親会の会場は「秋田キャッスルホテル」研修会場からは徒歩2分程度で着く距離です。

秋田名物竿燈でおもてなし

秋田といえば竿燈祭り。

この大きな竿燈を腰や手のひらで操るという、目を疑うレベルの余興でおもてなしを頂きました!軽快な音楽に合わせての竿燈さばきはアッパレでした!

総勢2000人以上の大懇親会!

続きを読む

全国研究協議大会 東北大会秋田大会 2日目

秋田県で開催された「全国研究協議大会 東北大会秋田大会」

長くて舌を噛みそうだw

受付は12時、開催は13時からなのでそれに合わせて会場入り。会場は「秋田県民会館」池や噴水に囲まれた静かな雰囲気。

オープニングセレモニー

続きを読む

自閉症の息子ちゃん。11歳になる

094424

息子ちゃんが先日の10/28に11歳になりました。
清水特別支援学校 小学部の5年生です。

赤ちゃんの時は泣きっぱなしで、両親共々疲労困憊。
嫁さんが育児ノイローゼに陥る。。。orz

いま思うと、あの泣きっぱなしは、生まれた時点で脳が成長しきってなかったと思います。
あのころは、そんなことを考えている余地はありませんでしたが。

初めての子育てで、右も左もわからず、子育てと奮闘。
ちなみに、その時は自閉症とは気づいておらず。

寝返りは順調に成功!
お座りも順調に成功!
ハイハイは変則だけど、まぁ母子手帳の基準通りに始まる。
立っちも若干遅めだったけど標準内に成功!
言葉。。。出ない。

1歳児検診の時に、イエローカード。

078016

イエローカードの原因は2つ。
・言葉
・異様なまでの警戒心

でも、男の子は成長にばらつきがあるため、いったんは保留で。
とはいっても、親としては行動が気になるわけで。注意深く見るようになる。

検診でイエローカードが出た人には、保健師さんから連絡が来るようになります。

「その後、状況はいかがですか〜??」

という感じで。

2歳のときに、ほぼ自閉症がコミットされる。
コミットの決めては3つ。

・言葉が出ない
・自閉症特有の行動が見られるようになる

3歳のときにコミットされる。
コミットされた決め手は1つ。

・平谷子供発達クリニックで診断結果が出た!

僕の両親と嫁さんの両親。
両家の家族総出で診断結果を聞いた。
かなり重い空気だったのを覚えている。

その頃にも保健師さんからは連絡が来ます。

「そのあと、状況はいかがですか〜??」

という感じで。

その時の憤りは、保健師さんは聞くだけで、具体的なアドバイスが無いのです。
図書館で借りた本に書いてありそうなアドバイスしかないのです。

そもそも、自閉症の子を見たことが無い人にアドバイスが出来るはずもありません。
なので、我が家では保健師さんのアドバイスに耳を傾けることはありませんでした。
(この判断が良かったのか悪かったのか、いまでもわかりません)

保育園は”あすなろ保育園”へ。
決めては近所なのと、障がい児も受け入れてくれること。
園長先生が障がい児への理解が高く、すんなり受け入れてくれた。

いろいろ事件を起こした物の、なんとか保育園を卒園。

卒園間近に始まった1つめの関門。
学校選び!

通常であれば、自宅から最寄りの小学校に通うのが通例です。
しかし、通常学級に通えるような状態ではありません。

選択肢は、

・特別支援学級
・特別支援学校

の2つでした。

地元の小学校5校くらいと特別支援学校2校。
教育委員会の方とも何度も面談して。

最終的には「特別支援学校」を選びました。

選定基準は「子供のことをどれだけ見てくれるか」というところでした。
清水特別支援学校は、生徒数も少なく、息子ちゃんの性格にあっている学校だったのです。

結果的には正解だったのかもしれません。

息子ちゃんが成長したのもあるんでしょうけど、
学校にも先生にも慣れて、いい感じになってきています。

苦戦したトイレトレーニングからも解放されて。
苦節8年。ながかったけど、いまではほとんど失敗はありません。
失敗するパターンもわかってるので、注意が行き届いてるのもありますが。

自閉症とわかったときは、急成長を望んでいたのもありますが、
いまでは、そこまで強くは思いません。

成長させようと思って成長する物でもないし、
本人が嫌がることをやってもストレスになるだけです。

本人なりの歩幅で本人なりのペースで歩んで行くのを見守るだけです。

とりあえず、おめでとう。息子ちゃん!

098863

▼自閉症かな?と思ったら。自閉症を知りたかったら。

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

新品価格
¥1,728から
(2014/10/31 00:32時点)

発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ (健康ライブラリー)

中古価格
¥1,840から
(2014/10/31 00:32時点)

▼自閉症とか介護とか。お仕事探しはここで。


障碍児を受け入れられた訳

前回の記事で振り返りを言っておきながら、早速全然関係ない記事と言う(笑)
今日は、この記事が書きたいのです。

我が家には、国指定の特別児童である重度な知的障害児がいます。
今年で10歳になりました。
正直、平坦な10年ではありませんでした。

産まれて数年は、1日中泣きっぱなし。
トイレは3歳からトレーニングを始めて、今年やっとトイレの自立に成功。
食事も自分ではこぼしすぎるので、介助が必要
・・・

と、まぁ、いろいろありました。

いま思ってみれば、産まれた時点で0歳ではなかったかなと。
0歳にも満たしていなかったと思います。

2013年の今年、いろいろ通年してやったこととは別に達成したこともあります。
それは、息子との接し方がわかった。ということです。

正直、去年までは、息子のことが理解出来ず、受け入れているようないないような、曖昧な感じでした。
息子だし、笑顔かわいいし、粗末な扱いをした訳ではないですが、心の中でしっくり来ていなかったというか。

でも今年、ついにその辺りが心の中で落ち着きました。
そして、なぜこれまで理解出来ず、曖昧だったかの理由も。。。

理由も単純ではなく、多重なのです。

1.本能と理性の乖離
ここは結構重要なポイントです。自閉症の子(人)は、基本的に理性がありません。
全ての行動に置いて本能に忠実なのです。
一方の大人と言えば、理性を育て上げられているので、理性で接しようとします。

本能は、条件反射とかと同じで、無意識で行います。
理性は、真逆で意識的に行います。

ここに大きな乖離が発生しています。

つまりは、本能で来ていることを、理性で理解しようとするから難しいのです。
本能で来ていることを、いったん受け止めてあげれば良いのです。
いったん受け止めた上で、その是非を判断して促してあげれば良いのです。

2.自分の過去との重ね合わせ
これは完全に盲点でした。かつ、自分の悪いところでもありました。
知らず知らずのうちに、自分の子供時代と重ねている自分がいました。

『自分の子供の頃がこうだったから、この子もきっとこんな感じだろう!』

と思っているところがありました。
が、全然違いました。

子供は子供なのです。別次元の人間なのです。
自分の過去や枠に当てはめてはいけないのです。
その子という存在を受け止めてあげないといけません。

自分の過去との重ね合わせを止め、その子を個人として見るようになってから、随分と楽になりました。

3.息子のことが理解出来てきた
仕事を理由にするのは反則かもしれませんが、これまではあまり注視してきませんでした。
でも、これまでも書いたように、今年1年、じっくりと見てきました。

その結果、1や2のことに気付き、息子のことがわかってきました。
同時に、嫁さんが背負ってきた苦労も。。。

あと、(独断ですが)人間が生きて行く上での、いろんなバランス関係も。

その辺りが理解出来た時点で、かなりスッキリしてきています。
(↑これも、理性なんですけどね)

たまに、周りの保護者の方から、接し方について相談を受けることがあります。
相談内容を聞いていると、多分にして、これまでに書いたことでつまづいている感じがします。
(もっと深いところがたくさんあるのかもしれませんが。。。)

僕個人的には、社会人でありビジネス人であり経済活動に忙しい毎日です。
しかし、息子の生き方を見ていると、本当にその活動が必要なのか?と疑問を感じることがあります。

もっとゆとりを持って生きても、生きられる術があるのではないか?

そういう新たなる疑問と言うか課題というか。そういう考えに行き着きました。
日本にいる以上は、納税義務もあり労働の義務もあるので、働かないといけませんが、忙しすぎる社会ってどうなの?
とも思えるようになってきました。

障碍児を受け入れられたことで、新たなる発想が浮かんできそうです。
若干36年ですが、これまでの人生において想いもよらなかった発想が。

こういう人生も、なんか面白いな。と思えた2013年終盤です。

その瞬間は重くて苦しいですが、過ぎてみて振り返ってみると、いろいろ見えるもんですね。



特別支援学校通学バスに揺られて。2学期終了

Facebookでお友達になっている方はご存知かとは思いますが、今年は通学バスの介助をしています。
毎週木曜日の午前中が僕の担当になっていて、朝7時半には出発します。

バスで通学する子の家を1つ1つ巡回し、福井特別支援学校経由で清水特別支援学校に行っています。

通学バス介助中のバスの車窓から
通学バス介助中のバスの車窓から

ハンディのある子たちがバスを利用するので、荷物の受け渡しや、具合が悪くなったときのフォローのために、介助者が必要です。
月〜金曜日の登下校時に各担当を決めて、介助者が必ず乗るようにしています。
もし介助者が乗らないのなると、運転手さんにも多大なる負担をかけることになるし、乗っている子たちに不安を与えることにもなるので、意外と責任がある仕事なのです。

時には気分が悪くて降りたい!と訴える子もいるし、疲れたのか暴れだす子もたまにはいたりして。

片道1時間近く乗っていますから、飽きたり疲れたりして、暴れたくなる気持ちもわかります。
大人だって、休憩したくなりますからね。それくらいバスに乗っていると。

そういう介助の場でも楽しいこともあったりします。

バスの運転手さんと仕事のことを話したり。
福井特別支援学校の子たちと学校での様子を話したり。
普段バスの中の息子の様子がよく見れたり。
日々変わる季節の変化に気づいたり。

いろいろ楽しい部分もあるのです。
そんなこんなやりながら、気づいてみたら2学期も終わりました。

3学期になると、来年度にむけて役割分担や、乗車調整などが始まります。
今年初めて代表をやらせて頂いているので、どういった段取りで進めたら良いかも手探りですが。
介助で手伝って頂けている方々に感謝しつつ、進めて行けたらな。と思っています。

仕事も忙しく、時間に余裕がない状態ではありますが、通学バスも非常に重要な仕事なので、来年度も継続出来るようにキッチリやって行きたいと思います。



障がいのある人の生きがいを支えるコミュニティ~地産地消の食事作りの実践から~

11/2(土曜日)に、嚮陽会館で日本福祉文化学会『北陸ブロック』によるセミナーが開催されます。

障がいのある人の生きがいを支えるコミュニティ

~地産地消の食事作りの実践から~

2013-10-30_223625

少子高齢化に歯止めがかからない日本。
若者現象に伴い、障がいのある人の雇用が、大きな力になるときが来ると思います。

一言に障がいがあると言っても、できることはたくさんあります。
それを実践している、鯖江市にある「小さな種・ここる」が好事例として紹介されます。

なかなか聞けないお話もたくさんあると思いますから、楽しみです。
(行けるかな~。。汗

↓ランキング頑張ってます!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へ

ここるで忘年会をしたのです

忘年会のシーズンが来ましたよね。
で、先週末さっそく忘年会をしてきたのです。

ここるの鍋プランを堪能しました。

僕が独立するきっかけとなった、福祉分野への挑戦を志す人との忘年会でした。
現実的な話や、今後の話、くだらない話など、なかなか顔を合わせることが出来ないメンツとの忘年会は最高でした。

上質でやわらかーいお肉♪

体の芯から温まるお鍋♪

最後にデザート。

写真は撮りそこねましたが、当然ビールもありますよ(^^)

熱いメンバーとの忘年会は最高でした!
まだまだ語り足りなかったです(^^;)

P.S
嚮陽会館で鯖江市の幼稚園の「わくわく絵画展」がやってたんですよ。


☆鯖江人のエンジニアブログ

Clip to Evernote

★ランキングに参加してます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へにほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

二言目には薬は飲んでますか?ってどういう意味?

息子は自閉症なので、学校だけじゃなく児童デイサービスも利用しています。
それ以外にも療育センターで療育も受けています。

そこで共通していることが「薬」

自閉症は脳に障害があって神経伝達に異常があると言われています。
つまり、脳波が安定していない。ということになります。

それに伴って情緒とかも不安定なので、毎日ほぼ一定の行動をすることがありません(うちの子の場合)
季節によって、体調によって、理由はよくわかりませんが不安定な時があります。

そんな状態で児童デイサービスに預けたりすると、必ず「薬」のことを聞かれます。

僕は息子に「薬」を与えない方針です。

確実に効果のある「薬」があるわけではなく、いろんな薬の実験台になり、行動とか症状のデータも収集される。
副作用もあってそれによる弊害も生活上で出てきたりします。

そういった経緯もあって、別に「薬」でみなと同じように合わせる必要もなく、できる限り平和で安定した空間を作るように努力したほうが、本人にとって一番良いのでは?と思うからです。

とはいえ、言葉が話せない彼には、目に見えないストレスが溜まります。
意思伝達が思うようにできないから。

なので、時間があるときには彼が好きそうな場所に遊びに行って、思いっきり遊ばせる。
それが一番体に負担なくいいのかなと思っているからです。

ちょっと普段と違う動きをしたり、多動が多かったりすると「薬」に頼らせる。

児童デイサービスに迎えに行くと落ち着きがなかったりで迷惑がられることもしばしば。
そういう児童を見るためのサービスであり仕事であるはずなのに。

スタッフさんも人間で悪気はないんでしょうけど、イラッとします。

今日のYahooニュースに自閉症の脳に効果が出そうな発見があったとの記事がありました。
実際に効果が出るシロモノだといいですね。特に期待はしていませんが。。。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121127-00000008-mai-soci


☆鯖江人のエンジニアブログ

Clip to Evernote

★ランキングに参加してます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へにほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ

ここるNPO法人取得記念パーティ

福井県鯖江市にあるここるがNPO法人格を取得しました。

ここるの基本ポリシーは2つ。

・地産地消
・障がい者就労支援

現在もハンディを負った二人のスタッフが働いています。
ハンディを負ってるとは言っても、元気もあるしハキハキしてしっかりしてるし、大活躍してます!

いまでは欠かせない戦力になっています。

そんなここるですが、11/3にNPO法人の取得記念パーティが開催されます。

日時:11月3日(木・祝)午後5時30分より(受付開始午後5時)
場所:鯖江市嚮陽会館 多目的ホール
会費:おひとり様3500円(当日会場にて)
内容
・お料理・・・「ここる」らしいお料理をバイキング形式で
・イベント
◆マジックショー 
マジック歴28年、テレビ朝日日本一マジック大賞にて優秀スライハンドの栄光を得た ロイヤル山口氏を招いての華麗なマジック。県下初公開となる四川省伝統芸能の変面ショーも必見です。
◆ライブショー
テレビ「日本全国名物先生」「所さんの笑ってこらえて」で紹介され話題となりました、植田薫氏。同氏がボーカル&トランぺッターとして活躍される「jimi あわたべバンド」によるスペシャルライブ

詳細はこちら

参加者を絶賛大募集中であります。
皆様のご参加をお待ちしております。

障がい者の就労支援は、今後益々注目されてくる分野だと思います。
少子高齢化が進み、技術層が薄くなった時、かならず特殊な才能を持った彼らの存在が大きくなってくると信じています。

健常者ほど瞬発力などは無いものの、健常者には無い物も持っていたりします。
そういう原石(のびしろ)を発掘したいですね。



Clip to Evernote

ハピーエコタウンプロジェクト
from 鯖江NPOサポート

↓ ランキングに参加してます。クリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 福井県情報へにほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村